« パナソニック「LUMIX S1R」発注してしまいました。 | トップページ | ベトナムでのスナップ »

2019年3月 2日 (土)

運転していて、ちょっと..それはオカシイだろ〜と思うこと

其の1、追い越し車線の 居座り居直り運転
高速道路で大型トラックや後続車等に「あおられた」と感じているドライバーの多くは自分で原因を作っているんじゃないかと思う。
110km/h制限区間の追い越し車線を90km/hで居座り走行していれば誰だって怒る。
本人は気づいていないのかもしれない。でも後続の人はガマンしているのです。そういう鈍感な人は沢山いる。
習ったはずの車両通行帯違反と言う法規を忘れているんだわ。
高速道路だけじゃなくて、最近は一般道でもその傾向なのだ、前がガラガラの一般道を法定速度通りの40kmで走行する。
ちょっとでも車間を詰めると、ブレーキを踏んであおり運転を意識してるぞ!をアピールする。リアガラスにはドラレコシールが貼られている。
こういう面倒くさいのと関わりたくないから、時間に余裕がある時は、道を変えたりして避けるようにしている。
煽り運転が社会現象として取り上げられる様になってから、最近は特にこういう変な輩が増えたような気がする。

其の2、傍若無人なチャリカス自転車運転
市街地の交差点も危険がいっぱいだ。
右折の信号に変わってからゆっくりとハンドルを切って曲がろうとする車の前を
既に歩行者信号は赤になっているのに横断歩道を信号無視で無灯火で渡ってくるママチャリ自転車。
特に雨の日の夕暮れは視界も悪いので怖い。 逆走もたまに見かける。
自転車は道交法では軽車両に属すため、車道を走らなければならないのだが、今までは「危険なので自転車は歩道を走っても良い」が社会的な概念だった。
そこら辺の線引と警察の取締が曖昧かつ取締も自転車に限ってはゆるいので、傍若無人な自転車走行が多いのだ。
危険な自転車走行を繰り返すのを「チャリカス」と言うらしい。自己防衛のためにもドライブレコーダーはマストアイテムに成った。
警察は正しい自転車運転の啓蒙運動と取締を厳しく行う必要がある。

其の3、老害運転
うちの分譲団地は4m私道が碁盤の目のように整備されている。4m私道であるから当然センターラインは無いのだが、最近道の真中を堂々と走る車が多い。運転しているのは大概高齢者で有るのだが、これがすれ違うときに頑なに道を譲らない。せめて幾分でも路肩に車を寄せてくれれば、楽にすれ違えるのだが堂々と真ん中を走る。恐ろしいので、こちらは路肩に寄せて車を停めるのだがこちらを睨んで走り去ってゆく。大概が数世代前の外車に乗っている。多分若い時から車好きだったんだろうなと思うが、完全に老害運転である。 
老人に成ると何故怒りやすくなるのだろう?自分ももう高齢者域に入っちゃってるので、気をつけなくては

其の4、車椅子って早いの?
この間 黒い塊が物凄い勢いで走ってくる、のを観て驚いた、電動車椅子である。 道を逆走しているのだ!とにかく早い
電動車いすの最高速度は6km/hだが、もっと出ているような気がする。とにかくビューンという感じだった。
音がしないから、怖い!

其の5、自意識過剰な歩行者
横断歩道の自意識過剰な歩行者、車を睨みつけながら、ゆっくりと渡る。ものすごく敵対的な表情です。
「俺は横断歩道を渡っているんだぞ!ちゃんと止まれ」と車の運転手に仰っしゃりたいようです。
そんなの見れば分かりますってば、まかり間違っても貴方を轢いたりしませんってば,、睨みつけたりしないで安心して普通に渡ってください。

« パナソニック「LUMIX S1R」発注してしまいました。 | トップページ | ベトナムでのスナップ »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

いや、まったくおっしゃるとおりです!

高速道ではもちろんのこと、一般道の2車線の道路のセンターライン寄りをとろとろと走行している連中の多いことといったら、後続車のイライラを掻き立てていることを、まったくわかっちゃいないんですよね。

それがわかるようなら、左車線に移動しているでしょうから。
結局、左側の走行帯から追い越しをせざるを得なくなります。

追い越しざまに、ドライバーをみると、女性だったり、高齢者だったり、さすがに携帯電話を使用して運転というのは、少数にはなっているようですが―。

キープレフト、走行車線、追い越し車線。そうしたことに対しての理解が足りないドライバーたちの何と多いことかと、速度違反取締よりも、もっと強く走行ルールを守ることへの始動を強化してもらいたいですね。

乱暴なあおり運転は勿論許されるべきではありませんが―。

それと、ドライブに出掛けたとき、ちょっとした用事で夕方から夜間に、前照灯を消したまま走行する車両をよく目にするんです。

早朝や黄昏時の道路状況の見え方など、個人差はあるのだとは思うのですが、他車に対して、自車の存在を示すため、その逆もある訳ですが、上手な運転方法を個々に考えてもらいたいものです。

前照灯を点灯し忘れているクルマの多くが、自発光式というのでしょうか?計器盤がそのタイプのクルマに多く見受けられるような気がします。

それにしても、目前の路面や、信号待ちで停車する際に前車の後部にあたるヘッドライトの点灯しているかいないかなどわかりそうなものですけれどね。

何なんでしょう、本当に―。

何でも自動化というのには、反対なんですが、オートライティング・システム?周囲の明暗差をクルマが判別して、自動点灯させる。むしろ手動のライトのSWを無くしてしまうくらいにしないと、鈍いドライバーが増えているこのご時世にはダメなのでしょうか?

情けない話ですね。

masaさんが、おっしゃっていること全て、もっともだと思います。


ママさんたちの電動自転車のスピード。
スマホ操作しながらの、自転車乗り。
歩きスマホのオッサンおばさん兄ちゃん姉ちゃん。

街には、危険がいパイです。
『スマホなんか、無くなっちゃえばイイ!』って、旧石器人でケータイも持っていない私などは思うのですが、暴言ですね―!!。

イニシャルN子さん おはようございます。

そうなんですよね。 仰るとうりで交通ルールも勿論なんですが、交通マナーを学んで欲しいですね。
交通マナーにはその国の民度が色濃く出ますから
暗くなったのに、前照灯が点いていないまま走っている車って時々居ますね。
黄昏時だけじゃなくて、夜間などでも見かける事が有ります。あれって一体何なんでしょうか?

これから自動運転化のレベルが上がって行くと、老害運転は全て車にお任せとなって減って行くのでしょうか?
レベル毎に移行段階で、混乱しそうです。 でも安全な方向に向かうので有れば良い事だと思います。

アクセルとブレーキ間違えだけは、車のメーカーと国が一体となって
早急に対応してほしいと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 運転していて、ちょっと..それはオカシイだろ〜と思うこと:

« パナソニック「LUMIX S1R」発注してしまいました。 | トップページ | ベトナムでのスナップ »

フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

他のアカウント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ウェブページ