« LFI Gallery’s に投稿を続けています。 | トップページ | LEICA FOTOGRAFIE INTERNATIONAL gallery’s Selection »

2023年7月19日 (水)

フライフィッシングのお道具の話

フライのお道具の話なんですけれど... フライロッドやフライリールの話

15年ぶりにフライフィッシングを始めたのはこの間このBlogにちょこっと書きました。
でもって手持ちのロッドを点検したり、リールに巻いてあるフライラインを点検したりしてましたが、先日養沢毛鉤専用釣場に出かけて試し釣りをしてみた結果、フライラインは全取っ替えすることに決めました。
やはり15年の年月の経過は半端なものでは有りませんでした。ぬるま湯に付けて事前に巻くグセは取ったり、シリコンオイルを塗ったりして見たんですが、なんだかラインをキャストするときにカサカサ感が有ってよろしく無いのです。という事で、お試しに超激安価格のRiver Peakと言うライン(DT-6F)を購入してみたらこれが良い感じなんですよ。柔らかいし

そこで更に追加でティムコ(TIEMCO) SA エアセルヤマメ DT4FとRiver Peakのフライライン DT-4F ダブルテーパー フローティング 100FTを購入することにしました。River Peakのフライライン DT-4F は半分にちょん切って50ftづつSUSSEX 45とATH AR1に巻くつもりです。River Peakは2300¥ほどのラインですから、半分にすると1150¥で脅威の価格になります。まだ使っていませんから耐久性とかはわかりませんが、この価格なら1シーズンでもOKです。 ティムコ(TIEMCO) SA エアセルヤマメ DT4Fは645ftなのでLOOP DANIELSSON NYMPHに巻きます。こちらをメインに使うことに成りそうです。

20230719-145011_20230719152201

今回購入したRiver Peakの(DT-6F)ラインはハーディー・マークスマン5/6を購入して使うことにしました。
ハーディのリールはSCOTT POWER -PLY 9'0'' #7 に合わせてHOUSE OF HARDY ULTRALITE DISC 942 #7を使っているのですが、KS AR / アルティスタシリーズのARパバーヌ8’3”#5/6やARマエストロ8’7”#6/7に合わせて#6(DT-6F)ラインを巻いたリールを一個作りたかったのです。

1500reel4

1500reel2

1500reel3

中々に美しいフライリールだと思います。 手に持った感じは#6リールとしては少々デカイと言うか分厚い。重量はそこそこあります。多分100gは軽く超えてそうです。ドラッグ調整機能はありません。 見かけによらずシンプルですな

Flytool

そろそろ こういう物もゴソゴソと引っ張り出して来てフライを巻かないと...果たして目は見えるのでしょうか?

« LFI Gallery’s に投稿を続けています。 | トップページ | LEICA FOTOGRAFIE INTERNATIONAL gallery’s Selection »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« LFI Gallery’s に投稿を続けています。 | トップページ | LEICA FOTOGRAFIE INTERNATIONAL gallery’s Selection »

フォト
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ウェブページ