« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »

2020年2月

2020年2月24日 (月)

Apochromat KINOPTIK 75mm f2.0 Leica R-Mount

SIGMAのArt 35mm F1.2 DG DNを使いだしてから、えらく気に入ってしまったんだけれど、なんだか今までどこかで出会ったような描写だなぁと思い続けていて、ハハァと思い出したのが、Apochromat KINOPTIK 75mm f2.0 Leica R-Mountでした。

Kinoptik

Kinoptik2

KINOPTIK (キノプテック)はフランスのレンズメーカーです。 この75mm f2.0のレンズは、16mmシネカメラ・アリフレックス用のレンズを取り外してライカR用にマウント改造したンズです。所謂シネレンズです。多分1940年後半から1950年代のレンズだと思われます。当時はAngenieux(アンジェニュー)と共に明るいレンズの設計を行っていたのです。

外観は上の写真を見て頂いてわかると思いますが改造していますから実験レンズの様な外観です。Mマウントに改造した物は時々見かけますが、Rマウントは多分これしか無いでしょう。Leica R Adapter Lを使用して Panasonic LUMIX DC-S1Rに取り付けています。

Kinoptik3

最短撮影距離1.0m・絞りは円形10枚絞り、開放 f2.0・最小絞り値16です。シネレンズですからクリックストップは有りません。

さて冒頭に書いている、ハハァと思い出した描写なんですが...Apochromat KINOPTIK 75mm f2.0をPana S1Rに取り付けて撮影した作品を2枚貼ります。

49573883812_426a5d1034_c

古いレンズですから、光の当たり方に気をつけてやる必要がありますが、このレンズは色の出方に特徴があります。発色が濃いのです。ディティールの再現性などに優れていて非常に深くて品位の有る階調再現性を持っています。フィルム時代にその傾向は顕著に現れていました。

49577356137_a0772b6609_c

SIGMAのArt 35mm F1.2 DG DNは5,000万画素オーバーに耐えうる解像感と開放f1.2からピントが使えるレンズです。レンズに求められる性能は、デジタルカメラの進化によって否応無しに上がっていくわけで、数あるSIGMA Artレンズの中でも最先端の製品ですが、素で出てくる発色がApochromat KINOPTIK 75mm f2.0に似ているんですよね。少しアンダー目の露出で撮ってやるととても似てきます。そして明るさの乏しい状態において開放f1.2で光を捉えた時のディテール表現が同じように端整で静かな雰囲気を持っているのです。 

しかし70年前のレンズだと言うのに、4730万画素のフルサイズCMOSセンサーを搭載したPana S1Rに解像度も含めて十分に対応してしまうのですから、ある意味KINOPTIKが化け物の様なレンズなのかもしれません。

2020年2月 8日 (土)

MULBERRY BAYS WATER

僕が鞄コレクターなのは先のBlogでのゼロハリ収集癖を披露したあたりで、ご理解いただけたと思っていますが、今回は第二弾ということで....

MULBERRY「マルベリー」です。このメーカーとの出会いは1993年頃ですから、かれこれ27年ほど前の香港でした。 丁度TUMIがチョロチョロっとビジネスマンの中で、拘りを持っている人たちの間で流行り始めた頃です。僕もTUMIを使い始めましたが....実用的なので、幾つか使いましたが、あまり長持ちしませんでした。残っているのは革のカメラバッグだけです。

マルベリーは1971年、英国サマセット州で創業しました。マルベリーの特徴は英国らしさで、その基礎となっていると思われるのが、釣りや射撃、ハンティングといった英国のカントリースタイルのデザインですが、そこに70年代のロンドンの都会っぽさが合わさっています。

49504739271_c3cc78950b_k

このBAYS WATE「ベイズウォーター」はMULBERRYの中でも代表的なデザインの鞄です。と言っても女性用ではなくて、幅50cm縦30cmの大型トートバッグです。下の写真でリモアの上に乗っているので大きさが解ると思います。 

49504774541_4abcb453da_k

マルベリー・ベイズウォーターはモダンでありながらも長く使えるクラシックなアイテムです。本当に実に長く使っています。と言うか長く使える商品なのです。

49504952282_4f977ac683_k

他にもクラシックなマルベリースタイルを代表するスコッチグレインを素材にしたバッグでダッフルバッグの様な形状のミディアムクリッパーは実に25年ぼど使っていて今も現役です。今では絶版に成っているようなスコッチグレイン素材のメガネケースやキーホルダー等の小物も色々買っていて、時々引っ張り出しては楽しんでいます。

今回何故マルベリーの事を書いたのかと言うと、実は先週の出張でBangkok Suvarnabhumi空港で僕の前を歩いている欧米人が全く同じMULBERRY BAYS WATERを使って居たので嬉しくなったからです。

 

 

 

2020年2月 1日 (土)

Hotel New Grand 横浜

Hotel New Grand 横浜

老舗のホテルです。横浜の歴史そのものと言っても良いかもしれません。

ホテルの本館は、1927年開業時に銀座和光などを設計した渡辺仁によるもので、クラシックホテルの代表例です。マッカーサー元帥やチャーリー・チャップリン、ベーブ・ルースをはじめ、多くの著名人が宿泊してきました。

49442458172_3ab6b140a6_c
本館の大階段はニューグランドのシンボル的存在です。

49442741942_f8f35b4722_c
開業当時メインダイニングとしてスタートしたフェニックスルームは 「横浜市認定歴史的建造物」です。天井の装飾が凄いのです。

49442743547_d966f0b90b_c
上の写真画面中央の太いマホガニーの柱を背に、置かれている大きな椅子は“キングスチェア”と呼ばれ、開業当時からのアンティークだそうです。さすがに座面等は数回張り替えられているそうです。後から調べて知ったのですが、実はこの椅子の肘かけに天使が彫刻されてでいるそうです…

49442227291_96d5620835_c 

古い読書机も昔のままです。

90年以上の歴史のあるホテルニューグランドは色々なコマーシャルや映画の場面に登場してきました。

映画では「THE有頂天ホテル」や「ツナグ」の舞台になっています。
「ツナグ」は2012年10月6日に公開された日本映画です。平川雄一朗監督作品です。物語の中で依頼人と死んだ人を合わせる待ち合わせ場所としてこのホテルが登場します。

49442227551_f5e3e6c1b8_c

早朝でしたから、誰も居なくて、時間が止まったかのようでした。

先のBlog「春節を祝う」でも記しましたが、横浜は車で一時間かからないので、泊まる距離では無いのですが、このホテルが気に入って、中華街の食事とセットで楽しんでいます。下の画像は広東料理レストラン 菜香新館

49442571516_c6b6d9f027_c
あいにく先日はお天気が雨模様でしたが、晴れた日はホテルの前が山下公園なので、早朝散歩なども出来て、とても気持ちのいいものです。

撮影機材はLUMIX S PRO 16-35mm F4 / Panasonic DC-S1Rを使用しました。

« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

他のアカウント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ウェブページ