« 2024年1月 | トップページ | 2024年3月 »

2024年2月

2024年2月24日 (土)

Leica TL2 内部メモリの交換

Leica Rumorsで ( Leica Tの内部メモリストレージは単なるマイクロSD カードであり、簡単にアップグレードできます) と言う非常に興味深い記事を見つけました

Leica Tの内部メモリーカードはTOSHIBA 16GB Micro SD Card HC1 Class10 UHS-1 U1 R 30MB/sでした。 それを SanDisk Ultra microSDカード 128GB UHS-I Class10 R 140MB/sに交換した記事です。カードを交換したことでレスポンスが良くなりましたと書いてあります。R 30MB/s→R 140MB/sですので読み取り速度が全然違いますから、当然そうなるでしょう..と思いました。

Tl333_20240224155401
それにしてもライカは内部メモリ機構としてマイクロSDカードスロットを作っていたのだと言う事実には結構驚きました。しかし考えてみると、交換可能でメンテもしやすい内部メモリとして、SDカードで対応するのは順当な事なのかもしれません。交換できないSSDや固定メモリは故障した時のメンテナンスを考えると不合理だからです。
ライカは公にアナウンスしていませんが、現実の構造としてはダブルスロット仕様になっていて内蔵メモリはmicroSDカードが刺さっているのです。それもHC1 Class10 UHS-1 U1 R 30MB/sのチープなマイクロSDです。

Leicatl2bk

私が( Leica Tの内部メモリストレージは単なるマイクロ SDカードであり、簡単にアップグレードできます) と言う記事を読んで自分もやってみたいと考えたのには理由があります。
自分のLeica TL2にLexar 2000x 32GB SDHC 2 UHS 「UHS Speed Class 3」 300MB/sのSDカードを使っているのですが、この最速SDカードを入れて撮影する時の速度と、SDカードを入れないで、内蔵メモリ( 32GB Micro SD Card HC1 Class10 UHS-1 U1 R 30MB/s)で撮影する時の速度(サクサク度合い)が全く変わらないのです。これって可笑しくないですか?
デジタルカメラの機能速度は画像処理エンジンの性能とバッファメモリーの容量、そして記録媒体(SDカード等)の速度性能で決まります。明らかに記録速度の違うSDカードを使っているのに速度が変わらないのです。
もしかして同時書き込みもしていないのに、Lexar 2000x 「UHS Speed Class 3」300MB/s は内蔵microSDメモリーカードの記録速度(R 30MB/s)に引きずられているのじゃありませんか?
あるいはTL2が稼働する際に内部データ処理の経路上で毎回内蔵しているMicro SD Card スロットにアクセスしていて、内蔵メモリの性能が足を引っ張っているのではないでしょうか?という疑問が湧くのです。

20240224-151505

そこで、私も検証してみることにしました。
私のLeica TL2もLeicaTとスロットカバーなどは同じ構造ですから、外部SDカードを挿入する側のプラスチックカバーを止めてある2本のネジを外して分解しました。
Leica TL2の内部メモリーはメーカー不明 32GB Micro SD Card HC1 Class10 UHS-1 U1 R 30MB/sのマイクロSDカードが入っておりました。Leica Rumorsの記事( Leica Tの内部メモリ)と 同じく台湾製

20240224-151650

これをSanDisk Ultra microSDカード 128GB UHS-I Class10 R 140MB/s(マップカメラで1800¥)に交換します。R 30MB/s→R 140MB/s 速度で4.5倍・容量で4倍のグレードアップです。

San-disk
TL2のカバーを留めているネジを取り外すのに使う精密ドライバーはAnex 00x50をお勧めします。ネジ穴への噛みつき具合がよく舐めにくいので使い良いです。先端がネジ穴に合わないドライバーを使ってネジ頭を潰したら全てがお終いです。

20240224-151557

ジジイに成ってくると目も見えないし、手元も震えて狙いが定まりません。こんな簡単な作業でもうっかりすると失敗してネジを無くしたりします。取り外した2本の小さいネジは無くしやすいので要注意です。精密ドライバーAnex 00x50は先端が磁石に成っているのでネジのセットアップも含めて使いやすいです。新しいマイクロSDカードを入れ替えてカバー蓋を取り着けてネジを締めて作業は完了です。

20240224-151721

内部メモリーの交換が無事に済んで、フォーマットする時に若干タイムラグが出て、ドキッとしましたが少し待っていると反応して、無事にフォーマットできました。

まずはカードスロットにSDカードを入れないで、内部メモリーカード(交換した SanDisk Ultra microSDカード 128GB UHS-I Class10 R 140MB/s)だけでの撮影で検証しました。 早いです!確実に早くなっています。ちょっと驚きのサクサク度合い。 これだけでも交換した甲斐があります。

