« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »

2019年7月

2019年7月27日 (土)

SIGMA Art 35mm F1.2 DG DNが来ました。

来ましたよSIGMA Art 35mm F1.2 DG DN
このDGとかDNですけど、SIGMAのHPで調べたらイメージサークルを35mm判サイズに合わせて設計したレンズには「DG」ショートフランジバックを採用したミラーレスカメラに最適な設計を行ったレンズには、製品名に「DN」がつくんだそうです。
開放値F1.2でミラーレスに対応したArtラインと言うレンズだそうです。Artラインと言うのはアーティスティック・ラインの略でレンズラインナップでキャノンで言えば赤鉢巻のレンズ 通称”Lレンズ”のようなもんでしょうか?

Sigma35mmf124ss

12群17枚というレンズ構成でSLDガラス3枚、両面非球面レンズを含む非球面レンズ3枚と贅沢てんこ盛り。そしてこのレンズはデカイです。 重いです。1,090gあります。禁断の掟破りイチキログラム超えでふ
Summilux-SL 50mm f1.4 ASPHが1,065gですから、SIGMA Art 35mm F1.2 DG DNの勝ちです(爆笑)
フィルターサイズは82mmでズミルックスと同じで引き分けです。2台のカメラに取り付けて並べると、その大きさがよく分かります。SLに着けてみましたが、そんなに違和感がなくて結構似合います。

Sigma35mmf12ss

実はSIGMAのレンズを買うのは初めてだったりします。使ったことはありますし、貰ったことも有るような….記憶が定かではないというのは
僕がボケているからではなくて、それだけ印象に残らなかったという事かな。乏しいキヲクを辿れば、なんだかガタガタした立て付けですっごくチープな感じは有った。
で….
改めて Art 35mm F1.2 DG DNですが、手にとってみて...凄いじゃん!びっくり!
時は流れ流れて二十数年、ベベベン「おとっつぁんシグマです。ただいま帰りましたぁ!」...お前も立派に成ったもんだねぇ 
なんだか幼い時に生き別れた子供が成人(マッチョな軍人)に成って帰って来たような不思議な気持ちで眺めてます。「そんなん有るんか」笑
色々厳しくチェックしたけど、今の所は合格です。と言うか、難癖のつけようがない!
質感高いですよ。AFも問題なく早いですよ。悔しいけどSummilux-SL 50mm f1.4 ASPHより早いな
絞りリングを搭載してるのはポイント高い。ただし絞りの値と言うか向きが逆なんだよねLeicaと、、、 LeicaRレンズは左から開放値です。
これで、この価格かよ(僕は税込み¥148,230で買った)ズミルックス50の1/5だ!
それでMADE IN JAPANと誇らしく書いてある。なるほどね〜 SIGMA恐るべし こんなのをこの価格で作られたら純正レンズは困っちゃうね
早速SIGMA 14-24mm F2.8 DG DN | Artをポチろうかなと考えてます。 いや!もうチョツト35mmを使ってみてからにしようか

Buda

Pana Panasonic Lumix DC-S1RにSIGMA Art 35mm F1.2 DG DNを着けてとりあえず ささっとそこら辺のものを撮ってみた。大きな画像で見てほしいので、Flickrの画像にリンクさせてみた。画像をクリックすると飛びます。f1.2開放の絵です。淡い光でもシッカリと捉えて絵にします。

Sigma35mmf12ver1ss

なんだか物凄く寄れる感じがするんだけど、最短30cmなんだよね
35mmの焦点距離で最短撮影距離30cmと言うのが、物凄く寄れると言う見え方にしてくれるんでしょうか? 不思議な感じ

あとは耐久性だけだな

2019年7月12日 (金)

パナのテレコン期待してたんだけどなぁ

パナの新発売のLマウントテレコンバーターは結局パナレンズ専用と言うことでライカSLレンズには使えないと言うお粗末!

20190707-125825 

まあ 仕方無いといえば、仕方ないねぇ.....もっとお粗末なのはSIGMAのLマウントコンバーター

______sigma_global_vision 

SIGMA MOUNT CONVERTER MC-21 SIGMAの30本近いArtレンズを含めた現行レンズが使えるはずでしたが、結局ライカLマウントボディでは使えずじまい。30mm F1.4 DC HSMをライカTL2で使ってみたかったんだけどなぁ

ライカ社のLマウントカメラには使えませんて、なんだか物凄くひっそりとアナウンスされていますが、こんなの判らんだろぉ!
Sigma_global_vision

ライカ社のLマウントカメラには使えませんて、なんだか物凄くひっそりとアナウンスされていますが、こんなの判らんだろぉ!

アライアンスが泣くぞぉ などと怒っていますが...笑!

しっかりと、SIGMA (シグマ) Art 35mm F1.2 DG DN(ライカSL/TL用)を予約入れておいたから、SIGMAさん頑張ってね。F1.4だったら買わなかったけど、F1.2と言うことで大口径マニアとしては、辛抱たまらんと言うことでポチってしまいましたぁ

20190712-10736

後出しジャンケンでライカSLでは動くけどパナDC-S1Rでは動かない...なんてのは無しよ!

お願いね

2019年7月 7日 (日)

久しぶりの花撮り

昨日は会社主催のゴルフコンペだったが、直近に左脇腹を痛めてしまい、大事を取って大会は不参加ということにしました。(練習し過ぎで痛めたという不名誉な...笑!)

思いがけない空白の土曜日が出来たので、午後から紫陽花でも咲いているか?と思って近くの公園に出かけましたが、日頃いかに写真を撮っていないかが如実にわかる...花の季節感も掴んでおりません。 

既に紫陽花は終わっておりました!

Azisai6ss1500

Panasonic Lumix DC-S1R+Apo-Vario-Elmarit-SL 90-280mm f2.8-4.0

Azisai51500

それでもなんとか咲いているのを探しながらポツポツ撮って参りました。なんと言うか、朽ちてゆく紫陽花でございますね。

Lumix DC-S1Rとアポバリエル90-280で撮る絵は余りにもリアル過ぎて朽ちてゆく時間そのものを切り取っている様で、余り気持ちの良いものではありません。

今回驚いたのは、Panasonic Lumix DC-S1Rと組み合わせて使うSummilux-R 35mm f1.4です。Rレンズってマニュアルでこんなに使いやすかったっけ?と驚くくらいのピント合わせのしやすさとファインダーでの視認性の良さ!

Azisai35mm1500

Panasonic Lumix DC-S1R+Summilux-R 35mm f1.4 ISO100 -1EV 1/160s Spot

パナLumix DC-S1Rで撮れるズミルックスの絵なんですけど色味が良いんですよねぇ〜このレンズ特有の溶けるようなボケ味と溶けてゆく背景の中に怪しい光が見える。

これは完全にSL不要論が浮上してしまいそうな気配です。

« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

他のアカウント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ウェブページ