« クラフト ジン KI NO BI 京都蒸溜所 | トップページ | 伊豆の温泉行 »

2022年7月 2日 (土)

ワイヤーワールド Electra Reference-3 電源ケーブル

ワイヤーワールド
WireWorld Electra Reference-3 です。かつて2000年代前半頃に日本で一番人気の出た海外製の高級電源ケーブルと言えるでしょう。設立当初の1992年から2005年初頭頃まで二重同軸構造でケーブルデザインしてきました。その肝となるコンストラクションは、2重円筒同軸というもので、内部は中心に配した円筒形の樹脂製コアに導体をスパイラル状に巻き付け、それを絶縁した上から更にもう一層導体を巻き上げた、2重からなる円筒形状の 同軸(コアキシャル)構造です。
以前から使ってみたいと欲求は有りましたが、縦型ラックに収納してオーディオ機材のバックパネル側に余裕がない環境だとこのケーブルは使えません。今回底床オーディオラックに替えたので可能性が出てきました。

Ssw

初めて使いましたけれど、取り回しに苦労すると注意されていた通り、滅茶苦茶に固くてゴツいです。
そして重量も有りますから単に差し込んだだけだと受け側機材DELA N1Zのインナーソケットに相当な荷重が加わります。ダメージが心配ですから受け口を下から支えてやるために受け皿に成りそうな物を探したら、LUMIXのバッテリー充電器(壊れたのに捨てずに持っていた)がピッタリでした。これで少し安心です。笑

Ssw4

WireWorld Electra Reference-3 は重量が有りますから、何もしないでぶら下げるようにつないでいると経時で機材へのダメージが考えられます。ケーブルがとても硬いので床に這わせると床から伝わる振動も心配です。どうしようかなと思案して思いついたのは、押し入れに有った写真用三脚(ミニGITZO)で支えることにしました。これを使えば下から支える時に高さ調節もできるし、振動対策もOKでしょう。なにせジッツオですから..笑

一番最初に繋いだだけの時の印象を言うと音圧が上がったかと思うくらいエネルギー感があって中低域の量感も凄くて、ちょっと出過ぎですかと思うくらいドバドバ出ていました。少し曇ったような気になる見通しの悪さがあって、これはコードの選択を間違えたかな?失敗したかなと思ったんですが、GITZO三脚で配線にストレスがかからないように支えたら、中低域のボンつきが消えて躍動感がでて高密度サウンドになってきました。上下の写真を見て頂くと空中配線の様になっているのが分かると思います。音はDELA N1Zのオリジナル電源コードの音とは雲泥の差です。

Ssw3

最終的にはインレットコネクターと受け皿にしているLUMIXケースとの間にシルクの緩衝布を巻いてやって完成です。元々インレットコネクターはゴム系の材質で作られていて振動対策もよく考えられているのですが、なにせ発売されてから既に15年以上経過しているコードですからちょっと配慮して使うのが良いと思います。音出しは時間で変化もしてきますが、ここまでの対策を積み重ねた音は、非常にエネルギー感のあるゴージャスで華やかな音です。華やかと言っても決してうるさいわけではなくて、ピラミッドバランスでスケール感の有る音です。僕はメインシステムのラインケーブルはMITでつないでいます。MITは高忠実度なHi-Fi音質と低域の表現力や音像と音場の描写力にとても優れているのですが、やや箱庭的になりやすい傾向があります。パワーケーブルをWireWorldにして補完するのは方向性としてとても合っているのではないかと思いました。

Ssw2

うちの機材はネットワークプレーヤーMytek Brooklyn Bridgeからの配線がキモで、なるべくストレスがかからないように真っ直ぐに引いてやると、伸び伸びと鳴るのです。  それにしてもワイヤーワールド Electra Reference-3の取り扱いにくさは想像以上でした。 この素晴らしくゴージャスで絢爛豪華な音と引き換えにするコード配線の難しさはこれ一本で十分かなと思います。オーディオアクセサリー誌の試聴室のリファレンスとして、試聴テストの際には常に使用されていて大活躍したと言われているんですけど、ほんまかいな?と思ってしまいました。多分正しい使い方としては、壁コンセントから電源タップまでにこのコードを入れるのが正解ではないかと思っています。



« クラフト ジン KI NO BI 京都蒸溜所 | トップページ | 伊豆の温泉行 »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« クラフト ジン KI NO BI 京都蒸溜所 | トップページ | 伊豆の温泉行 »

フォト
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ウェブページ