カテゴリー「日記・コラム・つぶやき」の記事

2024年3月20日 (水)

なんだこれ!

久しぶりにNetで写真のBlogを徘徊しようとしていたら.....


20240320-131154

こういうポップアップが出て進めなく成った。 そこまでして見る気持ちは無いのでそれ以上見るのは止めました。同じエキサイトブログでもポップアップが出る所と出ない所がある。

全然 エキサイトしないじゃない..笑 

他でもこう言う手口が流行っているのかしら??

奥さんにこの話をしたら、エキサイトニュースでも、同じ様に強制ポップアップが出るので、見るのを止めちゃったそうです。youtubeでも広告が流れますけど、煩わしいと感じたことはありません。不思議だね

ちなみに私のブログ「放縦懶惰ライカ日記」はスマホやタブレットで見る時はモバイルサイトでは無くてPCサイトで御覧ください。広告はでません。

2024年1月18日 (木)

厄除け 「ほのほうちわ」

高幡不動尊金剛寺に出かけてきました。お目当ては「ほのほうちわ」です。高幡不動尊では、元旦1月1日から2月の節分会まで、「ほのほうちわ」の授与をしています。お参りを済ませてから家族(子供夫婦)の分も合わせて頂いてまいりました。

1500takahatafudou2

「ほのほうちわ」を頂くことでで厄除け祈願となります。うちわに描かれている絵は不動明王の背後の炎と、迦楼羅天(かるらてん)を合わせた図だそうです。写真に撮るとご利益が無くなりそうなので、うちわの写真はありません。(笑) すみません 気になる方はネットでお調べください。
1500takahatafudou

仁王門の天井です。撮影機材はLeica SL2+SIGMA Art 14-24mm F2.8 DG DN L-Mountです。これは焦点距離14mmで撮っています。凄い解像度ですね。 鞍部のディテールも綺麗に出ています。(撮影データ f6.3  1/25s ISO125 ) 。私は24mmの画角も大好きなのでこのズームレンズで撮る時はワクワクします。

1500takahatafudou1

開運達磨の屋台が出ていました。達磨ってあまり買ったこと無いですね。1月28日に境内で だるま市が立つそうです。お不動さんで商売繁盛の祈願はお祈りしますけど、運は自分で開くものと思っていますから開運グッズはあまり買わないです。...笑

だるまさんより厄除け「ほのほうちわ」です。

1500_20240118074401

参道にある開運蕎麦店 なかなかに繁盛しています。この絵は24mmで撮影して、若干トリミングしています。なんとなく人が普通に眺めるときの画角ってこんな感じかなと思って撮っています。

2024年1月 3日 (水)

2024 元旦

昨年末の年越し蕎麦は「新潟 十日町のへぎ蕎麦」でした。 「へぎ蕎麦」は海藻の「布海苔(ふのり)」をつなぎに使うので独特の力強い食感と喉越しがあります。

1500m

用意したお神酒は久保田万寿と越乃鹿六そして出羽桜 純米吟醸 出羽燦々 実はこの越乃鹿六は冷蔵で長期熟成した4年物です。越乃鹿六はかつてグルメ漫画「美味しんぼ」に取り上げられ、フランス料理にもマッチすると評価を受けたお酒ですが、更にまろやかになっています。

1500karoku

おせちは中村楼と華正樓の中華おせちの2種類

1300mosechi2

日本のおせちは色々変わるのですが、中華おせちは毎年 華正樓と決めています。

1500mcinbaosechi

近所の熊野神社に初詣に出かけて、おみくじを引いてきました。「大吉」でした。

1500_20240103070401

紫 murasaki 2019 ヴィンテージを開けました。とても美味しかったです。

1500mmurasaki

写真は 全てLeica SL2 + Summilux-SL 50mm F1.4 ASPHで撮影しています。酔っ払っても撮れる組み合わせです...笑

1300wine2

我が家 恒例の東北 宮城風 イクラ載せお雑煮です。

1500zouni

こうして 我が家の「ゆく年くる年」は つつがなく過ぎてゆくのでした。

 

2023年12月31日 (日)

