2018年2月12日 (月)

タイの社員旅行

昨年末からお世話させて頂いているタイの会社の社員旅行に一緒出掛けてきた。
日本も昔は社員旅行が恒例で有ったが、もうかれこれ30年前頃の行事だ。
中国の現地法人でも一時期やっていたが、それでも10年以上前に無くなってしまった。
工場の立地が都市化して、個人其々が自動車を持つように成り、旅行が特別なものでは無くなった頃から、社員旅行は廃れてきた行事なのだと思う。

本当に懐かしい! 観光バスを仕立てて、朝早くから出かけるのだけれど、前の日から皆ソワソワしているのが解る。

当日の旅は朝暗いうちから極彩色にペイントされた2階建ての観光バスに乗り込んで、タイとミャンマーの国境沿いに位置するサイヨーク国立公園に向けて出発した。片道4〜5時間の長距離である。
既にバスの中から、カラオケが始まり最後部の座席に男連が陣取ってビールやらアルコールを摂取するのも日本と同じである。

Zou2

なんと添乗員が5人も同乗しているのには、驚いた!流石 微笑みの国、言葉も分からずにボケッとしていても添乗員の巧みな気配りでスケジュールは順調に進んでゆくのであった。皆さんとてもフレンドリーです。
映画「戦場にかける橋」によって有名に成ったクワイ川鉄橋を列車で渡ると言うプログラムも有ったりして盛り沢山で、とても楽しめました。

Kanchiyanaburi6b

例によってカメラ持参しました。出かける前は、どのカメラにしようか随分迷いましたが、少し重いけどSLとバリエル24-90にして良かったと思います。マルチファンクション ハンドグリップ は外しました。最軽量セット....素の状態です

Img_5963

Leica SLとVario-Elmarit-SL 24-90mmASPH f2.8-4.0 で撮った作例
Thai Kanchanaburi 2018をWebにアップしましたので御覧ください。

Leica SL Typ601で作成した Web フォトギャラリーです。現像ツールはAdobe Lightroom 6 Ver7.1 Camera Raw 10.1+CS6

こちらから入れます。
HTMLとFLASHバージョンの二種類UPしてますが、HTMLバージョンは撮影データを見ることが出来ます。

2018年1月 7日 (日)

Billingham 335 にライカSLフルセットを詰め込む

ビリンガム 335にライカSLとレンズ3本

バリオ・エルマリートSL f2.8-4/24-90mm ASPH
アポ・バリオ・エルマリート SL F2.8-4/90-280mm
ズミルックス-SL F1.4/50mm ASPH

を詰め込めるか?

Webbili

できればSLボディはマルチファンクション ハンドグリップ HG-SCL4を着けて収納したい。
アポ・バリオ・エルマリート SL F2.8-4/90-280mmの三脚座は外さないで収納したい。
一本のレンズはボディに着けたままで出し入れしたい。 等など...欲望は募ります。

いやぁ~ 悩みました。パズルみたい
マルチファンクション ハンドグリップ を装着するとSLボディはほぼ真四角150mmx150mmのサイズに成るのです。
これも嵩張ります。

Bi25

問題はレンズフードです。大きくて嵩張るのです。SLのレンズフードは収納時に逆さまにしてレンズに装着できて、一見収納性が好い様に見えるのですが、実はその状態で、カメラバッグのスペースに入れて行くととても容量を食うのです。

かと言ってレンズフードだけを取り外して収納するともっとスペースを食うし…

正解はSLボディに取り着けたズミルックス-SL F1.4/50mm ASPHにアポ・バリオ・エルマリート SL F2.8-4/90-280mmの巨大なレンズフードを取り着けて収納する。....でした。
このSLレンズ3本ともレンズ外形は同じで、全てのレンズフードが共通で装着できます。

Bi3

アポ・バリオ・エルマリート SL F2.8-4/90-280mmは縦に入れると、長すぎてジッパーが締まりません。ビリンガムのクッションに通して、横置きに収納してます。その上にレンズを下向きにしてボディが乗る格好になります。

Bi4

えーとですね......総重量は7.9kgです。
まあ 担げないことはありません....(^^;;;;; 
斜め掛けで出かければ、それ程の重量には感じません。ただこの重量を常時肩に乗せて長時間移動できるか...うう〜ん 体鍛えないとイカンなぁ

なんで、こんな事を始めたのかというと、実はですね
Oberwerth (オーヴァーバース) ショルダーバッグ Portoと言う大変お高い値段の
ドイツ製のショルダーバッグが有って、ライカSLの収納例が載っているわけです。(以下3枚の画像はOberwerth Portoの紹介記事から拝借しました)

Muenchen_dunkel_schwarz_main

まさにライカSLとレンズ3本のフルセットがスマートに収納されているではありませんか!
ううぅむ 格好いい!

Porto_leica_sl_04

Oberwerth カメラバッグ ポルト 
外側寸法 : W365 x D180 x H280mm
内側寸法 : W345 x D140 x H235mm
重量 : 1580g

Porto_leica_sl_03

Billingham 335
外側寸法 : W370 x D220 x H265mm
内側寸法 : W355 x D150 x H220mm
で重量 : 1.800gですから、ほぼ同し寸法なのですが、ビリンガム 335は高さが若干足りないので、一番長いアポ・バリオ・エルマリート SL F2.8-4/90-280mmが縦に入らない。
その代わり横幅が有るので、マルチファンクション ハンドグリップ付きで収納できるのではないか?
と思い立ったからであります。

Bi15

やってみるものですねぇ...上手くゆきました。


2018年1月 4日 (木)

生卵食文化について考えてみる

とても美味しい新鮮な卵を大量に頂いたので、生卵食文化について考えてみる。

生卵を食べる料理を思いつくままに書き出してみる。
生卵→卵かけご飯→すき焼きのお肉に生卵を絡める→卵トロトロの親子丼→関西に多いカレーに生卵→立ち食いそばに生卵落とし(月見そば) →釜玉うどん→吉野家牛丼に生卵→鍋焼きうどんに生卵→半熟目玉焼き→タルタルステーキに生卵→日本では食べられなく成っちゃったけれどユッケに生卵→納豆に生卵(うずらの卵もある)等など

Eggblog

海外だとまず食べられない生卵ですが、それはその国の衛生管理事情に有るみたいです。
日本の卵の安全管理は特別に安全ですから日本人は生まれたときから普通に生卵が食べられて、生食も食文化として根付いてきた。実は生卵を食べられる環境は日本が特別なんだと考えるのが、正解のようです。

Sukiyaki5blog

逆に生卵を食するとお腹が痛くなってしまう国の人から見れば、とても奇異(危険)な行為に見えるのでしょう。

シルベスター・スタローンが映画ロッキーで寝起きに冷蔵庫の中から取り出した生卵をコップに割り込んで、ごくりと飲み干すのは、とってもワイルドな行為であって、普通の欧米人から見れば「信じらんない、スゲエやつだぜ」と言う事になる。
日本人が見ると、「おおぉ!気合い入れたなぁ」ぐらいのもんですが…

