« 2023年3月 | トップページ | 2023年5月 »

2023年4月

2023年4月29日 (土)

高品位リニアUSB電源

SFORZATO PMC-Libraに付属してきたACアダプタがあまりにもショボくて、我慢できなくなってトロイダルトランス仕様の高品位リニアUSB電源を購入しました。でも...もうこの様な電源も圧倒的に中華製なんですね。以前は日本製で手頃な物がありましたけれど...まあ中国製EVが世界を走る時代ですから..

まずこちらがSFORZATO PMC-Libraマスタークロックジェネレーターに 付属してきた電源 こちらも中華製のスイッチング電源です、DC5.0V 3.0Aの代物
I1500mg_1095

こちらはSILENT ANGEL Bonn N8 (オーディオ用スイッチングハブ )に付属のACアダプターこちらのほうが作りは好いですが、それでも中華製
1500img_1096
そしてこちらが今回購入したトロイダルトランス仕様の高品位リニアUSB電源です。ヤフオクでは中国製の品物を買ってきて、中身を日本で弄って売ると言うビジネスが定置しているようです。 結構きちんとしていて対応も確かなので不安はあリませんでした。熱伝導グリスは銀グリスを、半田はNASA御用達のアルミットKR-19RMAを使ってレギュレーターを換装しているそうです。
1500dc

ちなみに中身はこんな感じで見たところPanasonicやnichiconのコンデンサー、リニアテクノロジーのLDO電圧レギュレーターLT1084CT-5が使われています。プリント基板用のトロイダルトランスは(BingZi)中国製ですね。USB端子は2端子で金メッキされてます。ケースはアルミでブラック塗装がされてます。まあこんなのが輸入して壱万円しないんですから、価格破壊ですよね。


20230430-55530

驚いたことにACコードで音が結構変わるんですね。手持ちの電源ケーブルを幾つか取り替えて試してみた。JPS LABS のGPA POWER AC/2.0m と言うコードとKOJO TECHNOLOGYのKS-69で比較したんですけど、KS-69の方が良かったので、そのまま使っています。ちなみにKS-69電源コードの価格とこのリニアUSB電源の価格があまり変わらないので笑ってしまいます。

出力は合計15Wということだけど、SFORZATO PMC-Libraマスタークロックジェネレーターと SILENT ANGEL Bonn N8に電源を供給して使っています。結構効き目が有って落ち着いた感じの出音で、品位も上がっている感じです。試しにもとのACアダプターに繋ぎ変えて比較したらあまりにも下品な音が出たので二度驚きました。やはり普通のスイッチング式の電源とは比べ物になりませんね。効くんだなぁ こんなものが

2023年4月23日 (日)

SFORZATO PMC-Libraマスタークロックジェネレーター

外部クロックの導入
SOULNOTE D-2に外部クロックを入れてみました。

外部クロックとして用意したのはSFORZATO PMC-Libraマスタークロックジェネレーターです。PMC-LibraはOCXO(高精度水晶発振器)を搭載していて高周波特性に優れたSMA端子から高品位な10MHz矩形波のマスタークロックを出力します。

SOULNOTE D-2は内蔵クロックに近傍位相ノイズ(10Hz オフセットで-121dB) を誇る高性能TCXO を採用しています。更に超低ジッターDDS(Direct Digital Synthesizer)を作成するためにTexas Instruments社のPLLatinumシンセサイザLMX2594をオーディオ用DDSとして初めて採用しています。性能指数-236dBc/Hz、ジッター45fs (フェムト秒) という世界最高レベルのスペックだそうです。そして10MHz外部基準クロック入力も装備しています。

1500dsf

SOULNOTEには高性能なマスタークロックジェネレーターX-3と言うモデルが有るのですが、なんと価格も驚きので350K¥です。SOULNOTE 3シリーズのDAコンバーターD-3はクロックを内蔵しておらず、D-3のためにX-3が誕生した様です。

