カテゴリー「デジタル ガジェット 携帯」の記事

2024年3月 7日 (木)

PC Mac 外付けストレージのお話です。

FLI やLEICA MEETに投稿する写真を撮るように成ってから、HDDストレージが不足し始めました。特に鳥の写真を撮るようになると、高速連写していますからアッと言う間にHDDを消費します。笑
現在のデスクトップ 外付けHDDストレージの構成は以下の内容です。
G-DRIVE with Thunderbolt 4TB 
G-DRIVE Professional Strength External Hard Drive 2TB 
CENTURY CROSU3V2 + TOSHIBA Enterprise Server HDD 8TB+6TB+6TB+2TB
合計28TBです。

MacBook ProのSSD 2TBと合わせると総ストレージ容量は30TBに成ります。
総ストレージ容量30TBに対しての使用量が三分の二を超えてしまい、残りが10TBを割り込んで9.37TBに成りました。これは要注意なので、新たにストレージを追加することにしました。

20240306-181000

私は撮影した写真データは最初から外付けHDDに格納して現像などの処理をしています。メインで使っているのが、G-DRIVE with Thunderbolt USB 3.0 4TBです。しかしこの製品は随分昔の機種で今はディスコンモデルと成ってしまいました。それ以前は LaCie d2 Quadraを4台使っていましたが、LaCieは電源関係が弱くて、トラブルが多発しました。代理店エレコムのサービス対応も最悪でしたので、G-Technology社の製品に切り替えて今に至っています。G-DRIVE with Thunderbolt USB 3.0 4TB は2018年以降5年以上使い続けていますが、今までノントラブルです。

20240307-114603
プレミアムプロフェッショナルストレージブランドだったG-TechnologyはWestern Digitalによって2021年5月に経営統合されてSanDisk Professionalとしてリブランドされました、「G」ロゴと製品デザインが継続されています。Western Digitalによる経営統合が品質的にどう影響しているのか?それは使ってみないと分かりませんが、Professional と謳っているのですからそれなり配慮はしているのでしょう。という事で新たG-DRIVE現行モデルSanDisk Professional G-DRIVE 6TBを追加導入する事にしました。スペックとしてはUSB-C(10Gbps)インターフェース USB 3.2 Gen 2ですから十分でしょう。安定して使えるようでしたら、こちらをメインにして行こうと考えています。

20240307-72034

20240307-71851

2024年2月 1日 (木)

Apple Watch Series 9

久しぶりにガジェット関連のお話
で...Apple Watchです。 Apple Watch Series 9

20240201-122838

奥さんとおソロで導入です。ステンレススチールケース、 サイズは45mm と奥さんは41mm 両方ともGPS + Cellularモデルです。

20240201-123050

近所にある広大な公園(有料)の年間パスポートを入手して健康や最近の運動不足解消目的で往復歩きで一万歩以上歩いているのですが、その話を子供達に話したら、子供達の会社からApple Watch Series 9 を支給されました。

20240201-123202

なんでも転倒検出や衝突事故検出機能と言うのが有って、散歩中に転倒した時に、転倒を検知して、反応がない場合に緊急通報サービスで知らせてくれるらしいです。

20240201-123325

まあ 万歩計を持ち歩いたり、iPhoneの歩数計Appを一々立ち上げないでもApple Watchを身に着けて歩けば良いわけですから、とても便利です。ところで女性は腕時計をする習慣が薄いですよね。今まで何回かペアウォッチを買いましたけど、奥さんが続けて身に着けた事がありません。まぁ 時間を気にしていない性格という事もありますが...(^^;;;

20240201-131514

今回のApple Watchは時計というより身に着けるヘルスメーターだという事を教えて、結果...便利なんだよ〜という事を知らしめないと駄目なのかもしれません。 ハードル高いなぁ

2023年11月15日 (水)

1TBストレージ iPhone

子供がiPhone15にしたのでお下がりでiPhone14 Pro max が回ってきた。それ前まではコロナ禍の2021年に購入したiPhone12 Pro maxを使っていました。2020年から在宅ワークが増えたのと同時に、個人事業主としてコンサルティングの仕事も始めたのでのであれから2年経ったかぁ...と感無量..