でもね ちょっと不思議なのは、目玉焼きなんですけれど、海外のホテルでSunny-side upで頼むと、結構生卵状態なんですけど….特に黄身に火が通っていない状態とかもあるので、僕は危険を感じますからOver-hard/Hardでお願いしてますが、欧米人は結構平気で食ってる。

多分調理(COOK)して有れば、大丈夫と言う理屈で、生卵は調理してない素材だよ(そのまま食べるのは野蛮)と言う思考が成り立っているんだと思う。

僕はSunny-side up (片面焼き半熟の目玉焼き)やOver-easy (両面焼き半熟の目玉焼き、黄身はほぼ生の状態)は一番危険だと思うのですよね。だって卵でおなかイタイイタイに成っちゃう場合は、サルモネラ菌の食中毒ですからね

Sukiyaki1blog

黄身がトロトロのカルボナーラとか、韓国のユッケ、ポーランドのタルタルステーキなんかは食に安全な国で育った日本人にとってホントはリスクが高いと思う。美味しいけどね 
旅で訪れている時は、我々は現地の水を呑んで育ってないから、お腹の免疫力が低いのね!注意しましょう。生サラダ食べてもお腹壊したりしますから

ちなみにドイツの豚肉生食(メットというドイツの味付けした豚ひき肉を玉ねぎと一緒にパンに挟んで食べる)は日本の生卵と同じで、食肉衛生管理基準がとても厳しくて、生で食べられます。日本人が豚肉の生食「ええぇ!」と驚くのですが、ドイツでは普通です。でもメットに生卵は入れませんし、日本の豚肉でこれをやるとお腹痛くなる確率が高いので、絶対にやってはいけません。

最後に僕の一番好きな卵料理はハムエッグです。ロースハム2枚をサラダオイルを多めに入れた熱々のフライパンでちょっと端がチリチリに焦げるくらいに焼いて、ハムを取り出した後フライパンに残った油で生卵を2個目玉焼きにするんですけれど表面がちょっと白くなるくらいに焼いて中はトロリ状態です。Over-easyくらいかな

これをアツアツの御飯の上に乗っけて、お醤油を垂らして食します。「ああぁ日本人に生まれて幸せ」

2018年1月 3日 (水)

久しぶりのBMW 車ネタです。

昨年末に車検を終えたBMWですが、シフトレバーの台座と言うかシフトパネルのシルバーメッキの飾りが、波打っているのに気がついた。

品質悪いぞBMWってクレームすれば、交換してくれそうな気もしたのですが、レイヤードサウンドのON:OFFスイッチを取付けたりしているので、アマゾンで売っているシフトパネル 綾織ブラックカーボン製 (デュポンクリア塗装仕上げ)なんていう物を取り寄せて、貼り付けてみた。

Bmw2

なんだかちょっと浮いて居る感が無いでもないが、まあパネルがウネウネしているより、精神的に良いでしょうという事で、納得してます。飽きたら剥がせば良いしね

それともう一つ昨年キドニーグリルをブラックに交換していたので、その画像を....

Bmwf2

自分ではそんなに変わらんかなぁ 等と思ってましたが、会社の駐車場に停めてた時に、数人から替えたの?
と質問されたりしてるので、結構印象変わるんだなぁと改めて思ってます。


恒例のキプロスから初荷が届いた。

昨年もクリスマスに発注したら、1月2日に届いた。
Rock & Roll -Snake camera straps。
今回も同様に、昨年末12月23日に発注したら、今日届いた。 連絡されてきた追跡システムのアドレスが不備でメールで問い合わせたら、即日丁重に返事が来たので、顧客サービスも良くて安心できますね。

Tieherup

今回はSnake Silver Grey strap - 100cm
色をどうするか迷ったけれど、シルバーグレーにして良かった。

Tieherupbest

お値段は€49.0に送料€14.0を入れて€63.0ですから、日本円に換算して¥8,500位
同じようなロープストラップでLeica (ライカ)純正 ロープストラップ by COOPHっていうのが有って、値段もほぼ同じくらいなんだけれど、如何にもクライミングロープ使ってますって感じで、断然こっちが素敵だと思う。

Tieherup2

Snake camera strapsと言うネーミングの通りにちょっと爬虫類的な雰囲気があって、格好いいでしょ?

2018年1月 2日 (火)

2018正月 皆様明けましておめでとうございます。

2018正月 皆様明けましておめでとうございます。

昨年末 恒例の年越し蕎麦から始まって、放縦懶惰に飲み続けております。

Sobablog

我が家恒例の年越し蕎麦は新潟十日町の「へぎそば」 聞きなれない人も居るかと思いますが、「へぎそば」は蕎麦のつなぎに布海苔を入れたお蕎麦です。へぎ(片木)と呼ばれる板の様な器に盛られて出てくるので、へぎそばと言われるようになったそうです。
ツルツルとした喉越しとシコシコのプツッと歯ざわりが堪りません。笊蕎麦仕立てにして、天ぷらを肴に頂く。

Sake2018blog

今年の年越し酒は、「田むら 純米大吟醸山田錦」 東京福生の蔵元です。近所の仲良しな酒屋さんのお勧めで入手した。冷やしても旨いが、常温だと香り高く芳醇でビックリするほど美味い!

未だ呑んでいないが雪中梅 大吟醸がとても楽しみ。〆張鶴大吟醸金ラベルも限定品でなかなか手に入らないが、どうゆう訳か毎年弟が送って来てくれる。 有り難いことです。感謝

雪中梅は新潟県上越市にある蔵元 〆張鶴は新潟村上の酒だ 共に軟水で仕込んだ淡麗旨口の酒

Osechiblog

食も酒も新潟に偏っているのは、やはり母親の里がそうであるのが影響しているのだろうか?

まあ美味い物が有る場所には、旨い酒も有ると言うことでしょう。

ちなみに画像は全てライカSLに昨年末に入手したSUMMILUX-SL F1.4/50mm ASPHを装着して撮っております。

2017年12月29日 (金)

Leica SUMMILUX-SL F1.4/50mm ASPH

2016年末このレンズの発売がされた時に、此のBlogで、大きいとか,重い1kgも在るんですぜとか散々に書いておりましたが、あらら....いつの間にかポチッといっておりました。

いえね でも...散々 待ち続けました。この一年間あまり...ハイ

待ち続けたレンズはアポ・ズミクロン SL f2/75mm ASPH.なんですが、当初は2017年夏発売だったアナウンスがいつの間にか秋頃発売に変わって、今は2017年内発売予定に成っておりますが、一向にその気配はありません。 
実は待ちきれずにライカ銀座の係りの オネイサンには何か情報があったら、電話してくださいね とお約束している次第です。

そんな折も折、長男殿から「ライカM10ユーザーに成りましたぁ」などという写真付きのSNSが送られてきて、「それでは、お祝いに鮨でも食うか?」ということに成りました。

Blog

長男殿持参のブラックのM10ボディには定番のSummicron F2.0 ASPH Ver.6th が装着されておりました。このレンズはメタルフードが偉くカッコイイ
少し複雑な心境(蛙の子は蛙…ライカ沼に親子で… ううぅ)

ライカ談義に花が咲き ビールの酔も廻った頃に「ああぁ イカン これから年末年始に子供に対抗できる機材が無い」→ 「ううぅ〜む」→「なんか欲しい」の物欲方程式が脳内形成されてしまいました。
所謂 物欲の連鎖というやつでしょうか?