万双 双鞣和地 セカンドバッグ

万双 双鞣和地 セカンドバッグ
昨日届きました。 2023最後の買い物はこれでした。2023物欲の総仕上げ...笑

Bag_20231231132101

万双 ( まんそう )は常に「世界最高峰の品質」でありながら「常識的な価格」で革製品をご提供することを信条としている 日本を代表する革製品のメーカーです。
東京の上野と兵庫の神戸に店舗があります。 一度このメーカーの製品を入手してその魅力に取り憑かれたら、ずっと使い続ける事になります。 私もその一人です

下のリストは私が今までに万双から購入してきた製品達です。
仕事用の シモーネBOXダブル天ファスナー ブリーフケース
旅行に出かける時のシモーネ サンタフェトートバッグ L
日常生活で使うシモーネBOXショルダーバッグ
日常生活で使うボディバッグ
ブライドルレザーの腕時計ベルト
クロコダイル 腕時計ベルト
ブライドル キーホルダー
ブライドルオーダーベルト

万双の製品は長く使っている物は2010年に購入したサンタフェトートバッグですから15年 、短い物でも3年は経っていますが、どの製品も型崩れや綻びもせずに使い続けております。逆に使えば使うほど艶が出てきて年齢のような使用感も加わって愛着が湧いてきます。腕の確かな職人が手間ひまを惜しまないで造った頑丈な製品なのです。

Bag2

今回購入したのはクラッチバックといって小さな手提げ鞄なんですけれど、双鞣和地 セカンドバッグ です。ちょっと変わった格好をしていますが、コンセプトはダレスバッグ風のセカンドバッグ。 「ダレス・セカンドバッグ」と言うところでしょうか。 実は同じような製品をイギリスのMulberryと言うメーカーの物で入手して使い続けてきたのですが、ボロボロになってしまい。今回万双の製品を購入しました。
車で移動したり、ホテルに泊まって食事に出掛けたりする時に、このバッグが有ると財布などの貴重品を入れて持ち歩くのにとても重宝するのです。

Bag3

注) 写真で製品の表面に影の様な模様が見られますが、レースのカーテン越しの光で撮影したので影が出来てしまいました。 製品にはありません。念の為

参考のために万双のウェブサイトのリンクをここに貼っておきます。

双鞣和地 セカンドバッグの製品説明リンクはこちらです。

 

2023年12月27日 (水)

今年一年を振り返る。

今年一年を振り返ってみました。 一番大きな出来事は私の母親が認知症患者を対象としたグループホームに入居したことです。コロナ禍の3年間で母親の認知症が進行し、物取られ妄想まで出てきてほとほと困り果てて居たのでした。今年の6月6日に母親が入居した後は今まで張り詰めていた緊張の糸がプツンと切れたような、なんとも形容のしがたい安堵感がありました。 幸い母親もグループホームの生活に慣れて、今ではとても幸せだと言っています。 環境が変わって好い方向にリセットされたのかなぁと思っています。その辺りの詳しい顛末はBlogに書いています。認知症の親の介護を自宅で行って困っている方の助言と成れば幸いです。
今年は不幸なことに父方の大叔母が1月4日に亡くなりました。そして2月2日に私の母方で一番年下の従兄弟が亡くなりました。私自身も前期高齢者 真只中で、来年は70歳になろうとしていますが親戚を含めた親しい人達が次々と鬼門に入ってゆくのは、悲しい気持ちになります。

Lmt_20231227171001

さて自分の体調ですが、趣味のゴルフをやるのに支障をきたさない位のストレッチと散歩を毎日続けております。….が 冬場に成ってから少々メタボです。年齢的に体力を維持するために日々の運動を続けていかないとテキメンに筋力が衰えます。これはビックリするくらい著しく体力面で現れます。ああぁ これが70歳になるという事なんだなぁ としみじみ実感している次第です。 体が動くうちにやらなくてはいけない事を真剣に考えるようになりました。歳を取るという事に本当の意味で自覚が出来てきました。
そういうわけも有って7月から私にとって一番の趣味である。FLY Fishingを復活させました。15年ぶりに納戸にしまってあった、FLY RODやFLY Reel等の釣具を引っ張り出して釣りに出かけてきました。結果は散々なものでした。釣れる釣れないという釣果の事ではなくて、釣りが出来る体力ではありませんでした。古いウエーディングシューズ等の釣り道具を一新しましたから来年リベンジするつもりです。

