« ライカSLに Leica M-Adapter T 導入 | トップページ | ライカSL Typ601 ブライドルレザー ショルダーストラップ »

2016年2月28日 (日)

ライカSL typ601の被写体追尾(トラッキング)撮影を試してみた。

ライカSLの被写体追尾(トラッキング)撮影を試してみた。
バリオ・エルマリートSL f2.8-4/24-90mm ASPHの90mmサイドで撮っています。
追尾はAFモードで動体(トラッキング)に設定
AFフレームを1点測距で被写体を補足。シャッターレリーズボタン半押しで追尾を開始します。
そのまま最高連写速度が毎秒11コマ手持ちで撮影致しました。
追尾性能は申し分ない。それにしてもバリオ・エルマリートSL f2.8-4/24-90mm ASPHの描写の素晴らしさには驚く!

撮影データ: プログラムAE(P) 1/320秒  f4.5 中央重点測光 ISO50

Oda1

Oda2

Oda3

Oda4

Oda5

Oda6

Oda7

Oda8

Oda9

Oda10

Oda11

Oda12

小田急だから本当はロマンスカーなんぞと撮れば格好がつくのでしょうが、僕は鉄道マニアではないのでササッと撮って撤収しました。
鉄道等の、動きのある被写体を撮影する場合は、シャッター優先AE(T)で撮るのでしょうか?
僕はプログラムAE(P)でクリックホイールを右に回してシャッタースピードを速くして撮ってます。プログラムシフトを設定して撮ると、露出(明るさ)は変わらずに撮れます。

« ライカSLに Leica M-Adapter T 導入 | トップページ | ライカSL Typ601 ブライドルレザー ショルダーストラップ »

Leica Digital」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ライカSL typ601の被写体追尾(トラッキング)撮影を試してみた。:

« ライカSLに Leica M-Adapter T 導入 | トップページ | ライカSL Typ601 ブライドルレザー ショルダーストラップ »

フォト
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ウェブページ