さてiPhone14 Pro maxの使い心地は立ち上がりや使用感がキビキビと早くなって中々に良いなぁと思っていたんですが、データ移行を終えて設定を開いて覗いてみたらビックリ iPhone ストレージが1TBもあるじゃないの...何だこれはぁ...(@@;;

とりあえず音楽データの圧縮をやめようかなぁ それで半分くらい埋まるかな

20231115-63250

11/26 追記 音楽データの圧縮をやめてみた。それでもまだ700GB以上有るなぁ

20231126-145902

2023年10月21日 (土)

PC作業スペース

CalDigit のドック&ハブ THUNDERBOLT STATION 4 / TS4を導入した件については今月の頭にBlogでご紹介いたしましたが、今日はClamshell 設置で快適作業空間ができましたのでデスク周りの画像をご紹介します。
Mac Book Proの設置方法や、その他のアクセサリーの配置も決定しました。今迄になくシンプルに成って、Mac Book ProとCalDigit のTS4ドックとの接続は電力供給も兼ね合わせた1本のThaunderbolt4(USB-C)だけです。デスクの左側に有る6台のHDD群からはUSB-C等様々な形式で THUNDERBOLT STATION 4に繋がっていますが、タイムラグも無く全て快適に作動しています(ここがCalDigit の凄いところです。)Mac Book Proの下には設置台があって若干手前をスラントさせて浮かせて設置しています。Macを起動する時はMac Book Proをちょっと開けば自動的に立ち上がります。ワイドモニターに画像が映ったらMac Book Proをパタリと閉めるだけ..超便利です。
1500img_1865

シングル8Kまたはデュアル4K 60HZディスプレイに対応していますが、38inchワイドモニターで十分に事足りています。偶に椅子をリクライニング状態にして、ヘッドフォンをしながらこのモニターで、Netflixの映画を見るのは最高に極楽気分です。

Clamshell 設置がここまで快適だとMac Studioはいらなくて次もMacBook Proかなと思ってしまいます。コロナも開けたし、これからは旅行で機材を持ち出す事も増えそうです。旅先で本格的なRaw現像はあまりやりませんが、2TBのSSDを積んでいれば撮影データを取り込むのに便利です。上の写真の機材構成は以下の内容です。
Main PC : MacBook M1 Pro (2021) 14inch 10CoreCPU・16CoreGPU搭載 Apple M1 Pro 2TB SSD (メモリ:32GB)
Clamshell Doc-Hub : CalDigit THUNDERBOLT STATION 4 / TS4
Display : Digital high-end WQHD monitor DELL U3818DW 37.5-inch(sRGB 99 % 3840 x 1600)                                    Keyboard : Logicool MX KEYS for Mac Keyboard / Logicool MX MASTER 3 Mouse
Desktop Audio : Brooklyn DAC PREAMP

Net WorkですがTHUNDERBOLT STATION 4は2.5ギガビットイーサネットを装備しています。家はTP-Link Archer C5400 を使用していますが、今 測ってみたら620Mbps出ていました。開設当初より随分と落ちてきたような気もしますが、日曜のお昼ですからこんなものかもしれません。

Network_20231021131801

クラムシェルモードはMacBookのディスプレイを閉じた状態で使用するため、熱がこもりやすくなるデメリットが有るということですが、Appleシリコン搭載のMacBookに全然気にしなくていいと思っています。


2023年10月 8日 (日)

Google Nest Camは優れもの!

近頃 庭の芝生に野生動物なのかネコなのか分からないが、粗相をしてゆくように成ったので、監視の目的で Google Nest Cam (屋内、屋外対応 / バッテリー式)を取り付けました。 これです。↓

20231008-173739

バッテリー式で、配線がいらないのでとても便利です。とりあえず玄関先の柱に取り付けてみました。脚立と電ドラがあれば、アッと言う間に付きます。夕方暗くなってからの動作確認で写真を撮りました。赤外線を出してますね。真ん中のグリーンのランプは常時点灯している動作ランプです。人の場合は道路からはカメラが付いているのは見えませんから、門を開けて玄関に近づいてきたらカメラに気づくと思います。その時はすでに録画されているので、最近は物騒に成りましたが、カメラが付いている事が犯罪防止対策と言うか抑止力に成ると思います。

Gg

スマホ(iPhone)のアプリ( Google Home )と連動して、モーション検知アクティビティで、エリアに入ってきた人物や動物等を検知すると携帯にポーンとお知らせが入ってきます。宅配の置き配なども玄関先に入ってくると検知して知らせてくれますので便利です。 自宅のWifiに繋がって動作しているのですが、凄いのはタイムラグが殆ど無いことです。これにはびっくり!