次に写真の趣味ですが、
7月からLFI ( LEICA FOTOGRAFIE INTERNATIONAL)とTHE LEICA MEETそして9月からFlickerにも本格的な写真の作品投稿を始めました。
LFI ( LEICA FOTOGRAFIE INTERNATIONAL)では89作品がLFI.Gallery Selectionに選ばれました。そのうち3作品はLEICA MASTER SHOTに選ばれました。
THE LEICA MEETではA Selection of Excellence from The Leica Meet に10月・ 9月・7月と3作品が選ばれました。
Flickr Exploreには9月4日 ・ 9月20日・10月12日・11月24日と3作品が選ばれました。

1500mhakone

7月からは殆ど写真漬けの毎日に成ってしまいました。LFIへの投稿をほぼ毎日行っていたのが今年の後半でした。平均すると2日に一回 1作品がLFI.Gallery Selectionに選ばれていた事になります。LFIへの投稿が中心の生活に成っていました。これは自分でも少々異常事態だと思って12月に入ってからは自粛しております。(笑)そのせいでオーディオの趣味に使う時間が全く無くなってしまいました。音楽は写真の編集をしながらヘッドフォンで聴いては居ますが…
これだけ写真漬けの生活を送ると、面白い事に自分の写真に対する見方や撮り方、感性が随分と違うものに成りました。今まで如何に自己満足の塊のような作品を撮っていたのかと恥ずかしくなります。
今年の新しい写真機材はSIGMA Art 14-24mm F2.8 DG DN とSIGMA 105mm F2.8 DG DN MACRO | Art を購入しています。SIGMA 105mm F2.8は TELE CONVERTER TC-1411と組み合わせて花の撮影で大活躍しています。昨年年末にテレ端の解像度で修理を行ったSIGMA 150-600/5-6.3DG DN | Sports も蜻蛉の撮影で大活躍しています。

1200camera4_20231227171101

オーディオはリニアテクノロジーのアンプをオーバーホールに出したのと、完全にNetwork Audioに移行した一年でした。iPad Proや iPhone12ProMaxに入れてあるAPP( fidata Music / mConnect control / KAZOO / Linn / Audirvana)を使い、SAP RELAXAでフローティングさせたDELA N1Zやfidata HFAS1 のミュージックNASに格納してあるデジタル音源を鳴らしています。今後日本でもサービスが開始されるであろうTaidalなども視野に入れて快適にストリーミングできる様にネットワークトランスポート機材も導入しました。かろうじて半分アナログなCDは使えるように成っています。オーディオ機材の組み上げはある意味完成したので、次は自宅のリフォームも兼ねて少々本格的な嫁のピアノも設置した、専用オーディオリスニングルームを作りたいと考えております。これは何時に成るかまだわかりませんが早くなんとかしたいです。

1500room2_20231227171201

PC・携帯電話などのガジェット関連は、MacBook M1 Pro (2021) 14inch 10CoreCPU・16CoreGPU搭載 Apple M1 Pro 2TB とiPhone14 Pro max がメインです。CalDigit のドック&ハブ THUNDERBOLT STATION 4 / TS4を導入して、Clamshell モードで使っています。とても快適です。昔のTw 現在のXにはあまり書き込まなく成りました。2021~22年のコロナの頃は結構ドップリだったのです。なんだか外と繋がっているような気持ちに成っていましたが、反面嫌な思いもしました。コロナも開けたし民度が低い輩の多い匿名SNSとは距離を置こうと思っています。

1500img_1865_20231227171201

私のホームページ Masa's Photo Gallery は1999年12月26日に開設してから、今日で24年が経過しました。来年は25周年です。ホームページを補完する目的で開設したBlog 放縦懶惰ライカ日記 は2011年12月で12年が経過して787,935アクセスと成りました。バックナンバーで辿ると11年前の自分が何を考えて、何をしていたのかが解ります。(実際には2004年2月頃からの記事も集約して載せていますので20年の記録になります。)
ホームページは写真(作例)やレンズのレポートを中心に記事を書いてきましたが、今年からLFI入選作品専用Page ( LFI.Gallery selected Photo )を新設致しました。クリックするとすべての入選作品が1500pixで見られます。
A Selection of Excellence from The Leica MeetとFlickr Exploreの入選作品は( Leica Digital Photo Gallery )に掲載しています。 昨年からホームページの( Imagined – Photographs )には作品を写真だけではなくて、文章も載せたBlog形式で記載するように成りました。今年は7本の記事を載せています。作品や撮影に纏わる事を書き綴って居ますので、楽しんで頂けたら好いなと思っております。
それでは皆様 良い年をお迎えください。