今更SOULNOTE D-2のためにそんな馬鹿高いクロックジェネレーターを用意出来ませんから、お手頃なSFORZATO PMC-Libraを用意しました。まあ内蔵TCXOクロックより高品位なクロックを供給することで、音質の向上に貢献するのではないかと期待したわけです。Cantabile AudioでD-2にも抜群の効果を発揮します。とてもこの価格とは思えない音質向上効果です。と勧めているのも気になりました。

1500d

付属のクロックケーブルを繋ぎD-2背面パネルの10MHzクロック切り替えスイッチをINTERNALからEXTERNALに切り替えてD-2のパワースイッチを入れるとパワーインジケーターが赤からブルーに変わりました。
SFORZATO PMC-Libraにはパワースイッチはないので、常に通電しておくのが良いのかなと思います。

1500da

外部クロックの効果ですが、縦にも横にも1.5倍ぐらいの感覚で音場が広がった感じになります。 そしてボーカル等の音の主体が一歩前に出てきて歌う様な、音像が近づいてくる感じがあります。ピアノの音色は滲みや揺らぎが消えて明確になりますが決して硬く成るわけではありません。色彩感が出てくるような感じです。

外部クロックの導入も含めて忘備録としてネットワーク配線図を上げておく

20230423-64800

ここ数ヶ月の間の変更点で音に対して影響が大きい順位で並べてみる。

1. Silver Running Platinum Signature USB Cord 

2. Primo Piatto Labの大型仮想アースビッグモノラル+Silver Runningアースケーブル 

3. SFORZATO PMC-Libraマスタークロックジェネレーター

4. KRYSTAL RCA II オーディオみじんこケーブル

5. JBL3Wayマルチ TWのタイムアライメント調整 (MIDドライバー下にマグネシュウム粒 配置)

の順位である。2.3.は殆ど同順位ぐらいの位置づけです。

オーディオケーブル入れ替え KRYSTAL RCA II

3月に「音像定位が左にずれる。」という記事を書いたが、実はその後も時々この症状が出ているのです。
原因は同じでプリアンプからマルチアンプ(リニアテクノロジーSa32)に繋いているMIT RCA cableのコレクトチャックが緩んで来て導通が不安定になるのです。
MIT RCA cableはコレットチャック式プラグなので結構キツめに〆ているのですが、それでも時間が経つと自然に緩んでくるのです。これに気が付かないと徐々に劣化した音を延々と聞いてしまうこと成ってしまうので精神衛生上とてもよろしく無いです。最近は音楽を聞く前に片チャンネル毎に音出しをして左右の音が同質で再生されているのか比較チェックするように成ってしまいました。(笑)

15002000mit_20230423142901

マルチアンプ・リニアテクノロジーSa321はディバイディング・フリケンシーをJBLに特化させていて7kと500Hzのネットワークを内蔵し信号を3ウェイ化します。ハイとミッドを受け持つ 合計4ch分のパワーアンプを内蔵していて、各々のスピーカーアウトを備えています。Lowだけは外部アンプを使用するためのプリアウトのみとなります。フロントパネルで3wayそれぞれ、ゲインを調整できるようになっているのでとてもスマートにマルチ化が出来ます。
MIT cable のコレットチャックが緩んでしまう原因をもう少し詳しく調べてみると、この下の写真を見て解るようにリニアテクノロジーSa321は背面パネルの右上面に配置されているLow, Thru、Preamp、端子のレイアウトがとても窮屈にレイアウトされているのです。と言っても昔はみんなこんな感じだった訳ですけど、MITの様な大型のコレットチャックプラグを差し込むとプラグ同士が干渉してギリギリ締め付けられるかどうかの状態なのです。更にMIT cableには大きな箱が着いていて重量もありますから、締め付けた後も引っ張る方向の重量負荷が掛かってくるので徐々に緩むのだと思います。
Ltsa321b
そこで少しでもリスクを減らすためにプリアンプからリニアテクノロジーSa321に繋いでいるRCAコードをKRYSTAL RCA IIと言う“オーディオみじんこ“と言う会社が販売しているRCAコードに変更することにしました。このケーブルは軽量でRCAプラグも小型です。Sa32への接続に問題は全くありません。プラグは非常に精密にできています。購入する前にいろいろ調べた結果ではKRYSTAL RCA IIと言うケーブルは銀メッキの導体、シールド、銀メッキプラグのRCAプラグを組み合わせています。コードの中央にあるスタビライザーはシースに溜まった電位を除去する効果を持っているそうです。どうも僕はシルバー系の音が好きなようです(^_^;)
1500mizinnko
実際の音出しでの感想ですけれど、このケーブルは銀メッキの導体、シールド、そして銀メッキRCプラグという構成なので予想した通りに非常にクリアかつリアルな音を再生します。音質の傾向は音像型です。 大変にクオリティの高いケーブルでとても現代的な音のするケーブルです。MIT MI-330 plus Series2 Inter connect Cableの中にこのケーブルを一本混ぜた事になりますが、不思議と違和感は無くすんなりと馴染みました。これで少しでもコレットチャックの問題から開放されたので、点検はLowに繋いでいる一本だけすれば好いことになりました。