ところで、SUMMILUX - SL F1.4/50mm ASPHについてネガティブな事を書いていたのは、自分的にどうやって消化したのか?

デカイ・重いと言っていたのはどうなったのか?→シグマの50mm F1.4 DG HSMもそれなりに大きくて重い……800gちょっとか(シグマと比べてどうする〜)

ZEISS Otus 1.4/55はマニュアル仕様で1,030 gと1k超えだから変わらんやないか!レンズ構成や枚数がほぼ同じなんだから、逆にAF組み込んで約1,065gに抑えたライカ ズミルックスSL f1.4 /50mmASPH は凄いんじゃないの〜
などと訳の分からない言い訳を考え出して、ポチッを正当化してるのね

Blogsumil2

で…もう少し真面目に何が決め手かというと、このレンズのMTF性能曲線図の素晴らしさです。
実はライカR時代のズミルックスレンズは、どちらかと言うとノクチルックスに近いレンズでピーカンの昼日中に使うレンズでは無かった。絵に成らなかったのである。所謂 黄昏時に実力を発揮するレンズでした。低照度下で僅かな光の明暗差を捕まえる事ができると、暗部のグラディエーション再現性を含めて非常に絵心の有る写真が撮れた。

Summiluxsl50mmasph_f14

さて13年ぶりに発売となったSUMMILUX-SL F1.4/50mm ASPHはどうでしょう?
絞り開放 f1.4からコントラストが高くMTFデータでほぼ90~99%に近い値を維持していて解像度も80%台だ。f5.6まで絞り込むと性能は更に上る。
もちろん既に使い倒しているVario-Elmarit-SL 24-90mmASPHも十分過ぎる解像度なんですが、SUMMILUX-SL F1.4/50mm ASPHは絞り開放からキレッキレのシャープな写りです。もちろんコントラストも高い。これはちょっと異次元の写りだ。

ちなみにライカ ズミルックスSL f1.4 /50mmASPHのレンズ構成 は非球面レンズ2枚と異常部分分散ガラス4枚を採用した9群11枚。 レンズ内モーターによるAFで、フォーカシングによる全長変化がないインナーフォーカス方式です。AFは先に発売されたバリオ・エルマリートSL f2.8-4/24-90mm ASPHと比較すると若干ですが遅いように感じます。 が、問題になるレベルではありません。最短撮影距離は0.6mこれはちょっと長いかなぁ
サイズ(最大径×全長):φ約88×124mm 質量は約1,065g

Blog50mm

カメラボディ側の記録媒体が映像素子になり、その性能が今後もどんどん高画素に成ってゆくデジタルな未来を考えると、レンズ性能的には1億画素に成っても対応可能な光学特性を維持しておこうという事になる訳で、特にライカSやSLのレンズは単色収差を抑える目的で非球面レンズと異常部分分散特性に優れた硝材の組み合わせで、単色収差をコントロールしているようです。

非球面レンズの取り組みは日本のカメラメーカーでも行われているが、一番大きな問題はコスト面と量産性の両立だ、日本のメーカーはガラスモールドを主流に非球面対応を行っている。非球面レンズの製法は大きく3つに分類されてろり、ガラスモールド以外では、研削加工機を使って直接ガラスを研削して面形状を創生する”研磨非球面レンズ”、非球面ガラスの上に樹脂を用い非球面とする“複合型(ハイブリッド)”がありますが、ハイブリッドは安価なレンズに使われる場合が多い。

ライカ社で最初に非球面レンズを使ったのが1960年代のノクティルックス50mm F1.2でした。当時の非球面レンズは手磨き研磨による製造で、非常に手間がかかった。そのためノクティルックスM f1.2/50mmは、1966年から1975年の間にわずか1,500本ほどしか製造できず今でもプレミアムが着いている。

ライカの非球面レンズ開発は更に進化して、ガラスモールドだけでなく研磨非球面レンズの製造技術も進化させている。その転換点といえるレンズがアポ・ズミクロンM f2/90mm ASPH.の非球面レンズですね。
非球面レンズの第4世代といえます。このレンズは色消しのアポレンズと非球面レンズを組み合わせだ。

Summiluxsl50mmasph

ライカカメラ社のレンズ開発責任者であるピーター・カルベ氏云わく、硝材的にモールド成形が難しいものに関しては切削非球面で対応しているとの事です。ガラスモールドの場合は金型を磨き込み、切削の場合はQEDシステムと呼ばれる装置を使ってレンズ側の磨き込みを行っているそうです。

結果 SUMMILUX-SL F1.4/50mm ASPHは全撮影距離で絞り開放f1.4の開放値で高画質を実現している。被写界深度を浅くして被写体の一部を際立たせ、シャープな部分から驚くほどなめらかにボケていく、立体感あふれる描写が可能になった。最高水準の光学性能と新たな基準を打ち立てたとライカがアナウンスした訳ですが、確かに凄い!
こんなレンズ見たこと無い。

Bosehp

実は量産領域で単色収差補正をやるのはとても難しいのと、真面目にやればやるほどにコストが掛かる。つまりレンズの価格が高くなるわけですが、それが商品化できるのがライカの真骨頂だと思います。

2017年11月18日 (土)

Buddha Thailand

縁があって、タイの会社のお世話をする事になりました。
月に一回 数日滞在させて頂いて、仕事をさせて頂く訳ですが、タイの人々は非常に親日的で、中国で苦労した事を考えれば仕事は順調に進みます。

仏教国 尚且つタイ王室との本の皇室との友好的な交流はタイ国民には広く知られている所で、国民の一番往きたい外国は日本だそうです。
日本からのお土産には何時も文明堂のどら焼きを持参するのですが、タイでもドラえもんの漫画はアニメで子供の頃から親しまれているので、ドラえもんのどら焼きと言うことで、非常に喜ばれるので、グリコのポッキー(抹茶味バージョン)とセットで持参してます。...(^^/

会社はタイのシンブリ県にある。 
アジアハイウェイを北に遡り、アユタヤを抜けて一時間位ひた走りに走り続けると、チャオプラヤー川の西側に広がるシンブリに到着する。 バンコックから143km 鄙びた街です。
途中のアユタヤには工業団地が有るので、日本料理屋も有るし、近代的なサービースアパートメントも有るのですが、シンブリはアユタヤから更に一時間ほど離れているローカルな街です。聞くところによると日本人は6名ほど住んでいるらしい。

