« iPhone4s用Bluetoothキーボードケース | トップページ | RICOH GXR MOUNT A12: Spring starflower »

2012年5月 4日 (金)

オーディオ今昔 CDからDigital audio playerへ

我が家の日常オーディオも確実に変わってきてます。
まずCDを買うということが無くなってきた。今は殆どAppleのiTunesでバラ買い(この気に入った曲を一曲ずつ買うという発想も定着してきた)。
買ったソースはALAC(Apple Lossless Audio Codec)でPCにファイルされる。
過去に買ったCDも殆どはiTunesに落としてある。
ですからCDプレーヤーを使うことを全くしなくなってしまった。(何故?メンドクサイからである)
僕はナガラ的に音楽を聞くので、例えばパソコンをしながらとか...これで十分なのである。
可哀想な QUADのディスクトップオーディオ! CDプレーヤーはこのところ全く使われたことがない。

Amp


で今のシステムはどうなっているのかというと
こんな感じ
iPhoneからDock ケーブル用 USB コネクタでデジタルで取り出してHP-P1でDA変換してLINE. OUT(この出力端子はHP-P1のアナログアンプはスルーしてます)から、このままプリアンプ QUAD34のAUXに繫いでも良いし
iQubeに繋いでからヘッドフォンに繫いでも良い。設置場所は机の上の少ないスペースで足りてしまします。iQubeのAMPは出張の時はここから外して鞄の中へ放り込まれます・

Ipod

後ろの配線はこんな感じだ。 
ケーブルは古河電工のPCOCC-A を使った物で統一している。
デジタルメディアオーディオの時代になってから感じることですがアナログ時代よりもシビアにケーブルで音が変わっくるから皮肉です。
もっと凄いのはこれにiPod shuffle等のシリコンオーディオを繋いでやると、更に音の明瞭度と解像度が上がるということです。オーディオプレイヤーに回転系機構が無いのだから、当たり前といえば言えるんだけど、もうオーディオプレーヤーは価格や重量で云々と言われる時代ではなくなったな。
大理石のベースにレコードプレーヤやアームをセッティングしていたあの時代が懐かしい。


Iphone


« iPhone4s用Bluetoothキーボードケース | トップページ | RICOH GXR MOUNT A12: Spring starflower »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オーディオ今昔 CDからDigital audio playerへ:

« iPhone4s用Bluetoothキーボードケース | トップページ | RICOH GXR MOUNT A12: Spring starflower »

フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

他のアカウント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ウェブページ