20240224-151853

電源投入でスイッチをOFFからONにした時の立ち上がりが早くなっている感じがします。 (何回も繰り返して反応を見ましたが、確実に早くなっています。)タッチ画面を使った機能操作の速度もサクサクしています。
カードスロットにSDカードを差し込んで使った時の感覚も今までより早くなっている感じです。ただし内蔵メモリのみ使用した時との速度差はありません。不思議ですね〜
やはり先に書いた様に、もしかして内蔵microSDメモリーカードの記録速度(R 30MB/s)に引きずられていたりするような要因が有って、内蔵メモリの性能がTL2の内部データ処理に影響しているようです。全て私の憶測ですから真偽の程は定かではありません。

余談ですがNIKON Zfの仕様がUHS-II対応のSDメモリーカードとmicroSDメモリーカードのダブルスロットの組み合わせに成っていて、Zfの注意点としてSDへの書き込みを同時記録に設定すると書き込み速度は遅いほうのカードに支配されます。基本的には市場のmicroSDメモリーカードよりSDメモリーカードの方が速いので「同時記録」だとmicroSDメモリーカードの記録速度に引きずられる事に成るわけです。

これは私のTL2個体だけの不具合だったのかもしれませんが、タッチスクリーンを使って大量に画像選択して消去しようとすると、ハングアップするという事が度々有ったのですが、今回内部メモリーカードを交換してからは、サクサク出来るように成りました。 もしかすると以前のメモリでもフォーマットすれば治ったのかもしれません。(再検証するのは面倒くさいですからしませんけど)

1500tl2

今回の改造で内部メモリは大幅に増えて、128GBに成りましたから、もうSDカードスロットを使用する必要も無くなったわけです。ライカM11は64GBの内部メモリを持っているそうですが、このTL2はそれより大きいのです。多分M11も内部にmicroSDカードスロットを持っているのだと思います。私のiPhoneは1TBの容量がありますから、TL2の撮影データ位だと難なく取り込めますので、バックアップ用ポータブルSSDもいりません。FOTOSで選んで取り込むだけです。TL2はUSBで充電できますから、ちょっとした旅行はiPhoneと上の写真のトラベルセットを持ち出せばOKです。

さて以上で報告は終了ですが、このレポートを読んで、試される方はくれぐれも自己責任でお願いいたします。 問題が生じても私は一切の責任を負いません。質問もお受けできません。速くならなかった等の苦情も受け付けません。

俺のもサクサクになったよ!と言う報告はウェルカムです。笑

宜しくお願い致します。

 

2024年2月15日 (木)

Flickr Explore

Warbling White-Eye ( メジロ )の作品が がFlickr Explore! February 14, 2024 に選ばれました。

1500meziro

昨日のLFI gallery’s Selection 入選に引き続き、Flickr Exploreにも認めて貰ってとても嬉しいです。昨日も書きましたが、この Dancing Warbling White-Eye (踊るメジロ)シリーズですが、しつこく進化させています。今後も色々撮り方を工夫してもっと面白い内容を付け加えたいと考えています。自然相手の事なので上手くいくかどうかは分かりません。例えばメジロの背景の綺麗なボケは朝の光線の状態で、晴天の朝8時から10時の3時間ぐらいしか現れません。色々条件を積み重ねて、経験値を蓄えながら試行錯誤中です。 この作品は私のHPにあるLeica Digital Photo Galleryでもご覧になれます。過去の作品も掲載されています。

Flickr Explore February 14, 2024 はこちらから入れます。

1500flicker15

2024年2月14日 (水)

LFI gallery’s Selection

Many thanks to the LFI editors for choosing my photo for their prestigious gallery.

FLORA / FAUNA / MACRO

作品 Warbling White-Eye がLFI.Gallery Selectionに選ばれました。

リンクはこちらです。

作品 Warbling White-Eye

F104b

この Dancing Warbling White-Eye (踊るメジロ)シリーズですが、しつこく進化させています。撮る角度や止まる枝の位置などを選んで撮っていますなるべく背景の光の中にメジロが来るように作図していますが、相手が生き物なのでそうそう、うまくは行きません。Leica Rumorsがライカ関連の噂情報を発信していますが来月3月8日頃にはライカSL3が発売に成るようです。それとSigmaが新レンズ500mm F5.6 DG DN OS SportsをLマウントで発表するようです。これは楽しみなことに成ってきました。もう少し鳥を獲るためのAF性能が進化すると、撮りやすく成るのですがどうなりますか様子見です。

