« FLY Fishingの復活 | トップページ | A Selection of Excellence from The Leica Meet »

2023年6月29日 (木)

オヤイデ BLACK MAMBA-α

オヤイデ BLACK MAMBAこれは初期のタイプで線材はPCOCC-Aです。
初代 “BLACK MAMBA-α ” はフラットな帯域バランスと、正確な位相、高S/N、高解像度、高分解能によって、レコーディングスタジオから絶大な支持を受けていましたが、2013年、PCOCC-A導体の供給終了でBLACK MAMBA V2”になりました。

Fzxgj1ramaa2v_u


今回はこの初代 “BLACK MAMBA-α” をLUMIN U1 Miniの付属コードと交換する形で入れてみたのです。何故かと言うとLUMIN U1 Miniの電源構成はスイッチング電源だから、電源コードでどのくらい変化するか試して見たかったのでした。
けれど、オリジナルと繋ぎ変えてパッと聴いたところでは、うちのシステムには合わないっぽいなぁ...中低域がかるくなっちゃって...あかんわ

と思ったのですが、LUMINに繋いで、殆ど放ったらかし状態で通電して3日位経つと、タイトながら充実した低音とモニターライクで大人な出音に成って来ました。LUMIN U1 Miniは若干華やかな音作りの傾向があり、そう言うところも嫌いでは無いのですが、 “BLACK MAMBA-α”で出てきた、しなやかでハイスピードな感じはとっても宜しいです。

忘備録として電源経路図を上げておく

20230629-214021

« FLY Fishingの復活 | トップページ | A Selection of Excellence from The Leica Meet »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« FLY Fishingの復活 | トップページ | A Selection of Excellence from The Leica Meet »

フォト
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ウェブページ