« Panasonic Lumix S5 本日発売日! | トップページ | Panasonic DC-S5 静止画撮影でAF ・ピント合焦スピード. AF-CモードでのEVFの揺らぎや音の検証 »

2020年9月25日 (金)

Panasonic Lumix S5 本日到着し現在は誠心誠意、弄り倒しております。

Panasonic Lumix S5
本日到着し現在は誠心誠意、弄り倒しております。

第一印象 ネガティブ 編

シャッター音がショボイ と感じた「カショッとカスッ」の中間ぐらいで、どちらかと言うと 「カスッ」に近い
LUMIX DC-S1Rが 小さく品のある音で「パラッ」と切れるのと比較するとガッカリするが、ライカTL2の「パヒョッ」と比較するとまんざら悪いと言う事でも無くて、まあこんな物かと思う。S1Rが良すぎるので、比較してはいけないと思う。

ファインダーの見え方が、いまいち暗く感じた これはデフォルトはAUTO設定に成っているので、調整は可能だ。多分省電力設定なのだろう。
ついついDC-S1Rの576万ドットの有機ELパネル高細密ファインダーと比較してしまいがちになるが、S5のEVFは236万ドットのOLED。倍率は0.74倍だ お金の掛け方の違うフラッグシップモデルなのだから、これも比較をしてはいけない。 

カード内の全画像消去がDC-S1Rと違って、消去ボタンからできないのが面倒くさい。

決定的なのはAFの安定と速さのUP(アルゴリズム)の見直しです。「 DC-S1より進化した。」と言われているので確認しました。確かに静止画撮影でのAF-Cでのなめらかな安定度は驚くぐらい進化した。……….が、それはLUMIXレンズとの組み合わせの場合に真価を発揮するようだ。
LEICA ズミルックス TL35mm F1.4 ASPHは古いタイプのレンズになるのか、AF-Cでのピント合わせはモーターの音もEVFの揺らぎも大きいし、DC-S1Rと装着比較しての優位性は無いのが残念だ。ちなみに比較的新しいApo-Summicron-SL75mm F2.0 ASPHはデュアルモーターが功を奏しているのかAFの駆動音も静かだしAF-Cでの揺らぎも少ない。
標準ズームレンズキットで着いてきたLUMIX S 20-60mmが安定して無音でAFするのに、ズミルックス TL35mm F1.4のAFがガシガシ言うのはちょっとイラッとします (笑
今回 一番期待した性能でしたが、少しばかり残念な結果になりました。 これがファームアップで改善されるのかどうか?わかりませんが、人柱になりましたので、僕と同じ様にライカレンズのサブボディにしようと検討されていらっしゃる方はご参考にされてください。

Dcs5

第一印象 ポジティブ 編

なんと言っても 小型 軽量 本当に小さくて軽いのだが、それなりの剛性感と高級感が有る。所謂カッチリ感というのは兄弟機種DC-S1から引き継いでいて、安っぽさは微塵も感じない。長年のライカOEMで鍛えられたのだろうか .. 笑
手に取ると愛おしく感じる。外観処理でケチっていない感じがして、上手な製品の作り込みを感じる。あえてケチをつければカードスロットの蓋の質感がプラスチックぽいぐらいだ。

LUMIXはDC-S1Rしか使ったことがないが、基本的に操作ボタンやメニューは同じなので、全く戸惑うこと無く設定のカスタマイズを行うことができた。 驚くくらい細かくカスタマイズが出来るので、DC-S1の下位機種とは思えない。ポテンシャルが有ると思う。

ゼブラパターン表示で「すでに白飛びしている部分」と「白飛びしそうな部分」を同じ画面で確認出来るように成った。露出補正と組み合わせて使うと、今まで以上に、露出に配慮した深みのある絵が撮れるかもしれない。

ネガティブ編でがっかりしたような事を書きましたがライカTL2のAFと比較すれば雲泥の差で素早くAFするので、最初の目的である小型軽量・素早いAF・EVFでの撮影・迅速なマニュアルFなど盛りだくさんの改善内容で、使えるライカTLレンズになりました。
TL2と2ボディ体制で一緒に持ち出しても良いし、今回のキットレンズLUMIX S 20-60mmやLUMIX S PRO 16-35mm F4等をライカTLレンズと混ぜて持ち出しても好いと思う。
今回誂えたマルベリーのメッセンジャーバッグに余裕で入るサイズなのでこれから楽しみだ。

画像関連はこれから、撮影をくり返して確認しようと思っていますが、アドビのRawが対応していないので、まだ先のレポートになりそうです。

追記 : 未だ試していなかったElmarit-TL 18mm F2.8 ASPHをLumix S5に装着してAF-Cで225点AFや追尾モードを試したところ無音で、Pana LUMIX S 20-60mmと同じくらいスムーズに合焦しました。正直とても驚いた このレンズはPana生産と言われてますよね 笑

 

« Panasonic Lumix S5 本日発売日! | トップページ | Panasonic DC-S5 静止画撮影でAF ・ピント合焦スピード. AF-CモードでのEVFの揺らぎや音の検証 »

Leica Digital」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
私のところにも昨日、S5が来ました。
S1系の下位機種ですが、剛性感は上位と変わらない感じです。
さて、TL 35/1.4のピント合わせの件ですが、AFに関してはボディだけでなくレンズの方にも責任がありますので、最新ボディとはいえ、あまり大きな期待をかけるのはボディが可哀想な気もします。まして相手はライカレンズですし。(^^;
TL 35/1.4は私もTに装着して使っていましたが、両者の相乗効果?でAFは爆速とは言えないですね。(^^)
余談ですが、シグマでは自社のLマウントボディ fp発売以前のライカレンズについては100%完全互換を保証していないそうです。
m4/3でもオリとパナ、相手側のレンズを装着した場合にはボディの機能全てが動作しない場合があります。
なので、Lマウントアライアンス三社も完璧な・・・完全互換は期待しない方が良いのかもしれませんね。

KONDOHさん こんにちは

こう言うレビューを上げると、ネガティブなところに反応してイメージが広がり兼ねないので、改めて申し上げますが、S5のAFは優れています。DC-S1Rと比較しても進化しています。
TL 35/1.4のピント合わせに難があるとは言っていないのです。誤解なきように、さらに良くなるのかなと期待した部分で外れたという事です。笑
KONDOHさんの言われるように過大な期待は可愛そうですね
しかし 気になるものは試さなくてはと言うことで
手持ちの全てのLマウントレンズをS5に装着してみました
Pana純正の組み合わせの様に滑らかなAFーCの動作が再現できるLeica Lマウントレンズは2本
そして明らかにAFの動作が改善されたと判るLeicaレンズが2本ありました。
シグマは元々DC-S1Rで使っていますので、大きな変化はありませんね

そこら辺のお話はまたBlogで書きたいと思います。

こんにちは。初めましてです。
以前からSLユーザーなので、拝見しておりました。
summilux TL 35mmはS1系統に装着するとクロップされるのでしょうか?

jakeさん こんにちは

APS-CのライカTLレンズを装着すると
自動的にクロップされます。

参考までに 画像サイズですが

DC-S1Rだと3:2の縦横比の画像で
8368X5584 (46.5M) → 5504X3664 (20M) になります。

DC-S5だと 3:2の縦横比の画像で
6000X4000 (24M) → 3984X2656 (10.5M) になります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Panasonic Lumix S5 本日発売日! | トップページ | Panasonic DC-S5 静止画撮影でAF ・ピント合焦スピード. AF-CモードでのEVFの揺らぎや音の検証 »

フォト
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ウェブページ