« Flickr Explore | トップページ | 江ノ島水族館 »

2023年11月26日 (日)

SIGMA 14-24mm F2.8 DG DN | Art ポツリますた。

SIGMA 14-24mm F2.8 DG DN | Art ポツリますた。

20231126-152221

ああぁ やっぱりな〜 と思う人が多いでしょう。 そうですZoomにしてしまいました。f1.4の明るさに未練は有るものの、星空撮るわけではないので...でも最終的に決め手と成ったのは、このクリップでした。

Behind the scene

SIGMA 14-24mm F2.8 DG DN | Art 

20231126-122310

【新製品】SIGMA 14mm F1.4 DG DN | Art 「超広角レンズで撮るモノクロームの世界」 Youtubeですが私と同じハンドルネームのMasaさんの動画が一番参考になった。まあ f1.4でピーカンの昼間に撮ろうとすると、NDフィルター必須と言うことですな。実際に単焦点14mmを日中で使うとなると絞るよね〜と言うのがこの方の作品でよく解った。

これで、Leica L-Mountは 14mmから280mmまで3本のZoomで切れ目なく揃うことになりました。

SIGMA Art 14-24mm F2.8 DG DN L-Mount
Vario-Elmarit-SL 24-90mmASPH F2.8-4.0
Apo-Vario-Elmarit-SL 90-280mm F2.8-4.0

このセットにあと一本くらい使いたいレンズを混ぜて、ボディ2台と三脚というのが定番の遠征撮影機材に成りそうです。

2023/11/28追記

リアフィルターを追加購入しました。写真用品のハクバが取り扱っているようなんですが、Haidaと言う中国のブランドが作っているSIGMA Art 14-24mm F2.8 DG DN専用のリアフィルターです。 Haida Rear Lens ND Filter Kit はガラス製です。リアフィルターと言うとゼラチンで自分で切り抜いて作りました。 実際にSIGMA 14-24mm F2.8 DG DN Artには付属品としてゼラチンシートタイプのフィルターを切り抜くためのガイドプレートが付属してきます。Haida Rear Lens ND Filter Kit はこのレンズ専用に作られているので、そのまま使えます。レビューを読むと品質も高そうです。 なんだか中国のメーカーもニッチな分野で成長していますね〜

20231127-144634

20231127-144653

何故 明るいレンズを買っているのに、わざわざNDフィルター(減光フィルター)を使うのかと言うと、一つはピーカンの海岸などで撮る時にシッタースピードがオーバーしてしまう場合に使います。また作画的により絞りを開けてボケを活かしたり、シャッタースピードを遅くして水の流れを表現させたりするのに使います。 4枚のフィルターでレンズに入る光の量を段階的に減らす事ができるのです。単に絞れば良いじゃないと言う事ではありません。4枚のフィルター濃度は0.9、1.2、1.8、3.0となっています。0.3が絞り1段分に相当するので、それぞれの露出倍数は絞りに換算すると3段、4段、6段、10段となる。長時間露光による風景撮影の場合に日の出や日の入りが絡むと、本当はもっと濃い目のND4.0やND5.0フィルターも欲しいですね。

« Flickr Explore | トップページ | 江ノ島水族館 »

Leica Digital」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Flickr Explore | トップページ | 江ノ島水族館 »

フォト
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ウェブページ