« 忘れていませんよ....ポタアンも | トップページ | Astell&Kern A&norma SR15 »

2019年5月26日 (日)

JH Audio Roxanne Universal Fit

米国インイヤーモニターメーカー「Jerry Harvey Audio」社とは
カリスマ的な録音エンジニアJerry Harvey(ジェリー・ハービー)氏が主宰するイヤーモニターのブランドです。このジェリー氏は「Jump」などで知られるアメリカのロックバンド、ヴァン・ヘイレンの音響エンジニアだった人物です。
JH Audioの製品には耳型を取って作る“カスタム”タイプのイヤモニと、汎用型の“Universal Fit”があります。

今回取り上げるJH Audioの Roxanne Universal Fitは2014年発売の製品です。

元々カスタムIEMで Roxanne(ロクサーヌ)と言うモデルが有るのですが、それをハウジング形状以外は全てカスタムモデルと同じ仕様で、ユニバーサルイヤホンにしたものです。3 Wayクロスオーバーで高域×4、中域×4、低域×4の合計12基のバランスドアーマチュアドライバーを搭載するという強烈な仕様です。この4クアッド化では高域で、20kHzの再生を達成で来ているそうです。外観は12個のBAが内蔵されているので、そのハウジングは通常のカナル型イヤフォンに比較すると一回りほど大きいのです。結構大きく感じるので、装着できるかしら、不安になりますが自分の耳穴に合うサイズのイヤーピースを慎重に選べば意外に安定した装着感です。ハウジングはうっすら内部が見えますが、多数のユニットがギッチリ入っているのが分かります。特徴的なのはサウンドチューニングをケーブルに付属している低域調整用スライダーでできるという所でしょうか。これは非常に画期的な物です。

このIEMは所謂ハイエンドモデルです。カスタムだと220,000円位のようですが、Universal Fitの実勢価格は138,700円前後の様です。

Iem

今回はこの超弩級IEM Roxanneにワグナス「 WAGNUS.」“for JH AUDIO” VC re:Cable series -aenigma Variationsと言うハイエンドリケーブルを組み合わせました。そして、ポータブルアンプはCHORD Mojoを投入して聴いてみるというマニアックな段取りに成っています。MojoとACTIVO CT10はサイズも殆ど同じで、実際は高機能なんですけれど両方共 玩具みたいなカワユサが在ります。Mojoの筐体はとても小さいですが、航空機グレードの切削アルミニウムで作られていて、手に持つとズシリと重くて安っぽさは微塵もありません。小さくとも本物感があります。重さは180gです。CT10からMojoにはDop出力にしてMicro USB to MicroUSB OTGで繋いでやります。

CHORD Mojoと言うポータブルアンプ DACについて少し説明します。
CHORDのDACの最大の特徴は、バーブラウンやESSなどの汎用のDACチップを使っていない事です。その代わりに「FPGA」という、自由にプログラミングできるLSIを採用しています。例えばHugoにはXilinxの第6世代「Spartan-6」、Mojoには第7世代の「Artix7」というFPGAが搭載されています。FPGAを用いたパルスアレイDACを採用した製品で入力はPCMが44kHzから768kHzまで入力できます。DSDはDoP入力でDSD64/128/256(11.2MHz)のネイティブ再生が可能です。

Screenclip

下の二枚の写真を見て頂くと分かりますが、Mojoの一番左端の丸いボールが電源ボタンですが、同時にサンプリングレートをLEDの色で教えてくれます。一枚目の写真AdleはCDからリッピングしましたから44kHz 次の宇多田ヒカルのアルバム初恋は青い色に成っていますので96kHzのハイレゾファイルです。面白いですね。音量の色も-~+へ向かって同じ色となります。

さてワグナスの製品が高性能なのはずいぶん昔から認識していて、実は2014年に書いた記事がありまして、「USBコードで音は変わるか? PCオーディオMac miniからDDC hiFace Evoに繋ぐUSBコードを5種類比較試聴してみた。」を読んで頂くと僕のWAGNUSに対する思い入れも分かると思います。
2014年の記事では...もう圧倒的に高性能な Milky beams out USB CORDに打ちのめされ事を書いています。いやぁ 本当にこの製品を知った時の衝撃は凄かった。

Iemmojo

今回のハイエンドリケーブル "Diamond Dust”シリーズ type“aenigma”に使われているワイヤーは1980年代ソヴィエト連邦時代の、ブルガリア製(USSR供給)の大変稀少な冷戦時代の軍用オーディオ機器ワイヤーを使用した特別なスーパーリミテッドケーブルだそうです。
世界最高峰のPTFE絶縁と高精度純銅の超高純度銀メッキという仕様で、当然何時もの事ながら電送安定、静電容量、導体抵抗、比較電率、外部ノイズ対策、構造ジオメトリーについては、抜群の性能だそうです。aenigmaは少し硬めのワイヤーで張りが在りますが、取り回しには問題ありません。ワイヤーを叩くと若干ですが音を拾いますので、動いたりしながら聴くのには不向きです。透明感のあるシルバーで美しい外観のコードです。L型のプラグはNIDEONオリジナル 3.5mmプラグ削出を使用しています。このプラグは金メッキのメッキ品質レベルが高いのです。
“aenigma”最大の特徴をWebから引用すると、その人気の理由は1ランクも2ランクも上といえる位相特性の良さだそうです。
ケーブルの説明が長くなりました。もう....WAGNUSの音を聴きたいのか、Roxanneの音を聴きたいのか?一体どっちなんだと言われてしまいそうです。

Iemmojo3

ケーブルもイヤフォンも今回は最高のものを使ってみた訳ですが、
CHORD Mojoに繋いでRoxanneから再生される音楽は、非常に静かで真っ暗なバックグラウンドから細かな音の粒子が沸き立つように聞こえてきます。まず最初に感じるのはリアルな楽器音です。一つ一つの音の透明感の高さが印象的です。そして相当なスピード感があるのですが、うるさく感じません
リケーブルするとその音質は、飛躍的に変わります。ケーブル構造からくるのでしょうか?超高域・高域・中域・低域の周波数の繋がりと定位描写が完璧です。オリジナルのケーブルに対して音の鮮度が段違いに良いのです。これはリケーブルして聴いた瞬間に感じます。非常に高い解像度と空間の隙間の美しさ、美しい粒子のような音描写が更に際立ちます。3Dの様な...とまでは言えませんが基本的に音像は非常に鮮明で正確に描写されます。

CHORD Mojoは少し低域が出すぎる傾向に在りますので、コードに付いている低域調整用スライダーで調整してやる必要がありました。但し少なくとも小一時間ぐらい、自分の好きな曲を聴き比べてMojoの動作が安定してから調整したほうが良いでしょう。Mojoは相当に発熱して熱くなりますが、私の感覚では一時間ぐらいの連続運転で音は最高の所に逝くようです。

 

« 忘れていませんよ....ポタアンも | トップページ | Astell&Kern A&norma SR15 »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 忘れていませんよ....ポタアンも | トップページ | Astell&Kern A&norma SR15 »

フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

他のアカウント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ウェブページ