名物はチャオプラヤー川の川魚で、特に雷魚(カムルチー)の炭火焼が有名です。一匹まるまる、炭火で焼いて、皮を向いて供されるのですが、雷魚なので、尾頭付きだと頭が蛇その物ですから
ちょっとグロい…(^^;;;

まあ…日本の食文化でタイや烏賊の活き造りなんぞも西洋人から見れば、口がパクパク動いているのですから、信じられないほどトンデモナイ料理だと思います。要は食文化 慣れの問題ですからねぇ
雷魚(カムルチー)の炭火焼は食してみると燻製のような味で、薬味入りのエスニックな辛いタレを漬けて食すと、なかなかに美味しかった。
街の至る所に雷魚や川魚のオブジェがあるのでちょっと不思議な感じだ。

Blogbuda

商売繁盛のお祈りを兼ねて シンブリの有名なプラノーンチャックシー寺(全長43mの釈迦涅槃像がある)を訪れて、お坊さんにお経を上げてもらった。

Blogbuda83

ポツポツを写真を撮りましたので、Webにアップいたします。

Leica SLとVario-Elmarit-SL 24-90mmASPH f2.8-4.0
で撮った作例

Buddha Thailand
Leica SL Typ601で作成した Web フォトギャラリーです。現像ツールはAdobe Lightroom Ver 6.4+CS6

こちらから入れます。


2017年10月 7日 (土)

BMW 320d M Sport初めての車検

速いもので、もう3年が過ぎて、今回が初めての車検です。総走行距離は36,648kmです。 年間走行距離は大体12,000km位ですね 
燃費が最高に良い時で17.2km 最悪で10.29km 平均燃費は13.2km位です。特にエコランを心掛けるような人種ではないので、とても経済的な車です。
月平均2回海外出張している事を考えれば、結構走っていると思う。

320d_blog

車を引き取り入庫してもらって、
送られてきた車検見積もりではリアのブレーキバッド(センサーまで残り1mm)とブレーキディスク(摩耗限度まで0.3mm) ですから、交換で合計8万円と書かれていた。 
BMWは 摩耗限度ってコンマmm単位で計測するのかよ?って思ったが、それよりもフロントの方が盛大にブレーキダスト撒き散らしてるけど、なんでリア交換なの? 
フロントは交換しなくてもいいの? という疑問のほうが 大きかったんですが、 
まあメカニックさんには、今まで何ら不満はありませんので、素直に交換をお願いしました。

ナビのアップデートをお願いしたら2年間アップデートというのがお得です。と進められたので「じゃぁ....それもお願いしやす。」......と
なんでも来年と再来年は¥4,725でアプデ出来ると... これが 〆て¥37,000
得してるのか?損してるのか?解らないようなお値段ですが、これで中央環状線山手トンネルが表示されるように成ると嬉しいな 
羽田側から首都高に乗ってトンネルに潜っても、ナビは地上の住宅地走ってるのよね 
それと新東名やら圏央道もここ数年で随分と整備されてきたしねぇ
最近の横浜青葉インターチェンジ・ ジャンクションから国道246への繋がりなんてタコ足配線(死語かしら)の様に成っちゃってるから、いつもの感じで出掛けたら、この間は入り口が判りませんでした...(^^;;;

USBメモリでサイトから地図データをダウンロードして..車のUSBジャックに差し込んで、etc ......自分でやれないこともないのですが、試しに音楽データを移植しようと手持ちのUSBメモリを車に使ってみようとしたら、USBシャックの収納スペースが狭いのとメモリの横幅形状が大きくて刺さらなかった....一気に萎えたなぁ   

それよりも買ってから直ぐに始まった助手席側の窓から聞こえてくるチリチリ音と最近始まった路面の荒れた所を走ると運転席側のドアから聞こえてくるカタカタと言う異音 

もうね... カタカタ音がする度に「駆け抜ける悲しみ」を味わうってどうなの....

我慢も限界に近づいたので、サービスにお願いしたら、運転席側のカタカタ音がしているときに、ドアロックピンを触ってみて下さい....と

「あら不思議 止まるじゃありませんか」 電話で伝えたら嬉しそうに「それでしたら直ぐに治せますっ!」
...だってさ...ちょっとイラッとしましたが、大人の対応で、「助手席のチリチリ音もよろしくおねがいしますね。」...と

(BMW ドア異音)ググってみたら、此の異音については2つとも、結構詳しく書いてあったので、ディーラーも理解しているんだと思う。

F30_msport

BMWの初めての車検が終わったて今日納車されてきた。 
いの一番に悪路走行テスト….「治ってる」...(^^/
出来るじゃありませんか! 我慢してないで、もっと早くお願いすればよかった。

国産車のミシミシ音には、「こんなもんだよね〜」と寛容なのだけれど、ドイツ車から異音がするのは、なんだか許されないような気がしちゃうのは、僕だけでしょうか?

2017年10月 3日 (火)

旅の写真 伊豆修善寺温泉 柳生の庄/妙高高原赤倉観光ホテル 

前回2016年10月から数回出掛けているのだけれど、Blogに上げていなかった。 
まづは  今年5月の伊豆修善寺温泉 柳生の庄 
そして 10月1から出掛けてきた、妙高高原赤倉観光ホテル 
伊豆修善寺温泉 柳生の庄は 前進が港区白金の料亭という事で流石に料理が素晴らしかった。

Yagyu23blog

実は僕の父親も生前にここを訪れて居たそうである。 
店主も既に2代目となり 父が訪れていた頃とは 随分と様変わり(良い意味でリニューアル) したのでしょう。 

Yagyu12blog

名月という 露天風呂の付いた お部屋に案内されたのですが、 この部屋から眺める里山には枝垂れ桜が植わっており5月では既に花も散ってしまっていたが、桜の季節には是非もう一度訪れてみたいと思った。

Yagyu15keltukablogi

そして 先週出掛けてき妙高高原赤倉観光ホテル 夏の終わりにスキー場を訪れるのは 不思議な気持ちですが 
目的は 標高1000mからの眺望です。 
高原リゾートホテルの草分け的存ですが、一躍有名に成ったのはプレミアムな露天風呂つきのが別館がオープンしてからではないでしょうか?   
野尻湖側の露天風呂付きテラスルームCに宿泊した 75㎡の部屋は十分に広くてゆったりと寛ぐことが出来た。
大変素晴らしい眺望で部屋付きの露天風呂に入ると、眼前には水平線と標高1000mからの眺望が広がる、
よく晴れていたので、左は八海山 斑尾高原を中心にして右には草津白根山と野尻湖まで見える。

