« 音像定位 が左にずれる。 | トップページ | 彼は誰かに知らせたかったのかもしれません。 »

2023年3月26日 (日)

Network Audio接続図とオーディオ機材の配線図が完成した

Network Audio接続図とオーディオ機材の配線図にケーブルの種類を追記して忘備録が完成したので記載する。20230326-155817

iPad Proや iPhone12ProMaxに入れてあるAPP( fidata Music / mConnect control / KAZOO / Linn / Audirvana)でDELA N1Zやfidata HFAS1 やQNAP NAS HS-210 を動かして選曲などを行います。基本的にDMR / Open Homeのどちらにも対応しているのでキビキビ動いてくれますから、ストレスはありません。

DELA N1Zに入れてある音源はUSB接続でSOULNOTE D-2に繋ぎリニアテクノロジー マルチアンプを核にしてJBL3Way マルチシステムを駆動している。このシステムが我が家ではメインシステムに成ります。

fidata HFAS1はEthernet接続でBrooklyn Bridgeに接続しTD520SW - ECLIPSESub Woofer に繋いで、更にTD520SW - ECLIPSE Sub Wooferを経由してリニアテクノロジー M-032 PowerAmpでソナス・ファベールを駆動しています。 Brooklyn Bridgeのボリュームコントロールを使っていますから実質プリDACの役目を果たしています。ものすごくシンプルな構成で、これが2nd システムです。

Olasonic NANOCOMPO NANO-NP1はNAS QNAP HS-210の音源を呼び出して使うことも出来ますが、 APPLE TVから受けたSpotifyやAmazon HDをSPDFでSOULNOTE D-2やBrooklyn Bridgeに繋いでくれています。

別室の PC Mac miniに入れてある Audirvanaを使ってDELA N1Zやfidata HFAS1を駆動することもできるので非常に多機能なネットワークオーディオに成っています。

1500room2

« 音像定位 が左にずれる。 | トップページ | 彼は誰かに知らせたかったのかもしれません。 »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 音像定位 が左にずれる。 | トップページ | 彼は誰かに知らせたかったのかもしれません。 »

フォト
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ウェブページ