 

2023年4月18日 (火)

Silver Running のハイエンド Platinum アース ケーブルを購入しました。

Silver Running のハイエンド Platinum アース ケーブルを購入しました。
本質的にアースケーブルに投資するなんて...今までのアタシには有り得ない行動なのですけど

1500silverrunning3
Primo Piatto Labの大型仮想アースHigh Trans Tourmaline Plusビッグモノラルを導入してメインシステムで使っているリニアテクノロジーのプリアンプに繋いだ所、物凄く効いて良い感じになっちゃったんですね。
もう一つSilver RunningのUSBコードがこれまた想像を絶するくらい凄いので、このPrimo Piatto Lab仮想アースとSilver Runningから出ているアースケーブルを組み合わせると一体どうなるんだろうと考え始めたらポチッの欲望を止められませんでした。...笑

1500silverrunning

3日ほど前に入手してから聴いています。リニアテクノロジーのプリアンプにはアースターミナルが有るのと、このプリアンプを核にしてパワーアンプにも配電していますから、影響が大きいのは予想していましたが良い意味で、ここまでシステムに対して支配的に影響するのかと驚いています。帯域バランスはどこにも過不足が無くて驚くほどナチュラルでフラットです。

1500silverrunning2

いやぁ 今までもう少し欲しいなと思っていた高域の伸び(シンバルのハイハット)なんかが出てくるんですよねぇ不思議だわ 

2023年4月 6日 (木)

Silver Running USBコード

Silver Running Platinum Signature USB Cord 1.0m
このケーブルは機会があってオクで入手しました。Silver Running (シルバーランニング)初期バージョンの様です。一時期日本での販売が無くなったようですが今は復活していて、このケーブル現在はバージョンが変わってSILVER RUNNING Platinum Generation USB Cord と成っています。

1500silver-running-usb

セッティングとしてはDELA N1ZのUSB接続用A端子から繋いでSOULNOTE D-2へのUSB B端子に使用しました。
聴き始めは若干モッタリとした音が塊で出ていたので、「おや?」と思いましたが、1時間も聴き続けるうちに霧が晴れたようにハッキリクッキリとクリアで立体感のある音質になってきました。接続して早々に好い傾向が出てきたので驚きました。

再生音の傾向としては情報量が多く全体的に万遍なく密度感の有る分厚い音を出してきます。とても解像力があるのですが、相反する音の柔らかさも共存しているのが不思議です。極めてナチュラルで生々しさを感じさせる情報量とハイスピード、ワイドレンジを併せ持ったケーブルだと思います。これが宣伝文句にある特殊クライオ処理を施した導体を用いた高性能オーディオケーブルシリーズの実力なのでしょうか...ちょっと今まで体験したことのない音のコードなのです。

1500silver-running-usb2
私のシステムで定番として使用している。USBコードMilky beams outを早々と抜いてしまいました。このコードも本当にワイドレンジで高性能なんですけど...Silver Runningはちょっと次元が違う製品でした。

