« Audirvana Plus 1.5.12の設定でhiFace EvoとEvo DACのI2S(Inter-IC Sound)接続32bit/192kHzの再生楽しむ | トップページ | Travel of India and Bangladesh »

2014年8月10日 (日)

神代植物園 

何年ぶりだろう熱帯スイレンを神代植物園に撮りに出かけるのは?と思って撮影後記を調べてみたら、2010年に撮影に出かけているので、ほぼ4年ぶりである。当時の機材は
Angenieux 180mm f/2.3 APO
Ai AF Micro Nikkor 105mm F2.8D
Ai-s Nikkor 135 mm f/2.0
Nikon D700と成っているので、丁度フルサイズで撮り始めた頃だ。大変に暑かったのを覚えていた。
今年は神代植物園大温室前の池に水が入っておらず、熱帯スイレンは温室内の撮影と成ったので暑さ的には楽だった。

3

今回の機材は LEICA M (Typ 240)
Vario-Apo-Elmarit-R f2.8/70-180mm / Summilux-R f1.4/80mmとApo-Macro-Elmarit-R 100mm f2.8を持ちだしたが、結局AMEは使わず仕舞い。

7

LEICA MのオートブラケットをONにして3コマを露出ステップ プラス・マイナス1に振った設定で連続撮影をしたのだけれど、2回ほどLeica Mが固まってしまったのには閉口した。 batteryを抜いてやれば復帰するんだけれど...(^^;;;
これって何なのだろう? Leica Digital-Modul-Rの頃から固まるのには慣れっこに成っちゃってますけど、変ですよね。

1

Vario-Apo-Elmarit-R f2.8/70-180mmは重くて、手持ちでオートブラケットしながら撮ると、段々レンズヘッドがお辞儀して最後のコマの構図がズレちゃってるのには笑ってしまいました。
本当に体力が無くなっちゃったんだなぁ と実感しました。 情けない!
tamura先生に蓮が咲いているよと教えて頂いて、幸運な事に今年は蓮と熱帯スイレンの両方を撮ることが出来た。

6

蓮の花は鉢植えで屋外に有ったので、三脚を使うことが出来て、一安心。

Zindai7

今回の撮影会は深大寺そばオフと言うことで、
tamura先生 野本せんせい ぽち先輩 こびさん エスケイさんとご一緒に楽しく深大寺蕎麦のお昼を頂いて散会と成りました。

Photo

今回の撮影をWebにアップしましたので興味のある方はご覧になってみて下さい。

神代植物園 Jindai Botanical Gardens
Leica M Type240で作成した Web フォトギャラリーです。現像ツールはAdobe Lightroom Ver 5.3+CS6
こちらから入れます。
HTMLとFLASHバージョンの二種類UPしてますが、HTMLバージョンは撮影データを見ることが出来ます。

« Audirvana Plus 1.5.12の設定でhiFace EvoとEvo DACのI2S(Inter-IC Sound)接続32bit/192kHzの再生楽しむ | トップページ | Travel of India and Bangladesh »

Leica Digital」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神代植物園 :

« Audirvana Plus 1.5.12の設定でhiFace EvoとEvo DACのI2S(Inter-IC Sound)接続32bit/192kHzの再生楽しむ | トップページ | Travel of India and Bangladesh »

フォト
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ウェブページ