« APOCHROMAT KINOPTIK 75MM F2.0 | トップページ | APO-MACRO-ELMARIT-R 100MM F2.8 »

2011年12月18日 (日)

APO-TELYT-R 180MM F3.4

2004年2月7日土曜日


「小籠と行く南翔小籠包&撮影ツアー」と言う楽しい企画が持ち上がったので、長寧路×江蘇路 の交差点で午前10:00に待ち合わせ (おやつ:ひとり20元まで)という事で 海鴎同志のメンバー(何を隠そう 僕も同志の末席に名前を載せてもらっているが) と上海南翔へ出かけて来た。 参加人員が10名を越える大人数になったのは、南翔小籠包(美味しい事で有名な)のお蔭か (それとも小籠同志の人徳か) 海鴎同志の他にpa-sh images の写真家マエハラさんとそのお友達が参加されたのは、新鮮でした。 デジタルを考え直す切っ掛けが出来たような気がします


市バスに乗って現地に向かう
(バスの座席で機材のバッグを開け
てブロァを取り出し・・皆でシュポ
シュポした行為は少々異様だった
かもしれない) ・・ホントに・・
お散歩撮影会という事で 
ホンワリムードで楽しかった。

機材はテンバのバッグにR8とElmarit-R 28mm f2.8とApo-Telyt-R 180mm f3.4 Summilux-R 80mm ・35mmf1.4(結構・・重い) Apo-Telyt-R 180mm f3.4は購入してから、初の本格稼動という事で、少々期待と不安が入り混じる。 南翔公園の中は特に撮るものも無く、結局・・公園から少し歩いた河沿いに労働街と言う下町があり、土曜の午後という事もあって 寂れた雰囲気を醸し出していた。色の乏しい街なのでカラー撮影よりもB&Wが似合うななどと考えながらフィルムを4本消化する。レンズは殆どElmarit-R 28mm f2.8とApo-Telyt-R 180mmに終止してしまった。 昨年からSummiluxばかり使ってきたので、反動かなぁ・・・等と考えてしまった。 お約束の南翔小籠包は薄皮かつジューシーで中々に美味であった事を報告させて頂きます。

作例:Nan Xiang Town Sanghai (南翔)撮影行き
こちらから入れます。


Shapeimage_12

« APOCHROMAT KINOPTIK 75MM F2.0 | トップページ | APO-MACRO-ELMARIT-R 100MM F2.8 »

Leica Digital」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: APO-TELYT-R 180MM F3.4:

« APOCHROMAT KINOPTIK 75MM F2.0 | トップページ | APO-MACRO-ELMARIT-R 100MM F2.8 »

フォト
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ウェブページ