« Audirvana Version 3.5.35とデスクトップ オーディオ | トップページ | Take away French cuisine »

2020年5月27日 (水)

Mac mini 2018 発熱対策

“ Mac mini 2018 発熱対策 “ でググるといっぱい出てきます。
Mac mini 2018のCPUを最高にカスタマイズした場合 Core i7 8700B 6コア 12スレッドです。当に僕のMac miniがそれなんですけど、この小さな筐体に6コア12スレッドのCPUを詰め込むのは少々無理があるのではなかろうかという事で、負荷をかけた際にMac mini 2018が爆熱状態になるというのは国内外で有名です。それだけに皆様 色々と涙ぐましい対策をされているのを画像で楽しめます。

通信回線やルータの変更などの改善と在宅ワークで自宅のメインPC Mac miniの稼働率も抜群に上がったわけですけれど、特に不具合が出ているわけではないのですが、何気にMac miniを触ってみたら結構 あっちんちん 状態に成ってるじゃありませんか! (^^;;;;
これから夏場に向かって室温も23℃くらいに成ってくると、「やだなぁ」と…
という事で HDD Fan Control (実は以前iMac27でHDD交換を行った時に導入したソフトです。)を開いてみると結構温度上昇しています。このソフト実装してますけど、Mac miniでは真面目に使ったこともなかったです。一応 システムに常駐してるので温度は見れます(笑)色々ファンの回転数とか、稼働温度範囲を設定できるんだけれど、Mac miniで無理やりファンコントロールしたりすると、機材の寿命が縮みそうなので、今回はこれは使わずにデフォルト状態にしてます。

で何をしたかと言うと、物理的な対策です。原始的ですけど一番効くやつです。ハイ
放熱対策の為のヒートシンク アルミ 放熱板です。 サイズは80mm × 100mm × 27mm を2枚乗っけてます。この27mmというのが大切です(フィンの長さでふ…沢山あってなるべく長いのが良い)それだけ熱を逃がす面が空気に触れる面積が大きくなるという事ですから

Macmini2

20200527-84049

実はこのヒートシンクは以前BMW320dで使っていたAudisonと言うイタリアのCarオーディオメーカーのPrima Series AP8.9bitと言うパワーアンプを使っていたのですが、2018年夏の猛暑でアンプのサーマルプロテクターが働いでダウンした時に放熱対策で真面目にこのヒートシンクを貼り付けることを真剣に考えました。結局ゴルフバッグを積み込む時に当たるので止めましたけど…

こんなところで役に立つなんて!
でもう一つは強制排熱の為のファンです。所謂 USB扇風機 でも極力音の小さいやつという事で見つけました。
Keynice USB扇風機 卓上 & クリップ型 静音 ミニ扇風機 これ物凄く静かで取り付け角度調節自在で優れものです。静かです。え〜 お値段は¥1,480

20200527-82714

Mac mini 冷却ファンで検索するとこの手のパソコン組み込み用みたいなUSBファンが沢山出てきますが、これはPCケースに組み込むフアンですので買わないほうが良いと思います。(羽が小さいので音 どうしてもノイズが煩いです。)お勧めするKeynice USB扇風機も出力二段切替が出来て低出力の時は本当に静かです。

20200527-83212

それでは 舞台裏をご披露しちゃいます。
ヒートシンクは二枚並べてMac miniの上に乗っけているだけです。ヒートシンクの外側仕上げはそれなりですが、特にザラザラしたりしていませんから、大切なMacを傷つけたりする心配は要らないと思います。結構重量も有るので、乗せるだけです。
もうこれだけで発熱が随分と押さえられるのですが、モニターの裏に設置したワインの瓶をクリップで挟んで角度をつけて取り付けてたKeynice USB扇風機から、ヒートシンクに向けて低出力で風を送ってやります。何故そうするのかはヒートシンクのフィンとフィンの隙間に籠もる熱を間断なく新鮮な風で飛ばして温度を下げたいからです。こうすると更に効果バツグンに冷えます。ヒートシンク無しで風だけ当てても効果は低いのです。洗濯物なんかもそうですよ、天気が良くても風がないと中々乾きませんからね〜

Macminif

Adrvanaで 音楽再生を行うととたんに温度が上がり始めます。
手で触ってもMac miniの天板(リンゴマーク)が熱くなっているのが顕著にわかります。
が、今回の対策を行えば安心です。
20200527-112927

ヒートシンクを乗っけて、扇風機で風を送ってやるだけなんですけれど、ヒートシンクとか扇風機とかそんなに高いものではありませんが、何気に其々のクォリティが大事です。
↓こんな感じで常時45〜55℃あたりを推移してくれますので、安心しとります。
もし今後画像処理とか負荷をかけて、更に温度が上がって行く場合にはファンの送風を強にして様子を見てみようと思っています。

20200527-72700

« Audirvana Version 3.5.35とデスクトップ オーディオ | トップページ | Take away French cuisine »

デジタル ガジェット 携帯」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Audirvana Version 3.5.35とデスクトップ オーディオ | トップページ | Take away French cuisine »

フォト
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ウェブページ