Akakura76blog

残念なのは夕食のダイニング白樺で用意された懐石料理ですが....懐石というものからは、程遠い代物でした。 
ワインも国産の新潟と山梨のものしかおいて無くて、残念。(ワインはそれなりに良かったですよ...それなりに)
同じレストランの中で、場所は少し離れているのですが、しゃぶしゃぶやスキヤキの家族連れテーブルが有れば匂いも煩さも 格別でした....
本格フレンチと謳っていフランス料理のダイニングにすればよかったのかもしれません。 
でも もう一度冒険してまで、片道300kmを走る勇気はありませんので...申し訳ない。 

Akakura5blog

早朝に日の出の時間をネットで検索して、朝焼けに染まる苗場山と鳥甲山を撮った。
ベランダに三脚を設置して、お手軽に撮れるので申し分ない。
Apo-Vario-Elmarit-SL 90-280mm f2.8-4.0の解像力は凄いものが有る。

Leica SLとVario-Elmarit-SL 24-90mmASPH f2.8-4.0
Apo-Vario-Elmarit-SL 90-280mm f2.8-4.0
Summilux-R 50mm f1.4 ( Type I )で撮った作例

伊豆修善寺温泉 柳生の庄(Izu japan)/妙高高原赤倉観光ホテル(Akakura)をWebにUPしました。
Leica SL Typ601で作成した Web フォトギャラリーです。現像ツールはAdobe Lightroom Ver 6.4+CS6

こちらから入れます。

2017年9月10日 (日)

11.2MHz DSDハイパーハイレゾエディションを聴く

マイテックデジタルのBrooklyn DAC/PREAMPを導入したことだし、
e-onkyo musicから配信されている
Symphonic Suite AKIRA 2016(ハイパーハイレゾエディション)をダウンロードして聴いてみた。

Img_0133900

そして新しくTSCAM Hi-Res Editorをインストールしたので、その実力も試してみた。
DSD 11.2MHz/PCM 384kHz 32bit対応の波形編集ソフトウェアです。
TSCAM Hi-Res Editor なんと無料...タダでふ... (@@;;;
DSD/PCM相互のファイル変換やサンプリング周波数などの変換が出来て、再生中の波形が目視できるのが良いですね。
出力は、44.1KHzから384KHzのPCMと、2.8MHzから11.2MHzまでのDSDが選べます。当然11.2MHzで録音したソースは、11.2MHzで再現するのがナチュラルですが、あえてPCMに変換すると周波数が低くなるほど、線が太くなってメリハリがきいたオーディオ的な音に変わっていきます。面白いですね。
今回はAudirvana PlusでPCM 32bit/352.8kHzにも変換してみましたらDSD 11.2MHz再生との音の違いは殆どありませんでした。(僕が聴き分けられなかったのかもしれませんが...)

20170826_120217

JEITA(一般社団法人 電子情報技術産業協会) が言う所のハイレゾファイルの定義はCD音質を超えるデータはすべてハイレゾだそうです。CDクォリティは(44.1kHz/16ビット)なのですが、つまり44.1kHz/24bitでもハイレゾですし
192 kHz/24ビットPCM 、5.6MHz/DSD、11.2MHz/DSDなどもハイレゾですね

音楽家・山城祥二こと脳科学者・大橋力氏はハイパーソニック・エフェクト効果を提唱されています
ハイパーソニック・エフェクトとは[周波数が高すぎて音として聴こえない複雑性超高周波(40kHz以上)を含む音]が人間の脳の最深部(中脳・視床・視床下部などの領域。)を活性化して惹き起こす現象だそうです。

それじゃぁ どんなものかなと言う事で芸能山城組の人気作『交響組曲 AKIRA』のハイレゾ版 Symphonic Suite AKIRA 2016(ハイパーハイレゾエディション) 11.2MHz/DSDを購入してみた訳ですが...

Img_0134901

Symphonic Suite AKIRA 2016 ハイパーハイレゾエディション4曲目 鉄雄 TETSUO の波形はこんな感じです。

20170826_120448

面倒くさいので、結論から申し上げます。
Webでの紹介記事では、とても素晴らしい事ばかり書いてあるのですが
なんだかなぁ~の世界です。ピリッとしません。
録音が悪いんじゃないかしらと思っていろいろ調べてみたら
音源は1988年に製作されたアニメ映画のために作られたサウンドトラックでDVD-Audioの際の4.1chのマスターから掘り起こしてスタジオミックッスで作られたものみたいです。ベースは24bit/96kHzですね。多分 間違ってたらごめんなさい。

このハイパーハイレゾ版の制作過程 記事から抜粋しますと
「大橋先生が開発された“ハイパーソニック・ウルトラディープ処理”を行ってDSD 11.2MHzの8chレコーダーに入れ、このスタジオのAMEK9098i(コンソール)でミックスしました。」
.....と書かれています。

“ハイパーソニック・ウルトラディープ処理”って...何だろう???よく判りません

確かに音の粒立ちや綺麗な音は素晴らしいと思うのですが....冒頭の雷鳴やヘリのプロペラ音、バイクの走行音、ガムランの音などはもっと生々しくて、暴力的でも良かったのではないでしょうか?

アタクシの脳は全く活性化しませんでした(爆笑)

正確に約100kHzまでのハイパーソニック・サウンドを再生するためには、PIONEER PT-R4というリボン型スーパートゥイーターをアドオンで取り付けることを勧めておられますが、なんだかなぁ

ハイレゾと言っても作品自体のマスタリングの質などが悪ければ、いくらハイレゾで記録してあっても「良い音」になるわけではありませんから....

2017年9月 3日 (日)

ライカSL用レンズの発売がまちどうしいですなぁ

デジカメWatchさんを覗いていたら

「ライカSL」の価格改定(値下げ)と、
フォトキナで参考出品された4本のSL用レンズの発売時期アナウンスがでてましたね

ライカSL」の価格改定は10月1日だそうです

現行価格:99万3,600円
改定後価格:86万4,000円
税込だそうです、13%の値下げですね うう〜む 羨ましいぞ
これでもっとユーザーが増えてくれると嬉しいですね。

具体的な発売日は未定ですが、ライカSL用の新しいレンズ4本の投入アナウンスがでてます。

Sllenses____sl______leica_camera_ag

アポ・ズミクロン SL f2/75mm ASPH.(2017年内発売予定)
アポ・ズミクロン SL f2/90mm ASPH.(2018年春発売予定)
スーパー・バリオ・エルマーSL f3.5-4.5/16-35mm ASPH.(2018年春発売予定)
ズミクロン SL f2/35mm ASPH.(2018年春発売予定)

アポ・ズミクロン SL f2/75mm ASPHとズミクロン SL f2/35mm ASPH.に期待しちゃいますね〜
ズミルックス-SL 50 f/1.4 ASPHは60cmと思ったほど、寄れないレンズなのですが、このズミクロン3種類のレンズは最短撮影距離が大幅に短くなるとアナウンスされています。

