« Adobe Camera RAWに「スーパー解像度」機能が追加されました。 | トップページ | Sasuke Inari Shrine Kamakura / 佐助稲荷神社 鎌倉 »

2021年3月15日 (月)

Adobe Camera RAW ver13.2「スーパー解像度」機能

引き続きAdobe Camera RAW ver13.2「スーパー解像度」機能について検証

Panasonic DC-S5にLeica TLレンズ 

APO-MACRO-ELMARIT-TL F2.8/60mm ASPHを組み合わせての撮影です。

APS-Cレンズですから自動的にクロップされて 3:2の縦横比の画像で
6000X4000  → 3984X2656 ( 5.7M) になります。

FrickerにUpするとX-Large 4K (3984 × 2656) に成りました。 下の画像をクリックするとご覧になれます。

51035123821_8032963978_c

スーパー解像度を適応すると3984X2656 (5.7M) → 7968 × 5312 (17M) の解像度に成ります。

FrickerにUpするとX-Large 6K (6144 × 4096)に成りました。 下の画像をクリックするとご覧になれます。

51035123821_8032963978_c

二枚の画像を比較して頂くとよく分かります。 スーパー解像度を掛けて倍の大きさにしても全く劣化すること無く、解像度が上がっています。「うわぁ〜ここまで出来るんだ」という驚きを感じます。Adobe 恐るべし

やはりRawデータに スーパー解像度を施して画像処理するのが一番良いと思います。「シャドウ・ハイライト」、「明瞭度」、「かすみの除去」、カメラプロファイル、レンズ補正、「Uplight」などを手掛けてきたメンバーが対応しているようです。これらの機能は多用するので馴染みがありますね。スーパー解像度は現在Camera Raw 13.2で提供されており、LightroomとLightroom Classicにも近日中に提供される予定だそうです。とても楽しみです。 

« Adobe Camera RAWに「スーパー解像度」機能が追加されました。 | トップページ | Sasuke Inari Shrine Kamakura / 佐助稲荷神社 鎌倉 »

Leica Digital」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Adobe Camera RAWに「スーパー解像度」機能が追加されました。 | トップページ | Sasuke Inari Shrine Kamakura / 佐助稲荷神社 鎌倉 »

フォト
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ウェブページ