« iPad Proお出かけシステム。 | トップページ | サントリー オールド 「だるま」に思うこと »

2020年5月 3日 (日)

ロジクール Keys-to-Go をなんとか使えるようにする。

iPadの使いこなし続編です。手書き入力は目処がついてバシバシ入れられるのですが、物理キーボードがイマイチなんです。
ロジクールのウルトラスリム携帯キーボード Keys-to-Go ですが、この前のBlogでも書いた通り薄くて、軽いのは良いけれど、ペタっとしてて非常に打ち辛い、キーボードその物も軽いのでタイピングしててズレたりします。
そこで
Logicool Keys-to-Go Ultra Slim Keyboard に滑り止めのシールを貼りました。 
GRiPhoneグリフォンと言う強力滑り止めシールは車のダッシュボードの滑り止めなどに使われているシールの様です。とても強力です。でもベタベタしません、そして埃も付きづらいから不思議です。厚さ0.4mmですから本当に出っ張りを気にする事なく貼れます。

Griphone

まづはキーボードの裏に貼りました。上の写真を見れば解るようにシールはあらかじめスリットが入っているので、剥がして貼るだけです。

Logi-keyboad2b

今回は付属品で付いてくるiPadの為のスタンドの裏にも沢山貼りました。何故かと言うと、この付属品のスタンドを本来とはちょっと違う使い方で使いたかったからです。
本来は下の写真のようにスタンドの真ん中の溝にiPhoneやiPadを挟んで立てる為のスタンドなんですが….写真を見るとオサレですけど、実際に使うとなると滅茶苦茶不安定だしキーボードを差し込んだりしなくちゃならないし、非実用的なスタンドです。重量のあるiPadだと使えないと思ったほうが良いかもしれない。

20200503-170457

ではどうするのかと言うとスタンドの裏には強力なグリフォンシールが貼ってありますから、ちょっと押さえてやればスタンドは机にくっついて動きません。

Logi-keyboad3

そしてキーボードの端っこをスタンドの上に乗せて角度をつけてみました。
キーボードの裏にもグリフォン滑り止めシールを貼っているお陰で、ビタっとくっついていますからタイピングしてもびくともしません。先に書きました様に軽いスタンドも底面にグリフォンが貼ってあるので動きません。
角度のついたタイプの打ちやすさについて実際にやってみるとよく分かるのですが、平らな面でタイプするのと、僅か15度くらいですが、角度がついていてタイプするのでは打ちやすさに雲泥の差があります。

Logi-keyboad5

とても良い感じで角度がついたと思っています。横から見るとスタンドよりもキーボードが大きいので、キーボードをタイプすると不安定に成るように見えますが、実際にはキーボード其の物に剛性があるので、不安無くタイプ出来ます。
大袈裟な事をする訳でも無くて、ちょっとした工夫でこのタイピング環境が出来上がりましたからとても嬉しいです。自分の予想を上回る出来栄えと結果がついてきたので、ご紹介したくてBlogに書いてしまいました。私と同じ様にこのキーボードの中途半端さに苛ついている人は結構居るのではないかと思います。参考にされてください。
これでやっとこのキーボードを持ち出して、本格的に使うことが出来る様になったと思います。

Logi-keyboad7

 

« iPad Proお出かけシステム。 | トップページ | サントリー オールド 「だるま」に思うこと »

デジタル ガジェット 携帯」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« iPad Proお出かけシステム。 | トップページ | サントリー オールド 「だるま」に思うこと »

フォト
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ウェブページ