« JH Audio Roxanne Universal Fit | トップページ | JH Audio Roxanne Universal Fitの音 »

2019年6月 2日 (日)

Astell&Kern A&norma SR15

5月18日の記事 "忘れていませんよポタアンも” と前回の "JH Audio Roxanne Universal Fit” 二回続けてポータブルオーディオについて書いて来ました。読んで頂いてありがとうございます。

DAP(デジタルオーディオプレーヤー)で音を聴くと言う行為は、なんでも出来ちゃうスマホに搭載されたお手軽な多機能化に吸収されて、単機能なDAPで音を聴くと言う世界は滅びそうになりました。SONYはウォークマンで一世を風靡しましたが、そのマーケットをAppleのiPodに取られて衰退しました。そのご本家iPodも今ではiPhoneに共食いされて影が薄い状態です。
4年ぶりに新iPod touch(第7世代)が発売されましたが一番大きい容量で256GB、その価格は4万3800円と割高です。相変わらず容量の拡張性はゼロです。プロセッサーはA8からA10 Fusionに成りましたと言えば聞こえが良いのですが、第6世代のiPadが搭載するチップと同じで魅力ありませんね。今の所デフォルトでHi-ResやDSDファイルの再生とか望むべくもありません。
こうなるとiPodで良い音を聴きたいという希望が叶うのはもう難しいのでしょうね。

Sr152

書き出しにSONYウォークマン衰退の歴史を書きましたが、当時のウォークマンは高音質を謳っていながら、中途半端な仕様でしたのでコアなユーザーは容量や音質に不満を持っていました。
そんな中で発売された韓国アイリバー社のAK100は、SDカードによる容量拡張、光デジタル出力、音楽再生に特化した仕様を盛り込んで作られていたので音質に拘ったマニアの間でヒットしました。
Hi-Res音源の到来がDAPの世界をもう一度蘇らせたということでしょう。Hi-Res対応を謳い文句に雨後の筍のように次から次へと中華系を含めたDAPやIEHP (インナーイヤーヘッドホン)が出ましたが、一時期の液晶テレビのマーケットと同じく安かろう悪かろうで、すぐに飽和してしまいました。
そんな中で
ハイレゾDAPの高価格化は韓国アイリバー社の戦略だと思いますが、生き残りのために低価格帯のDAPとの差別化を行って、高価格=高品質=高音質で高級DAPの世界を創出しています。高音質かどうか?実際に聴いたことがないので、良いか悪いかは分かりません。Astell&KernSP1000とかは300,000円以上しますものね?SONYも後追いで高価格なDAPを発売しています。ウォークマンNW-WM1Z Nも同じくらいの価格でしょうか?金色(金メッキ)のボディで200時間のエージングが必要ってモノ造りのメーカーとして本気で言っているの?と正直驚きました。昔の見識の有る技術者はこういう事は在ると分かっていても言いませんでした。それは製品として恥ずかしい事だからです。通電した最初が最高音質で有るべきでしょう。
USB DAC搭載のポータブルアンプなどとのデジタル接続は独自端子WM-PORTだそうです。もうこの時点でSONYはアウト!一世を風靡したSONYウォークマンの独創性はどこにってしまったのでしょう?残念ですね〜

Sc10

今回僕が購入したコスパ抜群のACTIVO「CT10」はハイレゾ音楽配信サイトでグルーヴァーズジャパンと言う会社のオーディオブランドですが、中身はAstell&Kern韓国アイリバー社です。UI(ユーザーインターフェイス)も綺麗でサクサク動きますし、とても良くできてます。
CT10単体での音再生も確認してみると値段の割にはとても頑張っている。iPhoneよりずっと音が良い訳です。こうなると同じUIを搭載しているご本家Astell&KernのDapはどうなんだろう?と俄然興味が湧いてきました!
まさか30万円のモデルを買う訳にもいかないので、試して見るのはA&norma SR15です。Astell&Kernの製品位置づけとしてはスタンダードモデルでエーアンドノーマと言うのだそうです。実売価格的には10万円をちょい切り9万円台です。
Quad-core CPUを搭載し2018年発売で第四世代の製品に成るわけです。USBオーディオ出力は384kHz/32bit PCM、11.2MHz DSDに対応。シーラス・ロジックの“MasterHIFI”を冠したDACチップ「CS43198」をL/R独立のデュアル搭載。
...と言うことでA&norma SR15をポチッてみました。その音はどうなのかと言うと、CS43198のデュアル搭載なのか分かりませんが、とても繊細な音も表現できるし馬力も有ります。よく出来ていると思いますが、綺麗な優等生的な音です。Mojoを通した音と比較すると残念ながら....低域の重厚な重なりの再現や音場のスケール感と静粛感などの表現性は次元が違っていて、それには到底及びません。但しAC10ではDSD128 DSD 5.6MHzがリミットでしたがSR15はUSB出力でDSD(Dop)11.2MHzまで出力できるので、Mojoを繋いでDSDは11.2MHz(DSD256)まで実際にロックしてスムーズにDSDネイティブ再生できました。この時の再生音は凄いものが在ります。ちょっと異次元...JH AudioのRoxanneに最高のリケーブルしておいて良かったなと思いました。

Sr15

実は二話続けて書いてきましたが、僕のDAPの使い方には共通して居る事が在ります。それはポータブルオーディオセットの最終段AMPやHPは中華系や日本製ではないことです。組み合わせてきたiQubeはオランダだし、MojoはMade in England 。そしてIEMはJH Audioの Roxanneです。 これは一つ一つじっくりと時間を掛けて自分の耳で選んだ結果です。

中華系のDACでESSなどの高性能DACチップやオーディオグレードのパーツを搭載している事を音質向上の謳い文句にして居る製品が沢山あります。自分の求めている音が分からない人ほど、高価な機種が搭載しているのと同じDACチップを搭載している事をありがたがるので、こう言った製品を買う傾向になります。この様な製品の共通点として音は細かに聞こえるんだけど、音楽としての表現力の無い、薄っぺらい音がします。アコースティックベースの重低音の重さが伝わって来なかったりドラムやパーカッションの打撃感が空気振動として伝わって来ませんから、リマスター等を行ったアルバムとか、古い録音の音楽再生が不得意だったりします。これは音造りのバランスが崩れているからです。

ESSなどの高性能DACチップが製品の音楽性や音質に直結しているとは限らないということです。やはり回路定数や電源管理など、見えないところでの設計技術の知見が重要になってくる訳です。

僕のDAPの使い方は音楽データの入れ物として使うだけ、その理由はHi-Res音楽ファイルをそのまま持ち歩きたいからです。だからとDAPに要求する条件はいろいろ在りますが、最低限UIはサクサク動いてほしい。容量は400GBは欲しい。USBオーディオ出力は384kHz/32bit PCM、11.2MHz DSDに対応して欲しい。Open APP Serviceに対応してSpotifyやAmazon Music Unlimitedなどのストリーミングサービスの音楽も聴きたい。中華DAPのUIに見られる様な不出来な文字化けはまっぴら御免。音楽信号の最終段はiQubeやMojoにHi-Res音楽ファイルをデジタルアウトして音を聴きたいので、USBを使ってサクッと繋がりが良いこと!そういう僕の条件でのA&norma SR15の評価は80点くらいかなぁ

何故そんな面倒くさいことをって?答えは明快!
それは格段に音が良いから。

« JH Audio Roxanne Universal Fit | トップページ | JH Audio Roxanne Universal Fitの音 »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« JH Audio Roxanne Universal Fit | トップページ | JH Audio Roxanne Universal Fitの音 »

フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

他のアカウント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ウェブページ