« LUMIX S PRO 16-35mm F4の逆光性能について | トップページ | VINTAGE JBL C38 Baron (バロン) 001システム »

2020年1月12日 (日)

小鍋だて

お正月のおせち料理から始まって、呑み疲れ食べ疲れでちょっとさっぱりと、でも美味しい食事をという時に我が家でやるのが「海鮮鍋」と言っても中国の火鍋では無くて
「海鮮しゃぶしゃぶ」の様な鍋
....の様なと言うのはこれを思いついたのは、池波正太郎の文庫「江戸の味を食べたくなって」に収録されている、小鍋だての一節がヒントなのです。

--------------------

長火鉢に底の浅い小さな土鍋がかかってい、三井さんは浅蜊のむき身と白菜を煮ながら飲んでいる。
この夜はじめて私は小鍋だてを見たのだった。
底の浅い小鍋へ出汁を張り、浅蜊と白菜をざっと煮ては、小皿へ取り柚子をかけて食べる。

--------------------

実は旅館で出てくるような小鍋も、そのための小さなコンロも買って有るのだが、家人をさておいて自分だけ小鍋でチクリとやるわけにもいかないし、かと言って家人一人ひとりに小鍋だてを用意するのもなんだか、間が抜けているので、写真のようになりました。

Ebi5web

まあ「うどんすき」のうどん無しバージョンの様な感じでもありますが、「うどんすき」や「海鮮鍋」と決定的に違っているのは、新鮮な魚介を出汁でさっと煮ては引き上げて、柚子をかけたり、ポン酢に少しだけ着けて食べるだけなんです。 煮込まない
野菜は大量の「大根の千切り」に三つ葉か芹、白菜のざく切りしたもの、これもざっと煮ては引き上げて食べる。
たっぷりの出汁に泳がした「大根の千切り」を皿に取り白胡椒や、七味をちょっと振って食べても美味しい。

出汁は日本酒と水を一対一で、少しの昆布と割烹白だしを入れて味を整えます。(日本酒はお正月から呑みきらないのが大量に残っているので在庫消化に丁度いい)昆布を入れて先に煮きってアルコールを飛ばします。

Nebe2web

本当は浅蜊や小柱なんでしょうが、浅蜊の旬は春先(3月)と秋口(9月)です。この時期は良いのがないので、車海老や蛤や牡蠣。小柱の代わりに帆立を用意しました。どれもお刺身で食べられる活きの良いものを仕立てます。
あまりたくさんの具材を入れるのは野暮なんでしょうが、美味しそうな魚介類を選ぶのも楽しくて、こう成りました。

ちなみに これをやるときにはキリッキリに冷やした白ワインが有るとさらに嬉しいのです。やはり...なんだかんだ言っても最後は呑んでるのね..(^^;;

« LUMIX S PRO 16-35mm F4の逆光性能について | トップページ | VINTAGE JBL C38 Baron (バロン) 001システム »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« LUMIX S PRO 16-35mm F4の逆光性能について | トップページ | VINTAGE JBL C38 Baron (バロン) 001システム »

フォト
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ウェブページ