カテゴリー「パソコン・インターネット」の記事

2019年9月23日 (月)

メインPCを入れ替えました。Mac mini 2018

メインPCを入れ替えました。

ずっとMac mini (Late 2014) のオプションマシマシで使用してました。

プロセッサ : 2.8GHzデュアルコアIntel Core i5(Turbo Boost使用時最大3.3GHz)

ストレージ1 : 1TB Fusion Drive

メモリ : 16GB 1,600MHz LPDDR3

 

今回は Mac mini 2018のオプションマシマシ仕様 素の状態で122,800円(税別)がプロセッサ・ストレージ。メモリのマシマシで価格は254,800円に膨らみました。果たしてお得なのか?どうなのかはわかりません。ただメモリは64GBは多分要らないだろうし、ストレージも1TB以上は外付けで対応するから程々マシマシという仕様です。でもこれに消費税が乗ると 275,184円と結構な金額になりますね...消費税が上る前に..エイヤッ!...(^^;;;

プロセッサ : 3.2GHz 6コア第8世代Intel Core i7(Turbo Boost使用時最大4.6GHz)

ストレージ1 : 1TB SSDストレージ

メモリ : 32GB 2,666MHz DDR4

従来のMac mini (Late 2014)でも今の所大きな問題はなかったのですが、嫁のMac miniがメモリ4Gしか積んでなくて、あまりにも貧弱でしたので、僕のMac mini (Late 2014)を嫁に下ろして、僕はMac mini 2018に移行したわけです。

性能は大幅にUPしました。メモリも32GB積んでますので、少々負荷のあるAdobe Lightroomや Photoshop を使った負荷の掛かる画像処理も問題ありません。体感的には2倍までは行かないですが、デュアルコアMac miniに比べて相当速くなりました。Thunderbolt 3を使ったストレージからの読み出し書き込みは超絶に速いです。

今回のPC入れ替えで一番問題になったのは、拡張ポートの違いです。

Mac miniのバックパネルの仕様の違いを比較してみましょう。

Mac mini (Late 2014)

Macmini2014

Mac mini 2018

Macmini2018p

よくまあ..ここまであっさりとThunderbolt 2ポートを切り捨てられるよねぇ...酷いよ Apple ! 

外付けHDDがThunderbolt 2仕様なので結局オプションで、Thunderbolt 3 (USB-C) - Thunderbolt 2 アダプタが必要になります。これが結構高い!4,800¥もするんです。(@@;;;

Mac-mini2018

SDXCカードスロットも無くなり、USB3のポートも少なくなっているので、結局USB拡張ポートを追加することになります。まあここら辺は仕方ないかなぁカメラの方もXQDカードとか出てきたりしてるし..

これから5Gの時代がやってくるけど、自宅の作業PCはこれで、あと数年は大丈夫かなぁ

 

フォト
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

他のアカウント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ウェブページ