銀色の(多分アルミ合金ブロックでしょうか?)スタビライザーは可動式に成っていて好きな位置に移動させることが出来ます。移動させる場所で音も違ってきますが、A端子寄りの位置が一番、音楽的に躍動感が出るようです。結構な重さがあるのでUSB-A端子の下に支えを入れてやらないとちょっと心配です。ケーブルの振動を止めるスタビライザーの効果はとっても理にかなっていて、自分でも今まで他のケーブルで実践していたことです。

1500silver-running-usb5

このケーブルの帯域バランスはどこにも過不足が無くて驚くほどナチュラルでフラットです。低域も十分に出て伸びて居るのですが、出過ぎた感はなくて控えめに感じます。そして低域の分解能と言うとか低域の音階やベースラインもよく分かるのが凄い所です。
女性ボーカルやクラシックを聴くのにも間違いのないケーブルだと思います。高音域の歪みが少なく、サ行が尖ってキツくなる様な音は皆無です。このコードが再生してくれる陰影のあるリアリティ感は本当に素晴らしいです。

最近入手した井筒香奈江のアルバム「時のまにまに Ⅴ」は 防音が全く施されていない『寺院』で録音されているのです。flac 192kHz/24bitと言うハイレゾファイルでシステムの機材などを変えた時にこのアルバムで音を確認する様にしています。Silver Running USBコードでは今まではこれほど明確には聴き取れなかったボーカルの反射エコーが聴こえてきました。それと「月に濡れたふたり」ではベースギターの弦の上を指がなぞる音がはっきりと聴こえて来ます。「こんな音が入っていたんだ」と…とても驚きました。

20230406-64417

一般的なコードはそれなりに好くも悪くも固有の癖があるのですけれど、Silver Runningは積極的に音を作り出すタイプのケーブルではないし派手な所もないので一聴すると物足りないと感じる人も多いかもしれません。しかしじっくりと聴き込むと分かりますがレコーディングされた音、そのものの音を出している事に気づきます。そして今まで以上に録音ソースの良し悪しが分かる様になります。再生音は全体的に底上げされているので聴きなおすのも楽しいです。自然に近い音を再生してくれるのでずっと聴いていたくなります。
あまりにもナチュラルに全帯域に音楽データを送り込んでくれるので、バランスを崩しているシステムに使用した場合は、ボーカルなどでサ行のキツイ音が目立ってしまったり、低域が強調されたりしてしまう事があるかもしれません。自分のオーディオシステムの欠点も指摘してくれるケーブルだと思います。今回このケーブルの導入前に念入りにケーブルの接続確認を行ってバランスを調整していた事もあって結果は上々でした。

1500silver-running-usb6

忘備録としてNetwork Audio接続図とオーディオ機材の配線図を追記します。NasからはすべてUSB接続にしました。Milky beams outはfidataとBrooklyn Bridgeの間に使うことに致しました。

20230407-94553

2023年4月 3日 (月)

『虚無』ただ、そこに居る・・・・

200円をいれてガチャッと回すと出てくるカプセルの中にこのヘンテコリンな人形が入っています。

15005

『虚無』ただ、そこに居る・・・・シリーズ

◆ラインナップは5種類あるようです。
<1>ウーパールーパー
<2>ポメラニアン
<3>ロップイヤー
<4>ダックスフント
<5>ボスネコ

15003

200円入れて回すガチャは今の所何が出てくるかわからないのですが、3回、回してボスネコとダックスフンドが二匹出て来ました。笑

1500filter

面白いので気がついた時に買ってみようと思っています。コンプリートできるかな

ちなみに上の写真でグリーンのパイロットランプが点いているのが、ロシア製MILスペックオイルコンデンサーを組み込んだ、オーディオ電源用フィルターです。これが良いんだなぁ

ロシアはウクライナに侵略して、とんでもないことに成っちゃってますから、オイルコンデンサーとか真空管とか...こういうアナログなロシア製の部品は今後は手に入らなくなるんでしょうね

« 2023年3月 | トップページ | 2023年5月 »

フォト
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ウェブページ