« 開高健 | トップページ | BOSE ボーズ QuietComfort35は凄く進化してます! »

2017年5月14日 (日)

Audirvana Plus Version2.6.8

久々にAudirvana Plusネタ

MQAに対応したAudirvana Plus3が今年の3月にリリースされておりますが、アタシはMQA対応のハードを持ち合わせておりませんので
Audirvana PlusはVersion2.6.8でございます。

20170514_104223_2

MQAと言うのは「MQA(Master Quality Authenticated)」Meridian Audioによって開発された高音質技術。
ファイルサイズをWAV に比べ数分の1程度の容量におさえながらも、スタジオマスター同等のクオリティで音を再生できるそうです。
これからストリーミング等で、高音質のハイレゾ・ファイルがやり取りされるように成ると、MQAは爆発的にヒットするのかもしれません。

但し対応するには「MQA」デコーダーを搭載したデジタルオーディオプレイヤーやUSB-DACが必要で、
今のところはMERIDIANとONKYO / Pioneer とMytek Digitalしか出ておりません。

ちょっと、なんだかな~の世界ですな
Audirvana Plus3ではMQA非対応のハードだと最大96kHz/24bitで再生されるように成っているらしい。

そういうことで、今回は
Audirvana Plus Version2.6.8のレポートですが、多分これがAudirvana Plus2では最終バージョンに成るのでしょうが、とても安定しております。
特にスキンが機能とともに充実しています。設定しておけばiTunes Playlistsをそのまま読み込んでくれるので、最近ではAudirvana Plusだけで、使っております。
Up Sampling (24bit 352.8KHz)まで可能ですが、Audirvana Plus Version2.6.8ではFIDELIX CAPRICE DACには (24bit 176KHz)をセッティングしてやるのが一番安定しているようだ。今までたまに有ったボチッ!と言うノイズも全く無い。安心して音楽に浸れる。

20170514_103316

操作するのは、もっぱらiPad ProにダウンロードしたAudirvanaのappでリスニングポイントからサクサクと選曲してます。モタツキも一切ありません。非常に使いやすい。

iPad ProでのAudirvanaのアプリ操作画面が非常に充実しているので、其の内容を幾つかご紹介します。
先ずはBrowserです。アルバムがズラッと並びます。

Img_0119


次はアルバム路選択すると,こんな感じでアルバムのトラックがフリップアップします。
選択したアルバムはブリちゃんですね…(^^;;

Img_0123

Playng画面はこんな感じです。左側にPlay Queueリストが表示される。

Img_0124

Play Queueは画面をタップすると格納される。
こちらのアルバムはHalie Loren

Img_0118

« 開高健 | トップページ | BOSE ボーズ QuietComfort35は凄く進化してます! »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Audirvana Plus Version2.6.8:

« 開高健 | トップページ | BOSE ボーズ QuietComfort35は凄く進化してます! »

フォト
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ウェブページ