« Take away French cuisine | トップページ | 捩花と鬼百合 »

2020年6月 2日 (火)

これはMacBook Proではありません。

パッと見てこれが何だか分かる人は、相当Macやガジェットに詳しい人です。
これはMacBook Proではありません。

By

バックライトが付いたキーボードUS配列 Macでお馴染みにのファンクションキーも付いてます。
そしてTrackpadが付いてます。キーボードの形はMacBookに似てますが。…………これって


はい 
正解は
BRYDGE PRO+ Wireless Keyboard w/Trackpad for iPad Pro (2020 & 2018)です。11インチ

246472ba17754b12abbf161c3167ede6

5月19日にオーダーを入れてから、届くまでに結構時間がかかりました。品物を預け入れされてから、香港のFedexで4日間程 行方不明に成ってました。

iPad Proは手書き主体で使うんだとか、別体のロジのキーボードでさんざんあ~でもないこ~でもないと言った割にはあっさりと一体型キーボードに逝っちゃうのかい! オイオイ! 「ハイ! 逝ってしまいました。」

あのカッコイイApple Magic Keyboardのデリバリーが始まって、USキーボードだったら即日入手できたこの時期に何でわざわざBRYDGE PRO+ なの?

そしてこの製品のTrackpadの動作クォリティはApple Magic Keyboardに遠く及ばないと評価悪しです。

え〜っと 理由はですね
へそ曲がりだからです。と言うのは冗談で、「30%くらいは本当かも」正直な所の本音はキーボードに¥34,980(税込み)を支払う気持ちに成れなかったからです。
とはいえBRYDGE PRO+も輸送費を入れると$243.14ですから105¥換算で25,500くらいに成っちゃいます。BRYDGEを買うことで受けるであろうリスクの事を考えると、なんで素直にApple Magic Keyboardにしなかったの?と随分反省しました。発注してから後悔してるんですから、ちょっと変な人です。
もちろん奥さんには内緒です。キーボードを幾つ買ってるんだと...(^^;;;;

キーボードに取り付けてバックカバーを着けるとこんな感じです。 カッチリとした塊感が凄いです。ずっしりと重量も感じます。総重量1.10kg ううぅ〜むMacBook Airとそんなに変わらないぞ…(^^;;;;

Ycover

実はですね、このBRYDGEと言う会社の製品って、良い意味でのUSAクォリティです。 例えば、BOSE・HARLEY-DAVIDSONやカメラ機材で言えばRRS(Really Right Stuff,)の様な質実剛健で骨太な良い製品を作っている会社ではないのだろうか?と思ったのです。
多分純なアメリカ人はAPPLEのキーボードよりこちらが好きだと思う。僕もそういう匂いを嗅ぎ取ってこちらを発注してみたのです。
結果 大正解!
Appleもそうですが、この製品も中国でアッセンブリされていますけど、製品クォリティは非常に高いです。ただ単純に綺麗とかと言うのではなくてキチンと管理された品質が感じられます。

この製品は物凄く単純な機構で、iPad Proをキーボードに付いている。ヒンジに押し込んで取り付ける方法で、ギミックも何も無いシンプルと言えばシンプルなんですけど(笑)そういう製品はどこでも作れるしコピーも出来るので、安かろう悪かろうで、リスクが大きいのですよ。

20200602-94145

現物を見て発注したわけでは無いので(日本では売ってません)このアナログチックな取り付け方は不安定だったり、グラグラしないのかしら?などと不安な要素がいっぱいだったのですが、実際に届いてiPadを取り付けてみると華奢な所は一つもありませんでした。大変に上手く作ってあります。(一旦取り付けると、便利なのと、取り付け取り外しが少々めんどくさいので、付けっ放しに成ると言う困った問題はあります。)(僕はiPadの液晶に厚みのある保護用ガラスフィルムを貼っているので、取り付けがキツイのかもしれない。取説にはフィルムは貼るなと書いてあります。)

キーボードのタッチや感触はご本家を上回る快適性です。正直驚きました。 キーボードの筐体はアルミです。Appleの様にアルミの塊から切削は行っていませんが十分に高品質です。商売柄 製品の裏側のチリまで隅々をチェックしましたけど、よく出来てます。この質感を維持するのはけっこう大変だと思います。一点だけ製品の裏に貼ってあるシリアルナンバーの付いたバーコードラベルがほんのちょっぴり斜めってる所が、唯一チャイナ! ちなみにこの会社の製品は製品登録の必要がありません。顧客登録をして購入イコール製品登録に成ります。

で...問題のTrackpadの動作クォリティですが、まあこんなもんでしょ

というのは評判の悪いWeb スクロールの動きとかはショートカット⌘+↓で対応できるし、唯一Access App Exposeのやり方が不明でしたが、試行錯誤して出来るようになりましたので、OKです。
文字入力での使用には全然問題ありませんので僕的には許せる感じです。

Ycover2

まあマジックマウスも併用しますので、問題ありません....て益々

これだとiPadじゃ無くなって居るような気もするんだけど...なはは

追記 20/Jun/4

20200604-85828

トラッパッドの動作改善アップデートは済ませて有ったんですが、もしや!と思い立ちもう一度インストールしてみました。

20200604-85903_20200604100501 

結果 2本指でのスクロールや右クリックのポインタ動作も含めて見違えるようにスムーズになりました。ごめんごめん事前に調べて自分に刷り込んでしまったネガティブイメージで、こんなもんだろうと判断してました 。5月29日にお知らせが来た新しいファームウェアVer 1.0.3 これが本来の実力だったんだね!これは良いです。凄く嬉しい!やってみるもんだね。

 

« Take away French cuisine | トップページ | 捩花と鬼百合 »

デジタル ガジェット 携帯」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Take away French cuisine | トップページ | 捩花と鬼百合 »

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

他のアカウント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ウェブページ