« Evernoteよ さようなら | トップページ | BMW X4 M Competition »

2020年12月 9日 (水)

Dell デジタルハイエンドシリーズ U3818DW 37.5インチ ワイド曲面モニター

最近はコロナで在宅ワークが増えたのと同時に、この7月からは個人事業主としてコンサルティングの仕事も始めました。
本当に自宅での自分の机が仕事場になりましたので、仕事場のネット環境と設備への投資を事前に少しづつ進めてきました。

Blogにも書いていますが、ネット環境の改善を狙って、ホームネットワーク再構築をいたしました。auV ホーム5Gを新たに開通させて激遅 ソフトバンクのフレッツ光を切り捨てました。コロナになる前から準備しておいてよかったです。

ルーターも時代遅れのAirMac ExtremeからTP - Link Archer C5400に変更して5GhHzでWifiが繋がるようにしました。
チョー快適です。(^^/

PCもMac mini 2018のオプションマシマシ仕様でメモリ は 32GB 2,666MHz DDR4にグレードアップしました。

ですが今回新たに8コアCPUと8コアGPUを搭載したApple M1チップのMac miniが登場してやたら高性能かつコスパ抜群なんで、ちょっと悔しい思いをしています。
家の長男がM1チップを搭載したMac Book Airを購入したので、見せてもらいましたが滅茶苦茶ウルトラスムーズに動画の再生や、発熱しないでパワフルに動作するので驚きました。 まあこればかりは仕方ないですね。

でも悔しいから、ちょっと散財して DELL U3818DWを買ってやりました。マルチで使って株価のモニタリングができるというのが購入にあたっての自分への言い訳です。 DELLの直販で購入しましたらブラックフライデーのクーポンが付いていて20%くらい割り引いてくれて、定価165,800円(税抜)が123,977円でした。配送料がしっかりと2,000円取られてたので、アマゾン経由で買ったほうが良かったのかもしれない。

Untitled

U3818DWはウルトラワイドの曲面パネル(3840×1600ドット)を採用した37.5インチモニタです。約90cm弱の横幅があります。IPSパネルなので視野角はとても広いです。解像度も申し分ありません。
なんで今更4Kモニターではなくてこれなの?というと値段的にも魅力的な4Kのデジタルハイエンドシリーズ U4320Q 42.5インチ 4K USB-Cモニタ-はsRGB色域, 96%なんですよねぇ...まあ実際には問題ないのでしょうけれど、スペック至上主義の僕的にはちょっとヤダ!
この DELL U3818DWは色補正済みのほか、sRGBを99%をカバーする色再現力があるので、パネルの管理も個別パネルキャリブレーションレデータが付いてきたりして、厳密な色の管理が求められる環境でも使える要するにAdobeで写真の現像に使えますね。
これが大事!
湾曲モニターなので曲がっている感を映したくて、SIGMA Art 35mm F1.2 DG DN L-Mount で斜めから撮ったら両端のベゼルがボケボケの写真に成っていましました(笑)

Dellwq38

最初は46インチの4Kモニターなども候補として考えました。
最近では価格がだいぶ下がってきていることや、なんといっても表示領域の広さ(フルHD 4 枚分)が魅力なんですが、大型モニターは実際に現物を見て慎重に確認することが大切です。自分の仕事机の上に乗るのですから…メジャーを持参して計測するのが一番です。
平面ディスプレイで 40インチを超えてくると縦方向がデカイです。そそり立つような圧迫感がありますね!机に座ってモニターとの距離が近いと見上げるようになって首が疲れます。そして平面ですから画面の端に近い部分が見づらくて首を左右に振らないと 見渡すことができないのです。

結局 縦方向の表示領域はすこし少なくなりますが、37.5インチの曲面ウルトラワイドモニターを購入て大正解でした。

Dell38

冒頭にも書きましたが、株式投資関連のWebパージを3枚位貼り付けながら眺められるのはとても見やすくて嬉しいですよ。作業能率も上がりますね。歳をとってくるとネット上での煩雑な売り買い等の手続き等は手順を記憶していて進めるのが難しくなってきます。処理手順のページを左側に表示して確認しながら同時にもう1〜2枚の頁をプラウザで開いて処理できるのはとても安心できます。

ちなみに ここ数日に掛けてネットから携帯電話のMNP手続きとiPhone12 MaxPro新規購入手続きをau Online Shopでやってみました。一応無事に手続き完了したんですが...もうね...申し込み手続きWeb表示が複雑怪奇で予約番号を忘れるなとか注文番号記入しろとか、確認用パスワードなんかも何回も飛び交ってジジイには結構難易度高かった(笑)このワイドモニターが有ったから出来た感は半端ないですよ。

あとは新しいiPhoe12が届いてから回線開通の手続きをして、アクティベートとデータ移行を行うわけですが、これは過去にもやっていて経験値ありますので、余裕こいてます。

 

« Evernoteよ さようなら | トップページ | BMW X4 M Competition »

デジタル ガジェット 携帯」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Evernoteよ さようなら | トップページ | BMW X4 M Competition »

フォト
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ウェブページ