ということで、早速明け方に堂々と玄関の門の下から侵入してきたネコを検知しました。たまたま起きていてポーンとお知らせが来たので、確認したらトカゲかヤモリを捕まえて食べている様子がリアルタイムで確認できました。 Google Nest Camはマイクで音声を出すことができるので、追い払ったらもう二度と来なくなりました。(音声に驚いてカメラを見上げているネコの写真 ↓ )です。

20231008-173311

家に来るネコは一匹なのかどうか分かりませんが、とりあえず一月ほどは平和なので、目的達成してるのかなぁ と思います。

2023年10月 2日 (月)

CalDigit THUNDERBOLT STATION 4 | TS4

CalDigit のドック&ハブ THUNDERBOLT STATION 4 | TS4を発注してみた。
私のMacとその周りのアクセサリは殆どが写真の現像に重きをおいて作業される環境に成っています。古くから写真の編集等をやっているので、様々な外付けの記録媒体が有ることです。例えばHDDだけで、8台がPCに繋がっています。
Thunderbolt 3対応 4TB HDD 1台
2TB USB3.0対応 1台
CENTURY CROSU3V2 8TB+6TB+6TB+2TB USB3.0対応 1台
NASで1TB+1TB 計2台
Mobile Disk SSD 1TB + 500GB 計2台
殆どは過去に撮影した画像データの保管とそのバックアップに使われています。 写真現像の作業フローとしては、撮影した写真データは容量が大きい場合は撮影現場でMobile Disk SSDに貯めて持ち帰り、自宅でThunderbolt 3対応 4TB HDD もしくはMac Book Pro内蔵の2TB SSDに移して作業します。一旦 Mac Book ProのSSD内で Adobe Lrc やPsを使い現像された後は、保管用のHDDにコピーされます。それらのRAWデータと現像されたJpegデータはAdobe Bridgeで管理されています。そしてMac Book Proの拡張性ですが、Thunderbolt 4(USB-C)X 3 ではあまりにも少ないのです。

20231002-20347

今まではMac Book Proを持ち出すことを前提としてモバイルタイプのハブを使ってきましたが、ここ最近はクラムシェルで使うことのほうが圧倒的に多いので、本格的なドック&ハブを導入してみました。

20231002-20448

今回導入したCalDigit TS4は、Thunderbolt 4やThunderbolt 3、USB4およびUSB-Cコンピューターやタブレットに対応しています。18個の接続ポートが備わっています。特にUSB-AとUSB-C合わせて8つのUSBポートが有るのでるので申し分ありません。そして98Wの電力供給ができるThunderbolt 4を備えていることが決め手に成りました。昨日 macOS がsonoma Ver14.0にアップデートされたのですが、このOSに成ってからパワー・マネージメントも変わったような気がするのです。今まで使っていたモバイルハブの動作が若干不安定になりました。これも買い替え動機の一つです。

1100_20231002020701

明日の配達で届きますので、設置とレポートはそれからになります。 

2023Oct2 追記

到着致しましたので、早速セットアップしました。本体は大変小型なのですが、電源ユニットがとても巨大です。ですからこの製品は据え置き型です。(笑)PioneerのCDと比較するとCalDigit TS4の小ささが分かると思います。製品の仕上がりは大変綺麗で、品質も優れています。 接続された全ての外部記憶装置は、なんのストレスもなくサクサクと動作いたします。大満足です。稼働させていると結構発熱しますが、アッチンチンで触れない様には成りませんから心配はいらないと思います。ちなみにSDカードはUHS-II対応ですから読み込み速度も早いです。

1500photo

2023年4月 3日 (月)

『虚無』ただ、そこに居る・・・・

200円をいれてガチャッと回すと出てくるカプセルの中にこのヘンテコリンな人形が入っています。

15005

『虚無』ただ、そこに居る・・・・シリーズ

◆ラインナップは5種類あるようです。
<1>ウーパールーパー
<2>ポメラニアン
<3>ロップイヤー
<4>ダックスフント
<5>ボスネコ

15003

200円入れて回すガチャは今の所何が出てくるかわからないのですが、3回、回してボスネコとダックスフンドが二匹出て来ました。笑

1500filter

面白いので気がついた時に買ってみようと思っています。コンプリートできるかな

ちなみに上の写真でグリーンのパイロットランプが点いているのが、ロシア製MILスペックオイルコンデンサーを組み込んだ、オーディオ電源用フィルターです。これが良いんだなぁ