2023年8月22日 (火)

危ないところでした。死んでいたかもしれません。

毎朝体力の維持と健康も兼ねて散歩にでかけています。夏は暑いので、早朝太陽が上がらないうちから歩きに出掛けます。大体4,000歩 3km弱を歩いて帰宅してからシャワーを浴びて朝食です。

実は一昨日 その日は散歩の時間は何時もより遅く既に明るくなって車も多くなっていました。散歩の途中にT字路の横断歩道があるのですが、横断歩道(歩行者用の信号は青)を渡っていて。右折して来た乗用車に轢かれそうになりました。歩道を渡り始めるとこちらに向かってきた右折車が見えたので、思わず右手を伸ばして、運転手の顔に向けて注意喚起の指差しを行いました。運転手の顔がはっきりと見えました。しかし車は何ら減速する様子がなく私に向かって来ます。私は驚いて左方向に飛び退ってギリギリで躱しました。

Hospi2

あの時とっさに自分で逃げていなければ、今の私は病院か、最悪お棺の中かもしれません。

向かってきた乗用車は私を引き飛ばしたであろう、横断歩道から7m程も通り過ぎて離れた所に止まりました。どうしようかなと思いましたが、一応 注意をしておこうと思い車に近づいたのですが、窓も開けないので、運転席の窓ガラスをコンコンとノックしましたが、反応しません。

ちょっとイラッと来て、窓が割れない程度に中段からの正拳突きを短く2発入れたら窓が下がって、多分私より若いであろうオッサンがハンドルにしがみついて「ゴメンナサイ・ゴメンナサイ」とそれだけを言い続けます。

最初は視野狭窄の様な状態で、私が見えていなかったのかなぁ?と思いましたが、なかなか窓を開けなかったので、もしかすると飲酒運転だったのかもしれません。 警察を呼ぼうかと思いましたが、怪我はしていないので注意して放免してやりました。

今回の危険度は自分の人生で自動車関連で色々な事故やヒヤリハットを経験してきた中では間違いなく危険度TOP3の中に入ると思います。

2023年7月19日 (水)

フライフィッシングのお道具の話

フライのお道具の話なんですけれど... フライロッドやフライリールの話

15年ぶりにフライフィッシングを始めたのはこの間このBlogにちょこっと書きました。
でもって手持ちのロッドを点検したり、リールに巻いてあるフライラインを点検したりしてましたが、先日養沢毛鉤専用釣場に出かけて試し釣りをしてみた結果、フライラインは全取っ替えすることに決めました。
やはり15年の年月の経過は半端なものでは有りませんでした。ぬるま湯に付けて事前に巻くグセは取ったり、シリコンオイルを塗ったりして見たんですが、なんだかラインをキャストするときにカサカサ感が有ってよろしく無いのです。という事で、お試しに超激安価格のRiver Peakと言うライン(DT-6F)を購入してみたらこれが良い感じなんですよ。柔らかいし

そこで更に追加でティムコ(TIEMCO) SA エアセルヤマメ DT4FとRiver Peakのフライライン DT-4F ダブルテーパー フローティング 100FTを購入することにしました。River Peakのフライライン DT-4F は半分にちょん切って50ftづつSUSSEX 45とATH AR1に巻くつもりです。River Peakは2300¥ほどのラインですから、半分にすると1150¥で脅威の価格になります。まだ使っていませんから耐久性とかはわかりませんが、この価格なら1シーズンでもOKです。 ティムコ(TIEMCO) SA エアセルヤマメ DT4Fは645ftなのでLOOP DANIELSSON NYMPHに巻きます。こちらをメインに使うことに成りそうです。

20230719-145011_20230719152201

今回購入したRiver Peakの(DT-6F)ラインはハーディー・マークスマン5/6を購入して使うことにしました。
ハーディのリールはSCOTT POWER -PLY 9'0'' #7 に合わせてHOUSE OF HARDY ULTRALITE DISC 942 #7を使っているのですが、KS AR / アルティスタシリーズのARパバーヌ8’3”#5/6やARマエストロ8’7”#6/7に合わせて#6(DT-6F)ラインを巻いたリールを一個作りたかったのです。

1500reel4

1500reel2

1500reel3

中々に美しいフライリールだと思います。 手に持った感じは#6リールとしては少々デカイと言うか分厚い。重量はそこそこあります。多分100gは軽く超えてそうです。ドラッグ調整機能はありません。 見かけによらずシンプルですな

Flytool

そろそろ こういう物もゴソゴソと引っ張り出して来てフライを巻かないと...果たして目は見えるのでしょうか?

