« A Selection of Excellence from The Leica Meet | トップページ | LFI gallery’s Selectionに選ばれました。 »

2023年7月 4日 (火)

東北 福島県 会津若松の温泉宿へ出掛けてきました。

東北 福島県 会津若松の温泉宿へ出掛けてきました。首都高を抜けて東北自動車道をひた走り、磐越自動車道で、猪苗代湖を廻り、会津若松に入ります。復路もほぼ同じルートで往復679kmを走行しましたから結構な距離です。殆どオートクルーズに設定して法定速度辺りで巡航しましたら過去最高の低燃費15.38km/Lを記録したのには驚きました。
もう若い時のように運転するのが楽しくて、ワクワクしながらハンドルを握って走り回ることは無くなったんですね...奥さんに運転してもらって助手席で景色を楽しむのも良いものです。(枯れてきたかなぁ)

1500bmw

磐越自動車道の猪苗代磐梯高原ICで下道に降りて、道の駅猪苗代でトイレ休憩と軽い食事でお団子を食べてから、お目当ての天鏡閣(有栖川宮威仁親王殿下 猪苗代湖別邸 )を訪問しました。 生憎一日中、雨模様のお天気でしたが、天鏡閣を訪れている時は雨は止んでいました。日頃の行いが好いからでしょうか...笑
天鏡閣は時が止まったかのような佇まいで、とても綺麗でした。

1500-19

1500-4

会津若松市内を抜けて湯川大町線で山の中に入ってゆくと、東山温泉街があります。車のNaviに従って走るのですが道も細くて、どんどん山の中に入ってゆくので初めてですから心配になります。(ぽつんと一軒家状態です)切通のトンネルを向けて、山裾を大きく右に曲がると東山温泉街の入り口です。中々に趣があって寂れた温泉街ですが、芸妓さんの居る置家も有ったりするので、昔から会津若松の遊び場なんですね。炉端でご飯を食べさせて頂ける宿に泊まってきました。
目的の宿に着いたら東京ではすっかり終わってしまった紫陽花が盛りなので、驚きました。山間ということも有って気温が低いのでしょうか?

1500bmwm40d

いろりの宿はとてもこじんまりとしていて、家族経営のような親しみの有る接客で、伊豆の温泉ホテルとは違った趣があってなんだか田舎に帰って来たような気分が味わえました。

150012

和室に飾ってあるアンティークな調度品は昭和レトロな雰囲気が面白くて写真を撮るのも楽しいですね。食事は炉端で頂けます。つきっきりで火の加減を見たり、お世話をして頂けるので大変だなぁと感心したりするのでした。会津牛の(焼きしゃぶ)というものを初めて食べました。炉端で焼きたてのお肉に山塩やオリジナルのシシタケ塩を振って食べるのですけれど、ボリューム満点でした。

15005_20230704062201

しこたま食べて、地酒を呑んでいい塩梅に成ったところで、〆の会津十割蕎麦を頂きました。もう言うこと有りません(幸せ)と言いたいのですが、実は翌朝の朝食にとんでもなく美味しい一品が出てきて、ご飯を三杯もお代わりしてしまい。お櫃をすっからかんにしてしまったのでした。その話はまた次に...続く

150014

 

« A Selection of Excellence from The Leica Meet | トップページ | LFI gallery’s Selectionに選ばれました。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« A Selection of Excellence from The Leica Meet | トップページ | LFI gallery’s Selectionに選ばれました。 »

フォト
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ウェブページ