ロシアはウクライナに侵略して、とんでもないことに成っちゃってますから、オイルコンデンサーとか真空管とか...こういうアナログなロシア製の部品は今後は手に入らなくなるんでしょうね

2021年10月20日 (水)

iPad手書き入力がとても便利になりました。

今日はiPadを使ってApple Pencilの手書入力について今まで色々と試した中で、今現在で私が最良と思って居るケースを説明してゆきます。

実は今回取り上げる大切な事の一つは「スクリブル」って言う機能なんですけれど、この言葉について耳にして知ってはいるのですが実際に「スクリブル」を使ってiPadを便利に使っている人は案外少ないのかもしれない?と思って書いています。
スクリブルとは、iPadの画面に表示されるテキストボックスにApple Pencilで書いた手書きの文字を、デジタルタイピングの文字に素速く自動変換してくれる機能です。

丁度今から一年前の2020年9月にiPadOS14に新機能「スクリブル」が追加されました。その時は英語と中国語、または両言語のミックスにのみ対応していて、まだ日本語に対応していませんでした。
そしてとうとう
2021年9月から登場したiPadOS15から「スクリブル」が日本語の手書き入力に対応しました。私のようにスクリブルの日本語対応を切望していた者も居ますので、実現してとても嬉しかった。

スクリブルは、iPadOSの様々なテキストボックス(テキストエリア)で手書き入力に対応しています。例えばOSの検索機能やSafariやGoogle Chromeなどのサードパティも含めたWebブラウザで検索ワードを入力する時に、日本語対応のスクリブルが使える事になりましたから、手早く探せるので本当に便利になりました。

どのくらい便利なのか、実際に動画で見て貰った方が分かりやすいので、

ASCII のWebへリンクを貼っておりますから、参考にされて下さい。

20211020-162531

SafariでGoogleの検索ページを開いて、検索フィールドにApple Pencilで手書き入力してみた例です。入力の手を止めた時点で自動で文字認識が行われて、テキストへの変換が行われる。文字認識の精度は高く、かなり雑に記入してもほぼ正確に認識してくれるのが解ります。


これは大切な事なのですが、iPadはなるべく最新モデル そしてApple Pencil(第2世代)iPadOSも最新版15.0.2を使って欲しい。 古い機種の組み合わせだと不具合が出やすいかも
ちなみに iPad Pro 9.7インチにOS15.0.2を入れて初代Apple Pencilを使って試してみたが、そこそこ使えるもののモタツイていて、快適さについて比較すると最新モデルとは雲泥の差があります。

さてここからが私の伝えたい、大切な事なのですが、iPadOSスクリブルとCatalystwo Limitedの「手書きキーボード」アプリの併用です。併用することでiPadの手書き使用が飛躍的に便利になり、もう殆どKeyBordが必要なくなった。つまりiPad本来の姿に成ってきたと言う事です。
ApplePencilが有れば他には、何も要らない。そして何でも出来ると言う時代がやってきました。

以前にもご紹介しましたがCatalystwo Limitedと言う会社の「手書きキーボード」有料 ¥490のアプリなのですが、このアプリはMyScript®エンジンを搭載した日本語で手書き入力&漢字変換を行うことができるキーボードソフトウェア・アプリケーションです。

20211020-161657

ダウンロードするとガジェットに常駐するアプリですので、設定から一般を開きキーボードを選択して日本語変換をONに設定してやればそれでセッティングは終了です。
使い方は 文字入力の時にキーボードが出てきたら地球儀マークを長押しするとキーボード設定がプルアップされるますから(日本語ー手書き)を選択すると手書きキーボードが使える様に成ります。

MyScriptは最も高度な手書き認識エンジンとして評価されていて、Nebo と言う受賞歴のあるデジタルノートブックが有名です。
この「手書きキーボード」アプリを使用する様になってから本当に文字入力が便利で能率が上っています。とっても地味なアプリですけど滅茶苦茶使いやすいのです。実際に使うと目から鱗のAPPです。

