« Leica Mで、まずは「ゆるり」と撮ってみる。 | トップページ | iPad miniとApple Remoteでリスニングポジションから極楽 操作 »

2013年12月 8日 (日)

Leica M Type 240にCONTAX Planar 80mm / f1.4を着けてみた。

この11月末にLeica14642 M用 R アダプターが発売に成ったはずなのに、未だ入荷のお知らせが来ない。 ちょっとじれてきたのだが、またかる〜く「未だですよ〜」と〇〇〇カメラのオネイサンにあしらわれてしまいそうで、電話するのを逡巡している。

と言うことで、防湿庫をゴソゴソ漁ってC/Y-LMマウントアダプター成るものを探しだした。muk YC-LM RJと言うシロモノですが、どうも中国製のようだ、ちょっとガタがある。気持ちよくはないですが、まあ実用には差し支えない程度です。

Leicazisdd

CONTAX Planar 80mm / f1.4を着けて撮ってみる。
良い感じですね。 CONTAXレンズもこれで晴れの出番がやって来る。 本命のRレンズより先に着けたくなかったのですが...(爆笑)

Leica_zisff

Planar独特のトーンと密度の濃い階調表現はLEICA-Mで更に輝きを得そうだ。
昔ライカとコンタックスツァイスレンズは共に競争関係に合った。
フィルムの時代は其々レンズ描写に拘ったファンがいた。カメラ雑誌に特集されたプラナーとズミルックスの比較記事等もワクワクしながら読んだものだ。
京セラがCONTAX光学事業から撤退し、母艦をなくしてしまったCONTAXレンズ達だが、
ライカRレンズの救済と同じく、これからは競争相手だったライカが母艦と成るのだ。感慨深い物がある。
ちなみにコンタックス645のレンズ群もライカSに使える純正マウントが出ているのだ。

Christmas_wreath_mm

T*Distagon 35 mm f/1.4も活躍しそうです。

2013 12/11 追記
意を決して〇〇〇カメラのオネイサンに電話してみました。(笑)
とても親切に対応して下さいましたが、Leica14642 M用 R アダプターは未だ一本も入荷していないとの事です。
ちなみに僕の順番は11番めだそうです。「気長に待ちます」と申し上げて電話を切りました。ううぅぅ〜

« Leica Mで、まずは「ゆるり」と撮ってみる。 | トップページ | iPad miniとApple Remoteでリスニングポジションから極楽 操作 »

Leica Digital」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Leica M Type 240にCONTAX Planar 80mm / f1.4を着けてみた。:

« Leica Mで、まずは「ゆるり」と撮ってみる。 | トップページ | iPad miniとApple Remoteでリスニングポジションから極楽 操作 »

フォト
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ウェブページ