« ライカ バリオ・エルマリートSL f2.8-4/24-90mm ASPHのレポート 続き | トップページ | ライカSL typ601の被写体追尾(トラッキング)撮影を試してみた。 »

2016年2月20日 (土)

ライカSLに Leica M-Adapter T 導入

ライカSLの Rレンズアダプター(Leica R-Adapter L)の発売が待てなくて、とうとう(Leica M-Adapter T)を購入してしまった。どうしてMレンズアダプターの名称が(Leica M-Adapter L)じゃなくて(Leica M-Adapter T)なのかと言うと、先にライカTボディシステムに合わせて出ているから流用と言うことらしい。
ちょっと紛らわしいが、ライカTシステムユーザーから言えば、(Leica R-Adapter L)が紛らわしいと言う事になるのでしょう。

Noc900
Leica SL+Leica M-Adapter T+Noctilux -M 50mm f1.0

でもって、(Leica R-Adapter M)を重ねてみました。 ちゃんと使えます!(当たり前か...笑!)

Sumilxsq900
Leica SL+Leica M-Adapter T+Leica R-Adapter M+Summilux-R 35mm f1.4

え〜とですねぇ 重ねても装着しても、ちゃんとRレンズのプロファイルが表示されますし、アダプターを装着するとカメラ側のセッティングは絞り優先 Aに切り替わります。
うう〜む こうなるとライカ銀座に予約してあるRレンズアダプター(Leica R-Adapter L)は要らなくなるなぁ! しばし考慮!

ピント合わせはマニュアルに成るわけですが、予想通り大変合わせやすいです。

寄る年波には勝てないようでライカM Typ240のレンジファインダーではNoctiluxのピント合わせは到底無理、そこで電子ビューファインダー EVF 2を使っていたわけですが...
ピント極薄Noctiluxの場合はライカSLのほうが圧倒的にやりやすい。
それとレンズの大きさから言ってもこのボディの方が扱いやすいね。

マニュアルフォーカスの補助機能として、 中心部の拡大表示(フォーカスエイド)と被写体のピントが合った部分の輪郭を色つきで表示する(フォーカスピーキング)があるのですが、このフォーカスピーキングがとても進化していて、解りやすいので、ファインダーの見えの好さと相まって特にフォーカスエイドを使わなくても不自由しない視認性が確保されています。

Firmware v1.2からの変更のようなので取説には書かれていないのですが、迅速なフォーカスの為にマニュアルフォーカスレンズを​​装着すると、自動的にジョイスティックを1回押すだけで100%にライブビューを拡大表示するモードに成ります。所謂ジャンプズームと言うやつですね。そしてジョイスティックで任意の方向に拡大領域をスクロールすることが出来る様になりました。これはとても便利です。

Aposq900
Leica SL+Leica M-Adapter T+Leica R-Adapter M+Vario-Apo-Elmarit-R 70-180mm f2.8

ライカ銀座で色々お話してきたのですが、ライカSLのレンズはズーム2本とズミルックス SL F1.4/50mm ASPHを含めて合計3本が年内発売予定されていて、その他のラインナップが揃ってくるのは暫く時間が掛かりそうな感じです。
まあ アダプターで遊びなさいと言うことなのでしょう。 もちろん其のつもりなんですが(笑)

ちなみにVario-Apo-Elmarit-R 70-180mm f2.8はケラレも無く問題なく使えます。桜や蓮の花が咲く季節が待ちどうしく成ってしまいました。

« ライカ バリオ・エルマリートSL f2.8-4/24-90mm ASPHのレポート 続き | トップページ | ライカSL typ601の被写体追尾(トラッキング)撮影を試してみた。 »

Leica Digital」カテゴリの記事

コメント

今M9-P+Noctiluxを使っていて
次のボディはMシリーズにするべきか
SLにするべきか悩んでいて
こちらのHPに辿り着きました。

元々目は良いのでレンジファインダーでも
それなりに十分使えてます・・・が
それでも打率がやや悪い、と感じるときもあって
いよいよ買い替えるぞ、と。

やはりノクチにはSLの方が使いやすいみたいですね。
240とかと比べて使った人の直接の感想があまり見つけられなくて
噂?だけひろったりして、実際どうなんだろう・・・と思っていました。

デザインはMの方が好きで個人的にロゴとかマークとか
いらない派なので・・・・しかもSLは重いので。
でもノクチのピントが合わせやすい方を買うべきか、と、
こちらのブログを読んでいて思いました。
新型の発表もあって心は揺れますが合わせやすいと聞いたら
ぐっとSLに傾いています・・・

人によって感じ方は変わるかもしれませんが
それでも比較記事とか感想とか書いていただけると
とても助かります。
ありがとうございます!


horoさん こんばんは
私の拙いWebサイトに来て頂いて、ありがとうございます。

Noctiluxの使い方については、色々有りますが、僕は今のところSLが一番だと思っています。
特に三脚に取り付けての撮影の場合は、ジョイスティックでピントをあわせたい部分に、ピンを置いてから
スポット測光で、任意の部分にピンポイントで露出を選べますので、端正な絵が作れます。

M型だとそうは行きませんね、

最近 ライカ50mmレンズBOKE味 比較という記事をこのBlogに上げました。

LeicaM typ240+Noctilux -M 50mm f1.0

ボディ違いで
Leica SL+Noctilux -M 50mm f1.0
で撮影した比較画像を載せていますので、是非参考になさって下さいませ。
   ↓
http://leicar.cocolog-nifty.com/blog/2017/01/50mmboke-260f.html

はじめまして、Noctiluxを便利に使いたくて興味深く拝読しています。
Leica自体についても知識不足なので質問させていただければと思います。

ボディなのですがSLの質感やファインダーが非常に好みなので順当にSLを選択すれば良いのですがSONYのαシリーズボディにコシナのVM/Eアダプターを装着すれば近接撮影が出来るようなので迷っています。(α9ならカタログスペックは逆転しているようにも感じられる昨今なのでと、、、)

ただ、シャッターの感覚や質感がSLの方が好みなのです。
また、SLを選択した場合バリオ・エルマリートSL f2.8-4/24-90mm ASPHは必要でしょうか?

質問ばかりで申し訳ありませんが、個人的な感想で結構ですので宜しくお願いします。

kim5さん こんばんは

私の拙いWebサイトに来て頂いて、ありがとうございます。

Noctiluxを使うのに一番楽しいボディはLeica Mです。
レンジファインダーでピントを合わせる楽しみもありますから...

僕は昔からライカRボディ派なので、Rレンズを使い続けるためにSLに至っています。
SONYのαシリーズは使ったことがないので、判りません スミマセン。

SL f2.8-4/24-90mm ASPHはとても良いレンズですよ。今のところ一番稼働率が高いです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ライカSLに Leica M-Adapter T 導入:

« ライカ バリオ・エルマリートSL f2.8-4/24-90mm ASPHのレポート 続き | トップページ | ライカSL typ601の被写体追尾(トラッキング)撮影を試してみた。 »

フォト
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ウェブページ