1500mejiro

 

2024年2月10日 (土)

OLYMPUS ドットサイト照準器 EE-1をLeica SL2にセットアップ

以前OLYMPUS ドットサイト照準器 EE-1を購入したことをお話しました。多分このドットサイトを購入された方が最初にするであろうシンプルにライカSL2のホットシューに取り付けて試してみましたが、正直に言うと全く使えませんでした。三脚にカメラを取り着けて使う場合だと使えると思いますが、僕の様に手持ちや一脚を併用して撮影する場合は、ドットサイト照準器 EE-1とカメラのファインダーを交互に覗いただけで、動いてしまいますから全く使えません。参考にするために、ドットサイトの使い方を説明しているBlogを拝見すると、「カメラのホットシューに取り着けて調整したら、EVF(ファインダー)は覗かないで、AFはカメラを信じて撮れ」と書いてある所もありました。うぅ〜むちょっと乱暴な意見ですね。 AFがスッポ抜けていないかどうか等はEVFで確認して撮らないと駄目だと思います。

結論として手持ちで撮影する私の場合は両目で ドットサイトとファインダーを同時に確認しながらの撮影でないと使い物にならないと言うことが解りました。ということでドットサイトの取り付け方法を工夫しました。同じ様に撮影される方の参考になれば幸いです。

Sim

色々と試行錯誤しました。そして遂にここまで来たか!(笑)という感じになってきました。ライカSL2のホットシューを利用して、マジックアームを使って、ドットサイトを逆さまに取り着けて使います。良い感じで両目でドットサイトとファインダーを覗くことができます。組み合わせた部品は以下の3点です。SmallRig マジックアーム コールドシュー付きダブルボールヘッド・SmallRig コールドシューマウント-2797 そしてマンフロット・マイクロミニボール雲台。

20240207-94935

SmallRig コールドシューマウントは脱落防止のストッパー機構が着いている優れものです。コールドシューマウントの1/4ネジを取り外して、マジックアームと繋ぎます。ガッチリと取り着きます。

20240207-95212

この組み合わせではマンフロット マイクロミニボール雲台の剛性感が決め手です。大きなノブでボールヘッドをキッチリと締めることができます。SmallRigもコスパ抜群でなかなかの品質です。China 恐るべし...と言うかこの手のパーツは殆どChina製...(^^;;;

20240210-141022

マイクロミニボール雲台 マンフロット492LCDは手持ちの在庫から使用しています。このBlogを書くために型番を調べたら、今はディスコンに成っていて後継は492LCD-BHの様です。

Sim2

ドットサイトシステムを正面から見るとこんな感じです。簡便に取り付けられて、調整も手軽だけど、剛性感も有って少々手荒く振り回してもブレない仕上がりになりました。この形状に辿り着く迄にエツミから出ているオリンパス専用ブラケットを参考にして、使えそうなホットシューアダプター付きブラケット等も購入して試しました。下の画像のUlanzi PT-3  ホットシューアダプター シューブラケットですけれど、寸法的にもぴったりで使えるかなと思ったのですが、駄目でした。

Ulza
結局カメラボディの三脚ネジ穴等を利用して締め付けるタイプのブラケットはネジの緩みが出やすいのと、カメラボディやレンズを下からを手持ちした時にブラケットに触れてしまうので動いてしまうのです。

下の画像がこのシステムを取り付けた全体画像(真上から見た所)です。ビリンガムのリュックに入れて移動して。現地で組み上げます。カメラのホットシューが起点に成っているので、方向性が出ていますから、微調整するだけで取り付けは簡単です。

1500sim

事前にカメラのAF(Leica SL2の場合は被写体追尾 トラッキングAF)ポイントとドットサイトのLEDのレティクルが重なるように調整しておく必要があります。私はレンズの最長端で調整します。パララックスがあるので、完全に重ならなくても大丈夫です。

撮影の時は左目でドットサイトの照準と狙う所の大まかな全体像を見ながら、発見した鳥にドットサイトのLEDのレティクルを合わせると同時に、右目のファインダーに意識を移して、親指でジョイスティックを操作して鳥にAFフレームを合わせます。更にジョイスティックを親指で押して被写体に自動的にAFを掛け続けるサーボAF状態にします。そして鳥の動きを確認しながら人差し指でシャッターチャンスを狙うというのが一連の動作に成ります。( AFプロファイルは野生動物に設定してあります。)

さて下の画像は、ルリビタキです。今まで撮りたかった鳥のNo,1です。 残念ながら成熟したルリ色の雄ではありませんでしたが、とても嬉しい一枚です。

150015mruri2

Red-flanked bluetail
Leica SL2
Sigma 150-600mm F5-6.3 DG DN OS Sports + TC-1411

150015mruri4

Red-flanked bluetail
Leica SL2
Sigma 150-600mm F5-6.3 DG DN OS Sports + TC-1411

150015mruri8

Red-flanked bluetail
Leica SL2
Sigma 150-600mm F5-6.3 DG DN OS Sports + TC-1411

2024年2月 8日 (木)

LFI gallery’s Selection

Many thanks to the LFI editors for choosing my photo for their prestigious gallery.

