« やっと Leica M Type 240が届いた。 | トップページ | MacOS10.9(Mavericks)はAudirvana PlusはOKだがhiFace Evoは駄目 »

2013年11月10日 (日)

Leica M Type 240のテクニカルデータ

Leica Mを新しく使うにあたって、シンプルな機種だけに、思い込みで使えてしまう。
意外と解っているようで、解っていないLeica Mのテクニカルデータを纏めてみた。

Leica Digital Laboratory に ライカM Type 240 テクニカルデータ覚書を追記

Leicamd4

特にバッテリーに関して、新しいバッテリーは、フル充電してから完全放電させる(ライカ M に入れて使い切る)というサイクルを最初に 2、3 回行うことで、性能を十分 に発揮できるようになります。その後もこのサイクルを 25 回に 1 回ほど行うのが好い。

ライカ M はバックアップ電池を内蔵している。バックアップ電池は日付と時刻の設定を最大 2 ヶ月間保存するためのもので、バッテリーを 電源としている。バックアップ電池が放電してしまった場合は、バッ テリーを入れて充電する。 充電を始めてから数日後にフル充電 になります。充電中はライカ M の電源を入れる必要は無い。

« やっと Leica M Type 240が届いた。 | トップページ | MacOS10.9(Mavericks)はAudirvana PlusはOKだがhiFace Evoは駄目 »

Leica Digital」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Leica M Type 240のテクニカルデータ:

« やっと Leica M Type 240が届いた。 | トップページ | MacOS10.9(Mavericks)はAudirvana PlusはOKだがhiFace Evoは駄目 »

フォト
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ウェブページ