« 歯科難民の悲哀!右奥歯の痛み | トップページ | 鯨食文化について »

2019年10月 5日 (土)

「NIPPONIA小菅 源流の村」

BMW X3 M40dの慣らし運転も兼ねて山梨県北東部の山あいにある小菅村に8月17日にオープンした。「NIPPONIA小菅 源流の村」に一泊で出かけてきた。

築150年を超す古民家を改装してホテルを開業していて。村内の分散型ホテルの第1弾で、高い天井など重厚な造りの2棟に4つの客室があり、レストランや日本庭園も備えています。との紹介記事で、
日経新聞に記載されていて、面白そうだったので。早速予約したわけです。

20191005-111444

NIPPONIAまでの走行ルートですが、往路は一般道を使って、あきる野市を抜けて檜原村を通り、途中でかんづくり荘 と言う民宿で素朴な手打ちそばを食べて。檜原都民の森を通って奥多摩湖の脇を走りました、片道約100kmの山道ですが、とても楽しくのんびりと走れました。帰りは大月に抜けて、中央高速を使って東京に戻りました。往復220km燃費は10.57km/Lでした。山道を走った割には優秀だと思います。やはり直列6気筒ツインターボディーゼルの分厚いトルクは今まで乗っていた320dとは別物で曲がりくねった山道(国道206号ですから舗装路です。)をズイズイ登ってゆきます。僕はオーディオの聞こえ方調整とかやりたかったし、やっと歯の治療も落ち着いた病み上がり状態でしたから...(笑)往路は殆ど嫁が運転したのですが、助手席に乗っていた僕もストレスフリーでした。なんと表現すればいいのでしょうか、車体が水平を保ったままの姿勢で貼りつく様にカーブを曲がってゆく走行フィールはとても新鮮で不思議な体験でした。

Nipponia-kosuge5mblog

 檜原村数馬でお昼にしました。民宿かんづくり荘の手打ちそばです。写真の右側にちょっとだけ写ってますけど、舞茸の天麩羅がとても美味しかった。檜原都民の森を過ぎて暫く走ると道路端にニホンザルの一群が出ていました。小猿とか沢山いて驚きました。すごく繁殖してるんですね
さて到着した「NIPPONIA小菅 源流の村」80平米で専用玄関があるスイートルームの部屋の縁側です。古民家を改装してちょっとお洒落に設えています。
Nipponia-kosuge24bestmblog

 家具や調度品もデザインが面白い。

Nipponia-kosuge31mblog

 二階の部屋から下の階が見えます。

Nipponia-kosuge28mblog

古民家を生かした宿泊施設を柱に村ぐるみで国内外から滞在客を呼び込む算段の様ですが…温泉とかは村の共同温泉にはいれますとか…(^^;;; ....僕のような不活動な高齢者にはイマイチ不便で、なんだかなぁ〜の感じが拭えません。93歳の母は子供の頃に過ごした新潟の家を思い出した様で、思い出話に花が咲きました。

Nipponia-kosuge25mblog

 母曰く暗すぎて手元が見えんとの事です。昔の家でももっと明るかったと申しておりました。オサレにわざと暗くしてるんだよ説明しても理解していただけませんでした。(笑)テレビが無いので、時間がゆっくりと流れていました。もちろんWifiは繋がります。 嫁は縁側に座ってAmazon TVの韓ドラを見てました。(笑)

こういう古い家に泊まると落ち着くのか?ぐっすりと眠れます。僕も久しぶりに朝まで一回も起きずに眠ることができました。

 

« 歯科難民の悲哀!右奥歯の痛み | トップページ | 鯨食文化について »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 歯科難民の悲哀!右奥歯の痛み | トップページ | 鯨食文化について »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

他のアカウント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ウェブページ