FLORA / FAUNA / MACRO

作品 Kingfisher catched a Fish がLFI.Gallery Selectionに選ばれました。

リンクはこちらです。

作品 Kingfisher catched a Fish

F103b

カワセミの撮影も少しずつ進化しています。 今回はカワセミが魚を捕らえて食べる直前の映像です。前からこの瞬間を撮りたかったのですが、かなり難しい瞬間でした、撮影を続けるうちにカワセミの行動パターンが読めるように成って来て、チャンスも多くなりました。今回の機材はテレコンバーターTC-2011を使用して1200mmで撮影しています。今回は先日購入したOLYMPUS ドットサイト照準器 EE-1をライカSL2のホットシューに取り付けて試してみましたが、正直に言うと全く使えません。僕の様に手持ちで撮影する場合は、両目で ドットサイトとファインダーを同時に確認しながらの撮影でないと使い物にならないと言うことが解りました。ということでドットサイトの取り付け方法を工夫することにしました。

Lfi1200

 

 

2024年2月 7日 (水)

LFI PICTURE OF THE WEEK に選ばれました。

🔴 Leica Fotografie International PICTURE OF THE WEEK

Thanks to the Editorial Team of Leica Fotografie International to have selected one of my pictures "Dancing Warbling White-Eye " added to the LFI Gallery as a PICTURE OF THE WEEK

作品 Dancing Warbling White-Eye が LFI PICTURE OF THE WEEK に選ばれました。

F102b

先日LEICA MASTER SHOTを頂いた作品Dancing Warbling White-Eyeが更にLFI PICTURE OF THE WEEK に選ばれました。PICTURE OF THE WEEKに選ばれた作品は私の名前とともにLFIウェブサイトのスタートページに1週間掲載されます。そしてLFI Gallery’s Picture of the Week collectionにも追加されます。 また、今後数日間にわたってLeica Fotografie Internationalのソーシャル メディア チャネルでも私の作品Dancing Warbling White-Eyeを紹介することになりました。大変に光栄な事で嬉しい限りです。

Pweek

LFI PICTURE OF THE WEEK 06/ 2024 リンクはこちらです。

Picweek

国立新美術館

久しぶりに電車に乗りました。
2019年末からコロナ禍を過ぎて2024年迄のまる3年間で電車に乗ったのは今回を入れて5回目です。 で...電車に乗ってどこに行ったかと言うと、港区六本木にある国立新美術館に行ってきました。 ここは随分前に、日展作家だった大叔母の作品を見に出かけたことがあったのです。 実は私の記憶からはすっかり消えていて、家内に言われて思い出したのでした。

国立新美術館 設計は黒川紀章です。

150015msinkokuritu3

150015msinkokuritu1aa

150015msinkokuritu6

150015msinkokuritu7

撮影機材 : Leica SL2 / SIGMA Art 14-24mm F2.8 DG DN L-Mount 

2024年2月 3日 (土)

Sigma テレコンバーター TC-2011

SIGMA TELE CONVERTER TC-2011を導入いたしました。 以前から使っているのはTC-1411で焦点距離を1.4倍にすることが出来ましたが、TC-2011では2倍に拡張することができます。

20240203-151437

Sigma 150-600mm F5-6.3 DG DN OS Sports + TC-1411 =  840mm 

Sigma 150-600mm F5-6.3 DG DN OS Sports + TC-2011 =1,200mm

20240203-172254

840mmが1,200mmに成りますのでこの差は大きいですが、引き換えにレンズの開放値が暗くなります。

TC-1411 =  840mm f6.3 → f 9.0    TC-2011 =1,200mm f6.3 → f 13.0  流石にf13.0と成ると、曇天の夕方等で光量が不足してくると、撮影データは殆ど真っ黒に成ります...(^^;;;
しかし昔のテレコンの様に画質が大幅に落ちるかと言うと、それほど悪くは成りません。データとしての解像度は残っているので、AdobeでLow現像する時点でAIノイズ除去処理をしてあげると、あら不思議 なんとか使える様になります。しかし1,200mmでAF撮影が可能なのは凄い事ですね。そして手持ち撮影も可能です。今回は一脚も併用しましたが、フィールドに有る木立やフェンスに寄りかかってレンズの側面を着けて安定させる撮り方が一番良かったです。手持ちだと構図選択の自由度が高いのです。私は今のところ基本的に三脚は使っていません。RRSのGimbal雲台が手に入れば、三脚の使用も考えるかもしれません。

