« シグマの単焦点・大口径レンズセットを揃える。 | トップページ | 桜隠し »

2020年3月22日 (日)

SIGMA Art LマウントレンズをライカSLで使う。

お気に入りのシグマレンズで撮ってみた。
SIGMA (シグマ) Art 35mm F1.2 DG DN
SIGMA (シグマ) Art 135mm F1.8 DG HSM

組合わせた機材はPanasonic DC-S1Rでは無くて Leica SL Typ601です。
ピントの合わせやすさや、ボディ内手ブレ防止機能などを考えると、操作性は圧倒的にPanasonic DC-S1Rなのですが、大口径 SIGMA ArtレンズがSLの組み合わせだとどう撮れるのか?

実は以前のブログにも書いたことが有るが、ライカSLの撮影プログラム.アルゴリズムはLeica TL2 などと違って非常に特徴的です。もちろんPanasonic DC-S1Rとも違います。撮像素子(2400万画素のフルサイズCMOS-Sensor)も現在の様な超ノイズ抑制性能には成っていないのでオートISOに設定していると、なるべく低ISOにシフトして撮らせようとするのです。実はLEICA M typ240も同じアルゴリズムです。

Leica SL Typ601はLeicaが Lマウントアライアンスに参加する前の製品です。ある意味で2015年でのライカ最高の絵作りを盛り込んでいます。

「LEICA」「SIGMA」「Panasonic」による「L-Mount Alliance」のレンズ群の中で単焦点での35mm F1.2や135mm F1.8のF値を実現している大口径はシグマにしか存在しませんしその絵の良さは前回のBlog作成時にわかっていましたから、ライカSLで使ってみたくなりました。

Himarayayukinoshita

SIGMA Art 135mm F1.8 DG HSM L-Mount LEICA SL (Typ 601) 絞りf1.8 シャッター速度1/400 s ISO80

やはり思った通りです。レンズF値開放から凄まじいピントの切れ味で、低照度の状況下でもダイナミックレンジが広く、高コントラストで解像感の高い絵が撮れます。大口径シグマArtはある意味でLeica SLにピッタリな組み合わせなのかもしれません。

Spring-starflower

SIGMA Art 135mm F1.8 DG HSM L-Mount LEICA SL (Typ 601) 絞りf1.8 シャッター速度1/200 s ISO50

Spring-starflower1

SIGMA Art 135mm F1.8 DG HSM L-Mount LEICA SL (Typ 601) 絞りf1.8 シャッター速度1/200s ISO50

Book2

SIGMA Art 35mm F1.2 DG DN L-Mount LEICA SL (Typ 601) 絞りf1.2  シャッター速度1/100 s

 

« シグマの単焦点・大口径レンズセットを揃える。 | トップページ | 桜隠し »

Leica Digital」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« シグマの単焦点・大口径レンズセットを揃える。 | トップページ | 桜隠し »

フォト
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ウェブページ