« ライカTL2 使ってみて、色々と解ってきた事 | トップページ | スパゲッティ・アッラ・カルボナーラ »

2018年5月13日 (日)

Leica TL2試行錯誤で苦戦してます。 

何でだろ? 思ったような絵が撮れない。手ブレが多いのは先のブログで書いた通り。
でも時々エラくクォリティの高い画像がガチッと撮れる時もある。

理由が何となく分かってきた。
AUTO ISOのアルゴリズムが曲者なのだ。
Pモードや絞り優先AEで撮っている時はAUTO ISOに設定していると、レンズの焦点距離と明るさで判断して、どんどん高感度側に振って来る。Leica Elmarit-TL 18 f/2.8 ASPHとの組み合わせだとシャッター速度を1/50sで切り上げて来るわけです。
オートISOの設定で最長シャッター速度1/4sで設定しても絞り優先AEの撮影では、絞り開放f2.8だとシャッター速度は1/50sで固定される。
絞り4.5まで絞り込んで初めてシャッター速度は1/30sに落ちてくるが、ISOは目一杯上がってくる。
先のブログで書いたように手ブレ防止の保険でAUTO ISOの設定上限を最大ISO12500に設定していたりすると、常にISO6400とかISO8000の絵の出現率が多く成る訳だ。
これはPモードでも基本的に同じである。
多分TL2に成ってからCMOSセンサーと画像処理エンジンが新しくなり、ISO 50000まで高感度に対応したことで、内蔵ストロボを無くした訳ですが、そのかわりシャッター速度は1/50sを下限にして高ISOにシフトしながら撮影できる様に成っている。万人向けのAEを狙ったAUTO ISOのアルゴリズムなのだ。

このカメラの最高画質はISO100から400くらいなので、なるべくその辺りで撮りたいのだが、オートISOに設定していると、どんどん高ISO側へシフトするので、少々ざらついた絵になってしまう。

Iso8000

ハイクォリティの画質を手に入れる為には
1.頭の中を切り替えて、AUTO ISO任せは止めて、こまめにISO設定値を左ダイヤルで切り替えてやる。
2.もしくはAUTO ISOの上限設定を自分のPhotoshopでノイズ軽減処理の可能な許容範囲であるISO6400位までに設定するのが良いのかもしれない。
3.ライカMユーザーがよく使うようにマニュアル露出で絞りとシャッタースピードを決めて撮る。

手ブレを防ぐ為に撮り方の試行錯誤を重ねてみた結果
Leica TL2はファインダーが無くて、手ブレ防止機能も搭載していないので、手持ち撮影でのスローシャッターは1/8sが限界です。
ではこのカメラのアルゴリズムである1/50sだと大丈夫か?と言うと油断すると手ブレしている。縦位置での撮影が特に難しい。

手ブレしない為のコツは
1.両脇を締める。左手の平でボディの下部全体を平らに支える。そしてシャッターはユックリと押し込む。
2.ゴム製ストラップを利用して肩から腕で△支点を作るように構える。(この頑丈なゴムストラップはこうやって使うんだ!ナルホドと思ったね)

AFの設定について
1.最短距離での近接撮影の時は、多点測距を使うと一番手前からピントが合う。
2.タッチAF+レリーズは必ずしも手ブレ防止には成らない。
3.タッチAFでシャッターボタンでレリーズしてゆくのが一番ピントが合わせやすい(今の所Elmarit-TL 18 f/2.8 ASPHしか試していないので他のレンズだとどうか?分かりませんが)
4.スポットAFを当てにしてはいけない。正確なピントが欲しい時は、何枚か保険のために撮っておく事が必要だ。(本当にシビアなピントフォーカスを行う時はマニュアルを選択肢て行うのが良いと思う。Elmarit-TL 18 f/2.8 ASPHでもマニュアルでのピント合わせは、ヘリコイドを回せば3倍・6倍に拡大されて、MFアシスト・フォーカスピーキングも有るのでとてもやりやすい。)

Bangokok4blog

Original (6000 x 4000)は→ こちら から入れます。

ライカMユーザーがこのTL2を購入すると、多分がっかりするだろうと思う。使いこなしてゆく迄に手ブレとAUTO ISOの罠に嵌まると相当な試行錯誤を要求されるからです。
最初からAUTO ISOをあてにしなければその心配はないのですが..

AFについてSLほどの自由度と正確性が有るかと言えば、そうではなくて、結構アバウトだと感じた。Leica アポ・マクロ・エルマリートTL 60mm F2.8 ASPHを使用する場合は
ファームウェア「Ver.1.55」(今はファームウェア「Ver.1.2」ですが)からAFsマクロ」「AFcマクロ」の2つのモードが使えてAFスピードも早くなった様ですが、本当に快適に使えるのかどうか?ちょっと心配でもある。お店で試してみるかなぁ

Leica TL Appを使って撮影した画像をiPhoneやiPadに録り込むことが出来る。Wi-Fi で送信される画像の画素数は 200 万画素にリサイズ されますが、なんか嬉しいです。
ちなみにLeica TL Appを使って撮った画像は全く手ブレしてません。

« ライカTL2 使ってみて、色々と解ってきた事 | トップページ | スパゲッティ・アッラ・カルボナーラ »

Leica Digital」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Leica TL2試行錯誤で苦戦してます。 :

« ライカTL2 使ってみて、色々と解ってきた事 | トップページ | スパゲッティ・アッラ・カルボナーラ »

フォト
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ウェブページ