Apple Pencilを使って文字入力をする様になってから、WebのHP用の文書作成が本当に楽に成りました。
何が凄いかと言うと、このアプリは手書き入力するとAi学習で類似した文意と漢字をリストアップしてくれます。平仮名で書いていれば漢字に連想変換をしてくれるのです。

例えばこんな感じで編集しています。下の画像は実際のiPadで作業をしている時のスクリーンショットです。

iPodの2画面分割を使用して、SafariのWeb元記事を左に開き 右にはGoogle Keepを開いて、コピペしてきた文章を切り貼りして添削しながらサクサクと文章が作れます。入力などにも便利な事この上ないのであります。

Ipad_20211020162201

「手書きキーボード」アプリが手書き入力した文字を関連づけして漢字と文章に変換しているのが分かるかと思います。夫々に青文字で付箋が出ている箇所をペンでタップすると次の変換候補が表示されますし、そこに無ければ一文字だけ修正も可能です。修正したい文字をペンでグシャグシャに塗りつぶすだけで消えますから書き直せばいいだけです。手書き文字の癖については段々と学習して変換してくれる様になります。

同じ様な手書き入力アプリでは7notesが有りますが、文字認識率や連想変換等は比べ物になりません。

機会の有る方はぜひお試し下さい。

 

2021年3月 3日 (水)

新しい携帯電話iPhone12 Pro max が届いた。

新しい携帯電話iPhone12 Pro max が届いた。
au店舗に出かけて対面するのが嫌だったので、ネットで手配しました。
2月27日の土曜日の午後に申し込んで、翌週の火曜日 3月2日の午前中に届く超特急さには驚いた!
土日も仕事してるのか au?

遅くても良いのでネットで手配するんだから、実店舗で買うより少し安くしてよって言うのが、正直な気持ちですけど(笑)

色はパシフィック・ブルーで、256GBです。 実物も何も見ないで発注しました。
届いてみたら、iPhone12 Pro max の側面仕上げと言うかキラキラした金属仕上げって昔のiPhone4に似ているような気がしませんか?
僕がiPhone4が好きだったので、そう思い込んでいるだけなのかもしれません。Iphone12pro-max

iPhone12 Pro maxは歴代のiPhoneの中で最大の大きさに成ります。

でかくて重いです。 でも ジジイには使いやすいサイズです。6.7インチディスプレイは文字入力がとてもやりやすい。実際には表示される文字の大きさはそれほど変わらないのだが、キーボードの間隔に余裕があるので、指先の細かな動きがおぼつかなくなっているジジイには安心して使えるのだ。

昔から銀座のオネイサン御用達携帯と言えばサムソン大型Galaxy Noteと決まってましたが、iPhone12 Pro max もとうとうそこに食い込んだのかと変な感慨に浸ったのでした。

iPhoneが新しくなると保護ガラスとケースを購入して、使う前に貼り付けちゃうわけですけど、アマゾンで発注すると、翌日には届いちゃうので、本体よりも早い!

そして、ことごとく中華製なんですね。 でも驚いたなぁ! 品質がよくなってるじゃん。今回 写真の左側に写っているのがソフトケースでTORRASと言うメーカーの商品で¥1,640 です。サイドボタンが入れ子に成っていて、今回は赤のボタンを入れたが、黄色に変えることもできる。 昔の中華製はこういう所が駄目で、きつかったりしたけど、この製品は物凄く精度が高いよ。実力が着いたんだなぁ

Iphone12pro-max2

保護ガラスに至ってはNIMASO ガラスフィルムで2枚入って¥1,199 です。正直2枚は必要ないのですけど…笑

ちなみに厚生労働省のアプリ入ってますけど、なんか信頼できなくて使ってません!