2023年7月17日 (月)

モーニングサービス

以前、私の母親の在宅介護から認知症と、グループホームへの入居について書きました。そしてあれからほぼ一ヶ月が経過しました。案ずるより産むが易しとはよく言ったものです。家内は一週間に一度、私は2週間に一度の頻度で、母親の面会に行って居ります。最初の頃は、面接の頻度が高いと里心が出るのではないか?とか色々心配しましたが、先日面会に行きましたら、「私はもう大丈夫だから、心配しなくて良いよ」と頻繁に言うのです。もう「早く帰りなさい」と言わんばかりの雰囲気です。

1500l1000586

ほぼ一ヶ月が経過して、母の生活基盤が確立したんだなぁと言う様子です。 グループホームの中ではスケジュールも色々有って母なりに存在感を示して、役割も有るのです。なんだか今までより声も大きくなって、明るい感じです。これには驚きました。と同時にとても安堵した次第です。

さて私達夫婦の生活も大きく変わり始めました。今まで十年来続けてきた母親中心の食生活から抜け出て、朝食は喫茶店のモーニングサービスを食べに出かけることもあります。下の写真は宮越屋珈琲のホットドックです。アイスコーヒーと一緒にいただきました。本当に懐かしい味!

1500hotdog

宮越屋珈琲ではJBL4343が鎮座して鳴っておりました。音は....

2023年7月 8日 (土)

養沢毛鉤専用釣場に出かけてきました。

7月6日の午後から、養沢毛鉤専用釣場に出かけてきました。十数年ぶりに訪れました。やはり十年以上のブランクは想像以上に凄い事になっていて、70歳に近くなった自分の身体能力の衰えは、実際に味わってみて初めて分かるのでした。

Yozawa

Map202206723x1024

苦行にも似た釣り行き顛末です。

1)老眼で、小さな物が見辛いから極小フライ#20位になるとフライアイにティペットが通せない。
2)老眼と相まって指先が微妙に震えるのでリーダーとティペットが上手く結べない。
3)渓流を釣り上がるのに腹が出ていて腹筋等の筋力も落ちているので足元がおぼつかない。
4)しゃがんだ姿勢でフライロッドを振り続けていると、背中や足首が痛くなる。
5)しゃがんだ姿勢を続けていて、立ち上がる時に足腰がとても痛い。
6)3時間ぐらい渓流を釣り登ったら、左足のウェーディングシューズの靴底に貼ってあるフェルトが剥がれてとれた...泣
7)シューズとインナーソックスが合わないのか劣化しちゃっているのか原因が分から無いけれどブカブカに成ってしまって、まともに歩けない。
8)結局午後1:30に入渓して4:30でギブアップです。上に記載した地図の6番ポイントまでしか行けなかった。イブニングライズまで至らず...泣

試しに出掛けた養沢でこんな感じですから、一般のフィールドなんてとんでもない冒険になります。肝心の釣果はニジマス6匹で、全部ドライフライに出ました。十数年ぶりの釣果としてはまずまずかもしれません。

Img_1527

ということで、 上の写真の長年使ってきたウェーディンシューズはお役御免にして、夏渓流 ウェットウェーディングの装備を全部 新しくしました。なんとか軽量で快適にして体への負担を減らそうという魂胆です。釣具装備の進歩は目覚ましくてウェーディングシューズ(フォックスファイヤー ストーンクリーパーF)の軽さは想像以上に進化して軽くなっていました。 中敷きの差し替えで秋口に使うチェストハイウェーダーにも対応できるのが良いですね。

20230708-62447
Foxfierが多いのですが、
Wet Wading Tights / Wet Wading Crew / Wet Wading Shorts
そしてFoxfierのStone Creeper F Wading ShoesとLITTLE PRESENTSのWading Socksの組み合わせです。
ウェットウェーディングのスタイルはイメージ的にはこんな感じです。 

