« サントリー オールド 「だるま」に思うこと | トップページ | Mac mini (2018) USB3.0からの電波・ノイズ干渉 »

2020年5月10日 (日)

ちょっと失敗したかもしれないモバイルキーボード選び

今回 iPad Pr11inchモデルで軽量手書き主体でシステムを構築しようと思っていて、補完的な意味合いでロジクールのキーボード Keys-to-Goを買ったんですが、 結構良い値段したんですよ。….

Deskbest1

でも今猛烈に後悔しているのは、AppleのMagic Keyboardにすれば良かったのでは無いか?と言う事です。そこら辺はまったく僕の調査不足なんですね。僕のiPad Proは11inchですから横にすると25cmなのね。 そうすると若干Magic Keyboardがデカい事になる。大きさの比較だけで躊躇しちゃったんだなぁ
今のMagic Keyboardって重さ231gなんですね!厚みも最厚部で1cmと極薄です。12.9inchのiPad Proだったら間違い無くMagic Keyboardだわ…いやぁ 失敗したかも vc231gだったら十分にMobileになる重量じゃ無いですか。

でも最初は手書きに拘りましたから、iPadの週辺機々というかアクセサリーはなるべく軽量コンパクト(軽薄短小)で行きたかったんですよ。
まあそう言う意味で方向性としては間違っていないと思うんですよ.....(^^;;;;

但し手書き入力は問題無いのですが、Keys-to-Goを使ったキーボード入力では打ち間違いが多くて、疲れました。我慢して慣れる迄使おうと頑張って、僕は我慢強い方だと思うのですが、チョットめげそうな感じになって 新しくキーボードを買おうかしら… とまで悩んだのですが、あれこれと違和感の原因を探っていたら、その違和感の40%くらいはライブ変換に原因がありました。そう! ライブ変換がダメだったのです。iPad OS13はライブ変換がデフォルトだったのですよ。

歳を取るとこう言う事に気付くのも遅くなるんだなぁ

Keys-to-Goのフニャッとした感触のキーは指の先で突っつく様に打ち込むのが良い様です。今までの僕の打ち方は幾分指の腹で叩く様にしているので、それだとかなりの確率で、隣や下のキーも叩いてしまうらしい。指の先っちょで押し込む様に打つのが良い。今まではどちらかと言うと指を伸ばして打ち込んでいたのが、指を曲げて爪を立てる様にして打ち込んでいます。

Mausu1 

キーボードとMagic Mouse 2の組み合わせでも快適に作業ができるように、iOSの設定を少し弄りました。ショートカットが反映されるようにキーボード設定ではフルアクセスに設定しました。
トラックパッドとマウスの設定でマウスのスクロールの速度を一番速く成るように設定しました。(ウサギと亀のマークなんですね)最速にしてもまだ遅い様な気がするのは私だけでしょうか?

Mausu 

設定のアクセシビリティからポインタコントロールを開いてポインタの色を濃くしました。色々な色に変えられるんですが、僕は黒にしました。そしてポインタアニメーションをオフにしました。これで ポインタが何処にあるか分かり易くなった。
相当細かくキビキビと動く様になったので、PCの代わりに海外出張に持っていけるかなと思ってます。

今回メインパソコンのキーボードに香港メーカーKeychron (キィクロン) のワイヤレスメカニカルキーボードとまたまたロジクールのMX Master 3 マウスを導入してます。何故そうなったのかは次回に書かせていただきます。

20200510-182805

20200510-182849

« サントリー オールド 「だるま」に思うこと | トップページ | Mac mini (2018) USB3.0からの電波・ノイズ干渉 »

デジタル ガジェット 携帯」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« サントリー オールド 「だるま」に思うこと | トップページ | Mac mini (2018) USB3.0からの電波・ノイズ干渉 »

フォト
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ウェブページ