Sl_75mm

ズミルックス-SL 50 f/1.4 ASPHと比較しても随分と小さいです。
フィルター径は画像で読み取るとE67ですから、昔のRシリーズのズミルックスR35mmやR80mmと同じサイズに成ります。大体のレンズの大きさが想像できますね。
小さいのは嬉しいなぁ...画像で見るとコンパクトでこれくらいが、SLにもピッタリかなと思います。
ライカのWebサイトでは発売時期がComing soonとなってるけど、確か以前は夏頃発売予定だったはずです。 遅れてるのかな?
待つ時間が長いとズミルックス-SL 50mmに心が奪われてゆく自分が怖い...(^^;;;

Prime_lenses____sllenses____sl_____

2017年8月20日 (日)

Leica R-Adapter-L for Leica SL Rレンズアダプター (ライカRレンズ/ライカSL)

今まで Leica SLにLeica M-Adapter TとLeica R-Adapter Mを重ねてRレンズを使っていたのですが、何となく不安定だったのです。 何がと言うと
SL(Type601)の新しいファームウェア(3.0)にバージョンアップしてからレンズプロファイルでRレンズ選択をするときに、稀にRレンズの選択が出来なかったことが有るのです。

最初にこの症状が出たときには「ん…!」戸惑ってマウントを着けなおしたりして正常になったのですが、気持ち悪いので、Leica R-Adapter-Lを入手しました。

ファームウェア(3.0)にバージョンアップしてから、でたらめなf値がEXIFデータに乗ることは少なくなったのですが、
このLeica R-Adapter-Lを導入してから特にレンズの開放値が正確に出るように成ったような気がします。
気がします…と言うのは最近そんなに写真を撮っていないからです…(スミマセン)情けない。

もちろん 不安定な動作も全くありません…当たり前か…笑

Leica R-Adapter-Lには物凄くゴッツイ足(三脚座)が着いてきます。
(スクリューで簡単に脱着できるようになっていますので)Leica R-Adapter Mの足のようにネジ穴をカバーしている硬質ゴムののパッキンを取り外して着脱する必要がありません。ライカも少しづつ進化してるのね...

実はこの足を着けていると、SLにマルチファンクション ハンドグリップ HG-SCL4を着けて、Rレンズを使う時にとても良い按配なの。
掌でフォールディングができてフォーカシングリングの操作ができるんですよ

Superelmarr_15mmf35bb

それと先の重いレンズを着けて机の上などに置く時もこの足が先にテーブルに当たるので、安心です。
まあ重量級のレンズを使う時は、この足を使って三脚座に取り付けてね〜
という事なんでしょう

Angenieuxzoomr_4590mm_f28bb_2

アタリマエのことなんですけれど、レンズプロファイルで45-90f/2.8 R 11930を選択したら Angenieux-Zoom 1:2.8/45-90mmの表示が出てきた時は嬉しかったなぁ (^^/
アンジェニューズーム /45-90mm /f2.8ですが、「P.ANGENIEX PARIS」と銅鏡に刻印されています。
このレンズはライカフレックス用に最初に登場したズームレンズなんですね。
このレンズが発売されたのが1969年ですから今から47年前はライカでは満足の行く光学性能を持ったズームレンズが作れなかったのでしょうね。
フランスとドイツは今でも余り仲の良くない国民性を引きずっていますが、よくまあライカが頭を下げてアンジェニューに生産を委託したものだと...そんな事を想像したりすると楽しいですね。

ライカSLに着けて撮ってみましたが、非常にシャープな写りで、シネマレンズの様な独特の立体感があります。
独特の立体感はこのレンズに特有の2線ボケによる所が大きいのではないかと思います。
やはり年代物のレンズなので、屋外での強い光では厳しい条件に成るかと思いますが、室内での撮影ではニュートラルな発色をしてくれます。 ちょっと驚いています。 使えますねこのレンズ。

Kikian1bb

シネレンズと言えば
Apochromat KINOPTIK 75mm f2.0 R-Mount
KINOPTIK社もフランスのレンズメーカーで このレンズは、16mmシネカメラ・ アリフレックス用のレンズを取り外し、香港のショップで無理矢理ライカR用にマウント改造してもらったレンズです。

Apochromat_kinoptik_75mm_f20bb

一時どうしても譲って欲しいと言う方がいて、手放しそうに成ったのですが、価格で折り合いが着かなかったために
今でも手元にあるレンズです。
また使ってみようかな

2017年6月18日 (日)

Mytek Digital Brooklyn DACの音質評価

Mytek Digital Brooklyn DAC/PREAMPの音質評価

最初のパっと聴きでは
hiFace Evo-Two DDCとFidelix Capriceの組み合わせでI2S接続も中々健闘してるなぁと、思っていたのですが…..
設定を色々変えて聴き比べると、Mytek Digital Brooklynの場合は、Up Sampling しない時の音が抜群に良いと言う事が解った。
エネルギー感を伴った分厚い低域も見事に分離していてプロ機器の片鱗が伺えます。

Blookrin

CDをリッピングしたソースに対してUp Samplingを掛けて再生して行くと、更に解像度が上がり、音源の加工されている部分も見えてくるので、スタジオでミキシングの現場に立ち会っているかのような雰囲気に成ってしまう。余りにもドライでソースに入っている全ての音が、再生されるので、Sonus faber Electa Amatorの性格が変わったのかと思ってしまった位だ。
Sonus faber Electa Amatorからスタジオモニタースピーカーを通したような音が出た時には、鳥肌が立った。が….
毎回こんな分解能の高い音を聴いている訳にはいかないので、設定をNon Up Samplingに落としてみたら、これが見事にハマりました。

今までhiFace Evo-Two DDCとFidelix Capriceの組み合わせを使いAudirvana Plusでアップサンプリングを行っていた時の32bit/384kHzの音質は空気感を感じさせると同時に高域の広がりを感じていたのだが、その辺りの線引が機材の限界と曖昧に成っていて、良い音のように聞こえていたのかもしれない。こればかりは今回の様に経験してみないと解らない。
Brooklynの場合は静寂感が尋常ではないのだ。真っ暗な背景の中から、音が立ち上がってくる。アップサンプリングをしなくても、オリジナルのサンプリング周波数かつ量子化ビット数32bitの再生で十分なのだ。BrooklynはManhattan DAC/PREAMPに搭載された高精度なFemto ClockをDACチップの至近距離に配置しているので、さもありなんという所でしょう。

僕はオーディオ機器を試聴する時、再生される音楽を音楽としてではなくて、音の良し悪しとして聴いてしまうのですが、Brooklynにはオーディオ愛好家が好む音がたくさん詰まっているようです。多分完成度が高いのでしょうね

面白いことに、CDを SACDプレーヤーMarantz SA8004 から同軸ケーブル(BELDEN 1506A)でBrooklynに繋いで、再生した音よりも、同じ音源のCDをリッピングしてMacからAudirvana Plus 2.6.8 を使って再生したほうが、抜群に音が良いのです。
(これは前から解っていた事なのですが...詳しいことは こちら「X Lossless Decoder : CDはリッピングして、PCから再生したほうが音が好い?」に書いてあります。)
ちなみに私はAudirvana Plus3とMAC OS Sierraの組み合わせだと、Audirvana Plus 3のDirect modeが動作しないと言う問題が解決されていないので、Mac OSXはYosemiteからバージョンアップしてません。Mac miniはPCAudio専用機にしています。Audirvana Plusは2.5辺りが一番音が良かったような気がします。

ここまであからさまに差が出るとMarantz SA8004の存在その物が要らなくなってしまう。どうしようかなぁ
Brooklynを全ての装置のセンターに持って来ると音楽ソースや接続されている機器の違いが明確に解る様になります。
変な表現かもしれませんが、兄貴分のManhattan DACと比較してこのBrooklynは抜群にコスパが高いのではないでしょうか?