20230708-64413

そして、老眼対策の眼鏡の上から装着できるルーペ(X1.8)の購入でなんとかしようと試行錯誤してます。

20230708-64717

フライラインとリーダーの接続にはTMCノットツールを購入しました。

20230708-65502

まあ これで、もう少し釣りやすくなるのかなと考えています。 それにしてもフライフィッシングってゴルフよりしんどいじゃないの...(^^;;;

 

 

2023年6月29日 (木)

FLY Fishingの復活

久しぶりに私にとって一番の趣味である。FLY Fishingが復活しそうです。15年ぶりに納戸にしまってあった、FLY RODやFLYReel等の釣具を引っ張り出して総点検しました。

Sawada

Sawada2

一番困ったのはFLYリールに巻いたフライラインの種類と番手が全く分からない。 覚えていないのです。いやぁ〜15年の歳月は恐ろしい!
しまう時にラインの番手をメモしておけばよかったと思っても後の祭り。
しかし...待てよと思って、当時ほんの少しだけ作った FLY FishingのHPを覗いてみたら、多分そうであろうと思われるリールとラインの組み合わせが記録されておりました。まめに作っていて良かったと思いました。..笑

多分FLY REEL: ATH AR1には FLY LINE: KS SD Ice Floatint Line DT-4-IF

Sawada4

FLY REEL: LOOP DANIELSSON NYMPHには FLY LINE: MATCH THE HATCH DT-4-Fsで間違いなさそうです。15年経っているのでラインも駄目かなぁと思いましたが、ぬるま湯に浸して巻グセをとってやると、意外にも使えそうです。

Sawada5

しかしSUSSEX 45 フライリール には何が巻いてあるのか?さっぱりわからないのです。これはしょうがないので多分そうだろうと思いを付けて#4のRODに通して振ってみるしかありませんね。#5のDTが巻いてあるとARパバーヌ8’3”#5/6 やARレガート8’0”#4/5で使えるので良いなと思っているのですが。

Sawada3

FRY RODは KEN SAWADAのSUSSEX カプラスを主力で使っていました。日本のフライフイッシングの草分けとも言える国分寺の沢田さんは2012年8月にロッドの製造と販売を取り止めて、その後プロショップ・サワダも残念ながら2018年5月31日に閉店されました。勤め先が国分寺だった僕は20代後半から沢田賢一郎さんのお店には足繁く通わせて頂いて居たので思い出がいっぱいです。

Webyamames

Img_0644s

今僕が在庫しているSAWADAロッドはKS AR / アルティスタシリーズが3本とKS AC / ACXシリーズが2本の合計で5本です。先にお話したように既に10年前に絶版と成っていますし、修理も出来ないので折らないように気をつけて使わなくてはいけません。

◆KS AR / アルティスタシリーズ

ARレガート8’0”#4/5 
ゆったりとしたリズムで振れる渓流の万能ロッド。

ARパバーヌ8’3”#5/6 
やや大きめの渓流向き。スローテンポで釣れるロッド。

ARマエストロ8’7”#6/7 
大渓流や湖沼の釣りに適した万能ロッド。

◆KS AC / ACXシリーズ

ACエフェメラ 8’4”#4
渓流の万能ロッド。早いテンポでドライフライの釣りに最適。

ACチョークストリーム 9’10”#4
ライトラインで大きな川を釣るのに最適なロッド。

その他にはORVIS SUPERFINE 7/11とかSCOTT POWER -PLY 9'0'' #7があります。 15年も暖冷房のない何度に入れっぱなしだったので、ブランクとかにダメージ出ていないかな?と思って一本一本 つないで、振ってみましたが、どうやら大丈夫の様です。

Sawada6

何故 ORVIS SUPERFINE 7/11にTipが2本有るのだろう?と思って考え込んでしまいました。そうしたら奥の方からバットの部分が粉砕されたもう一本のORVIS SUPERFINE 7/11が出てきて「ああぁ そうだ自分の車の屋根に乗せたまま道路を走って折っちゃったんだ。その後にもう一本買ったのでTipが2本有るんだ」と苦い記憶を思い出したのでした。

Sawada7

さぁ 後はメタボに成った体型に合わせた、ウェーダーと、雨具の調達ですね。夏の間はウェーディングパンツと軽いウェーディングシューズの組み合わせで川に入るのも気持ち良いのですが、ジジイに成っているので冷えないようにウェーダーも必須だなと思うのでした。

より以前の記事一覧

フォト
2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ウェブページ