2020年12月 9日 (水)

Dell デジタルハイエンドシリーズ U3818DW 37.5インチ ワイド曲面モニター

最近はコロナで在宅ワークが増えたのと同時に、この7月からは個人事業主としてコンサルティングの仕事も始めました。
本当に自宅での自分の机が仕事場になりましたので、仕事場のネット環境と設備への投資を事前に少しづつ進めてきました。

Blogにも書いていますが、ネット環境の改善を狙って、ホームネットワーク再構築をいたしました。auV ホーム5Gを新たに開通させて激遅 ソフトバンクのフレッツ光を切り捨てました。コロナになる前から準備しておいてよかったです。

ルーターも時代遅れのAirMac ExtremeからTP - Link Archer C5400に変更して5GhHzでWifiが繋がるようにしました。
チョー快適です。(^^/

PCもMac mini 2018のオプションマシマシ仕様でメモリ は 32GB 2,666MHz DDR4にグレードアップしました。

ですが今回新たに8コアCPUと8コアGPUを搭載したApple M1チップのMac miniが登場してやたら高性能かつコスパ抜群なんで、ちょっと悔しい思いをしています。
家の長男がM1チップを搭載したMac Book Airを購入したので、見せてもらいましたが滅茶苦茶ウルトラスムーズに動画の再生や、発熱しないでパワフルに動作するので驚きました。 まあこればかりは仕方ないですね。

でも悔しいから、ちょっと散財して DELL U3818DWを買ってやりました。マルチで使って株価のモニタリングができるというのが購入にあたっての自分への言い訳です。 DELLの直販で購入しましたらブラックフライデーのクーポンが付いていて20%くらい割り引いてくれて、定価165,800円(税抜)が123,977円でした。配送料がしっかりと2,000円取られてたので、アマゾン経由で買ったほうが良かったのかもしれない。

Untitled

U3818DWはウルトラワイドの曲面パネル(3840×1600ドット)を採用した37.5インチモニタです。約90cm弱の横幅があります。IPSパネルなので視野角はとても広いです。解像度も申し分ありません。
なんで今更4Kモニターではなくてこれなの?というと値段的にも魅力的な4Kのデジタルハイエンドシリーズ U4320Q 42.5インチ 4K USB-Cモニタ-はsRGB色域, 96%なんですよねぇ...まあ実際には問題ないのでしょうけれど、スペック至上主義の僕的にはちょっとヤダ!
この DELL U3818DWは色補正済みのほか、sRGBを99%をカバーする色再現力があるので、パネルの管理も個別パネルキャリブレーションレデータが付いてきたりして、厳密な色の管理が求められる環境でも使える要するにAdobeで写真の現像に使えますね。
これが大事!
湾曲モニターなので曲がっている感を映したくて、SIGMA Art 35mm F1.2 DG DN L-Mount で斜めから撮ったら両端のベゼルがボケボケの写真に成っていましました(笑)

Dellwq38

最初は46インチの4Kモニターなども候補として考えました。
最近では価格がだいぶ下がってきていることや、なんといっても表示領域の広さ(フルHD 4 枚分)が魅力なんですが、大型モニターは実際に現物を見て慎重に確認することが大切です。自分の仕事机の上に乗るのですから…メジャーを持参して計測するのが一番です。
平面ディスプレイで 40インチを超えてくると縦方向がデカイです。そそり立つような圧迫感がありますね!机に座ってモニターとの距離が近いと見上げるようになって首が疲れます。そして平面ですから画面の端に近い部分が見づらくて首を左右に振らないと 見渡すことができないのです。

結局 縦方向の表示領域はすこし少なくなりますが、37.5インチの曲面ウルトラワイドモニターを購入て大正解でした。

Dell38

冒頭にも書きましたが、株式投資関連のWebパージを3枚位貼り付けながら眺められるのはとても見やすくて嬉しいですよ。作業能率も上がりますね。歳をとってくるとネット上での煩雑な売り買い等の手続き等は手順を記憶していて進めるのが難しくなってきます。処理手順のページを左側に表示して確認しながら同時にもう1〜2枚の頁をプラウザで開いて処理できるのはとても安心できます。

ちなみに ここ数日に掛けてネットから携帯電話のMNP手続きとiPhone12 MaxPro新規購入手続きをau Online Shopでやってみました。一応無事に手続き完了したんですが...もうね...申し込み手続きWeb表示が複雑怪奇で予約番号を忘れるなとか注文番号記入しろとか、確認用パスワードなんかも何回も飛び交ってジジイには結構難易度高かった(笑)このワイドモニターが有ったから出来た感は半端ないですよ。

あとは新しいiPhoe12が届いてから回線開通の手続きをして、アクティベートとデータ移行を行うわけですが、これは過去にもやっていて経験値ありますので、余裕こいてます。

 

より以前の記事一覧

フォト
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ウェブページ