Brooklynについて総じて言えるのが、静寂感と音の密度の高さ、圧倒的な情報量です。DSDやハイレゾ192kHz/24ビット/ FLACのソースを再生すると、更にその凄みが解ります。今まではCDリッピングが主体だったのですが、これからはハイレゾ配信サイトにお布施を払うように成りそうです。

このBrooklyn DAC/PREAMPを選ぶにあたって、唯一心配していた、スイッチング電源仕様だと言う部分についてですが、リニア電源と比較した場合の音質上のディグレードを懸念する一部の海外ユーザーの声に対し、Mytek Digitalは「スイッチング電源の採用に際して心配は御無用。その音質については特に配慮しているので」と全くあっさりした回答をしてます。
実際に使用して感じた時間軸に対しての音の変化ですが、今のところ(5時間位経過して試聴した場合と)デメリットは有りません。立ち上がりから音は良くて、一時間位経過すると、更に中低域に品位とにエネルギー感が増して来る傾向に有ります。
いつもの様にリニアテクノロジープリアンプから電源供給している場合は、特に外部のリニア電源ユニットを考える必要は無いですね。

オーディオセッテイングが変わったので、忘備録として全体構成を貼り付けておきます。
しかしシンプルな構成に成っちゃったなぁ


144252

追記

忘れてました...Headphone Outputですが、相当に音が良いです。
Fidelix Capriceのそれが、オマケかよと言う位にどうしようもない音質だったので、これは嬉しいです。

2017年6月17日 (土)

Audirvana Plus3は導入すべきか?音は良いのか?

Audirvana Plus version 3 MQAに対応
非常に魅力的な響きの言葉ですが…..(^^;;;
久々にAudirvana Plusネタのタイトル Audirvana Plus Version2.6.8でも書きましたが、

Audirvana Plus3は「MQA Core Decoder」を搭載
ソフトウェア内でのMQAファイルのデコードを可能になった。
それではBrooklyn DAC/PREAMPに合わせてAudirvana Plus3を道入するのか…と言うと

結論から申し上げますと....

Audirvana Plus3の導入は保留です。

MQAデコーダーを搭載したデジタルオーディオプレイヤーやUSB-DACが有れば、Audirvana Plus3を入れなくても、MQAは再生されます。(当たり前のことですが)
アタクシが先日導入したBrooklyn DAC/PREAMPは「MQA」デコーダーを搭載しておりますので、当然普通にMQAが再生されます。…..笑
↓MQA 24bit 358.2kで再生されてますね

Img_0126_jpg___100___rgb_8____2

つまり
Audirvana Plus3の最大のウリはMQA非対応のハードでも、最大96kHz/24bitで再生されるように成っている事なんですね。
MQAデコーダーを搭載したハードが出揃っていない今を狙って、売り急いでいる感がありますね〜

Mytek2

Audirvana Plus3「MQA Core Decoder」搭載には、幾つかの
落とし穴がありそうです。

その1
Audirvana Plus3とMAC OS Sierraの組み合わせだと、Audirvana Plus 3のDirect modeが動作しない ! 
「Oh!My God!」
Mac OS Sierra で不採用となったDirect Modeを復活させる裏技で
Audirvana3を使うPCのSIPを無効化する方法も有るようですが…

これって 致命的なのではないでしょうか?
Audirvanaの優れている所は、再生エンジンからDA変換器を直接アクセスするDirect modeに有る訳です。
これが出来ないAudirvanaは音質が劣化するのは明らかでしょう。 これは余りアナウンスされていません。
Direct modeで、かつInteger Modeで再生したときに、メイン・ウィンドウの右上に緑のSysOpt(SysOptimizer)の表示が出ます。

20170617_153505

Audirvanaの音楽再生でMacのCore Audioをバイパスするには、Direct modeで、かつInteger Modeでなければなりません。
SysOptimizerは、オーディオ再生に不要なOSのサービス(バックグラウンドで動いている)を止めていますという事です。

Direct Modeが使えなくなるとAudirvanaのメリットも半減することはAudirvanaの開発陣も承知しているのでしょう。
Direct Modeがなくても高音質化が図れるようにしたとアナウンスしているようですが...「オーディオエンジンの最適化」と言っているのですが...果たして本当なのか?

その2
音質が好くなったと言うStereo Soundの提灯記事(自前のMacBook AirにフィットイヤーのカスタムIEMを直結してAudirvana Plus 2と3の音を聴き比べてみた)とあるが、あのねぇ〜DACを繋がないと本来のAudirvana Plusの機能も含めて比較できないでしょう?macOSはSierraなのか? Direct Modeはどうなってるのかしら?手放しで音が好くなったと褒めるのは、誤解を誘うよね〜

私が思う所ですが、MQAデコーダ搭載と言う部分を覗けば、オーディオエンジンはAudirvana Plus Version2.6.8と同じなのではないでしょうか?FLACなどのソースで比較しても2.6.6と3.0と音の違いは無いと思われます。

その3
iTunesとAudirvana plus3の同期が不安定な様です。
iTunes Integrated Modeで使用している際にAudirvanaとiTunesで再生されている曲の表示がズレるという不具合
3.0.2にバージョンアップされてこの不具合は解消されています。

その4
ライブラリに蓄積してあるDSD形式の音源を再生しようとした際、DoPでのUSB-DACへの転送が誤動作し、正常に再生できないトラブルが有るらしい。

その5
MQA非対応のハードでもMQA再生が出来るが、QA非対応USB-DACの組み合わせでネイティブ再生できるMQAファイルは96kHzまでなので、ソースによってはダウンコンバートに成ってしまう......(^^;;;

その6
そもそもMQAファイルが高音質の様な紹介がされているが、MQAはデータ容量が小さいけれど高音質であると言うファイル形式です。
ハイレゾ音源を従来より高い圧縮率でデータ化でき配信に最適と言う事で、TIDALが使っていたりするので、これからの新しい配信に適した形式だということです。