1500kawasemi8kai

Kingfisher
Leica SL2
Sigma 150-600mm F5-6.3 DG DN OS Sports + TC-2011 

撮影データ f13.0 ,  1/1600s , ISO 6400 

1500kawasemi7

Kingfisher
Leica SL2
Sigma 150-600mm F5-6.3 DG DN OS Sports + TC-2011 

撮影データ f13.0 ,  1/1600s , ISO 5000 

厳密に比較するとSIGMA TELE CONVERTER TC-1411は画質の劣化を気にせずに気軽に使えます。 TC-2011はAdobeでノイズリダクションしないと使えません。ですからどうしても遠いけれど撮りたいという時に使うのが好いのかもしれません。出来ることならフィールドでレンズ交換したくないんですよね〜 ゴミが入るしね〜

今回Sigma 150-600mm F5-6.3 DG DN OS Sports + TC-2011 1,200mmを使い始めて、新たな問題発生! 撮影対象であるカワセミがカメラのファインダーからロストすると1,200mmの画角ではすぐに探せないのです。Sigma 150-600mm F5-6.3 DG DN OS Sports + TC-1411 =  840mmでは慣れと経験値を積んでなんとか探せていましたが、1,200mmは無理です。

と言うことで、OLYMPUS ドットサイト照準器 EE-1を発注しました。
20240203-155637

こんな物を買うように成るなんて...そう言えば 公園でワラワラと連れ立って野鳥撮ってるオジサン達がこういうのをカメラに着けてたなぁ...まさか自分がこれを買うように成るなんて、考えもしませんでした。ますます 野鳥撮影に傾倒していっております。....笑

 

2024年2月 1日 (木)

LEICA MASTER SHOT.

Many thanks to the LFI editors for choosing my photo for their prestigious Leica Master Shots collection.

LEICA MASTER SHOT

作品 Dancing Warbling White-Eye が LFI ライカ マスターショットに選ばれました。 リンクはこちらです。

F101b

Leica Master Shots collectionに選んで頂きました。 2023年12月7日に続いて、これで4回目のMaster Shotsです。LFI gallery’s Selectionは2023年7月4日に最初の一枚を選ばれてから、今日迄でマスターショットを含めたLFI入選は101枚に成りました。今回選ばれたDancing Warbling White-EyeシリーズはこのBlogでも紹介しています。最近撮り続けている作品です。超高速シャッターで、メジロが動いた瞬間を切り取っています。ダンスをしている様な面白い瞬間が撮れますが、羽を広げている瞬間が毎回撮れるわけではなくてチャンスを狙って何百枚も撮ったショットの中から選んだ一枚です。

1500masterbib

Leica Master Shots collection 作品集はこちらから入れます。

1500mastershot

 

Apple Watch Series 9

久しぶりにガジェット関連のお話
で...Apple Watchです。 Apple Watch Series 9

20240201-122838

奥さんとおソロで導入です。ステンレススチールケース、 サイズは45mm と奥さんは41mm 両方ともGPS + Cellularモデルです。

20240201-123050

近所にある広大な公園(有料)の年間パスポートを入手して健康や最近の運動不足解消目的で往復歩きで一万歩以上歩いているのですが、その話を子供達に話したら、子供達の会社からApple Watch Series 9 を支給されました。

20240201-123202

なんでも転倒検出や衝突事故検出機能と言うのが有って、散歩中に転倒した時に、転倒を検知して、反応がない場合に緊急通報サービスで知らせてくれるらしいです。

20240201-123325

まあ 万歩計を持ち歩いたり、iPhoneの歩数計Appを一々立ち上げないでもApple Watchを身に着けて歩けば良いわけですから、とても便利です。ところで女性は腕時計をする習慣が薄いですよね。今まで何回かペアウォッチを買いましたけど、奥さんが続けて身に着けた事がありません。まぁ 時間を気にしていない性格という事もありますが...(^^;;;

20240201-131514

今回のApple Watchは時計というより身に着けるヘルスメーターだという事を教えて、結果...便利なんだよ〜という事を知らしめないと駄目なのかもしれません。 ハードル高いなぁ

« 2024年1月 | トップページ | 2024年3月 »

フォト
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ウェブページ