MQAが非圧縮ファイルのFLACやWAVに対して音が良いかについては、今後良く検討する必要があると思いますす。


今後TIDALが日本上陸したり、国内の配信サービスがMQAをサポート(e-ONKYOが配信をはじめましたが)することが増えてくれば、魅力的に成ってくるのでしょう。

2017年6月10日 (土)

Mytek Digital Brooklyn DAC/PREAMP

DACを入れ替えました。
米国Mytek Digital(マイテック・デジタル)社のBrooklyn DAC/PREAMPという製品です。
フラッグシップModelであるManhattan DAC/PREAMPのジュニアモデルで、Stereo192-DSD DACの後継機と言う位置付けだそうです。

Mytek5

Brooklyn の発表は2015年10月でしたが、供給に問題があり(品不足かな?)、日本でのデリバリーが正常化したのは、2016年4月頃からの様です。
それだけ、兄貴分のManhattanの評価が好かったということなのでしょうか?価格も一気に半分です。と言ってもStereo192-DSD DACの後継Modelと言う事であれば、値上がりです。Stereo192-DSD DACは既に流通在庫のみの販売となって居ますから、ディスコンでしょう。

Brooklyn DAC/PREAMPから業界標準のUSB Audio Class2.0に対応したので、周辺機器との接続の親和性が上がりました。MacOSXについてもOSネイティブのドライバで動作する様になったので、ドライバインストールも要らなくなりました。 この辺りは今回この機種を選んだポイントの一つです。Mac使いの僕的にはポイントが高いです。ああぁ あとひとつの購入動機は MQA(Master Quality Authenticated)が再生できることです。

米国マイテック・デジタル社は、ニューヨークに本拠を置きD/AコンバーターやA/Dコンバーター、クロックジェネレーターなどを手がけるプロ用レコーディング機器メーカーです。

Stereo192-DSD DACを2013年に発表した時は、プロ向け仕様とコンシューマー向け仕様の2バリエーションを出していました。
フロントパネルがブラックのプロフェッショナル向け「M(マスタリングバージョン)」では、入力端子に加えてSDIF(DSD raw)入力のBNC端子を装備しています。
シルバーのフロントパネルを採用するコンシューマー向け「P(プリバージョン)」では、SDIF用端子のかわりにRCAアナログ入力端子を装備しています。
コンシューマユースも考慮したプロオーディオでの利用が可能な仕様を装備させると言う設計方針なのかもしれません。

Mytek

Brooklyn DAC/PREAMPに使用されているDACチップはESS Sabreの“ES9018K2M”という9018系の2ch仕様のチップです。
この所 DACと言えば ES9018 Dual で使用した、AIT Labo DAC D/Aコンバーターや、ESS Sabreのフラッグシップ32bitDACチップES9038PROを使ったSOULNOTE D/A Converter D-1が有ります。中華系OPPO Sonica DACまで製品価格として高いものは1,000K¥〜中華系では100K¥前後で手に入ります。果たしてどうなんでしょう?
中華系のDACは基板をコピーしてオーディオ用のトランスやコンデンサーを散りばめて高音質で有ることを宣伝していますが、本当のワインを呑んだことのない人に、ワインのティスティングが出来ないのと同じで、確かにDACチップの性能で音は変わりますが、DACのグレードで音が高級になるかというと...???です。
電源部やアナログ出力の回路も含めた音作りの歴史と設計ポリシー、そしてそれを判断できる設計者の耳がないと魅力ある音には成りません。

簡単な例え話ですが、日常生活や仕事で生のオーケストラや原音に触れる生活を送ってこないと、(そういう環境で育って来ないと)こういった音響機器の音質チューニングが出来ないのです。こういうことを書くと差別的に成るのかもしれませんが、ある程度文化的に成熟した生活環境がないと優秀なオーディオエンジニアは生まれてきません。

KRELL(クレル)にはジョン ダゴスティーノそして有名なMark Levinsonはもう人の名前がブランド名に成っています。マーク・レビンソン(Mark Levinson)は、当初スタジオミュージシャンとして活動する中で、最新電子回路を取り入れたプロ用レコーディング機材の開発を行い、業務用プリアンプ「LNP-1」「LNP-2」で一躍有名になりました。

米国Mytek Digital(マイテック・デジタル)社の製品はミハル・ユーレビッチが居るから価値があるのだと思います。

2014年のAUDIO STREAMにミハル・ユーレビッチが答える形で経歴が載っていたので、和訳して記載します。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Michal Jurewicz ミハル・ユーレビッチはポーランドのワルシャワの大学ででEEとしてエレクトロニクスと音響を専攻しました。1989年の卒業後にニューヨーク最大のレコーディングスタジオHit Factory.(ヒットファクトリー)に就職しました。私は後で、伝説のプロデューサー、ナイル・ロジャーズの家であるマンハッタンの別のスタジオ - スカイラインに雇われました。私は1990年にコンバータを設計し始めましたが、スカイラインでは、半田付けした基板がまだ熱いうちにテストする様な素晴らしい機会がありました。私の初期のコンバーターのプロトタイプは、マライア・キャリーやジェームス・テイラー、スタジオで働いていたB52のような、その時の多くの主要なレコードを混ぜて使っていました。

私は1992年にMytekを正式に設立し、1995年にSkylineが閉鎖された後、フルタイムで稼働し始めました。プロ向けに30種類のA / DとD / Aコンバータモデルを設計しました。2000年代初め、私たちはポーランドにMytekの製造とエンジニアリング施設を開設しました。当社の主要戦略設計および販売本部はニューヨークのブルックリンにありますが、ワルシャワで大部分の製造およびプログラミングの研究開発が行われています(新しいマンハッタンのDACシャーシはまだ超ハイテクな技術が必要な為、米国で製造されていますが)。
ポーランドのオフィスはMarcinが統率し、Adamは技術サポートを担当しており、Ola、Adrian、Darek、エンジニアと技術者のチームが最新のテストとサポートを行っています。

Mytekコンバーターは最高のサウンドの1つと考えられ、多くのレコーディングおよびマスタリングスタジオで広く使用されています。ユニバーサル、ワーナー、ソニーなどの多数のレコード会社は、PCMおよび/またはDSDアナログ転送にMytekを使用しています。数え切れないほどの主要なレコードは、Mytekコンバータを介して記録または転送されました。私たちの顧客は多くの主要アーティスト、Norah Jones、Metallica、Beck、Aerosmithがあり、Mytekを所有し、使用していない人はほとんどいません。

コンピュータオーディオの出現で、もともとマスタリングDACとして設計されたStereo192-DSD-DACがコンシューマー市場で注目されていることに私は目を留めました。ハイファイの市場において、このDACは2011年にRMAF(ロッキーマウンテンオーディオフェスティバル・米国で最も権威のあるコンシューマー向けホームエンターテイメントショー)でデビューさせ、主にプロ音質とDSD機能のセット化することで大きな飛躍を遂げました。私たちはこの製品を世界中で3000台以上販売しました。私たちが今までサービスしていたプロ向けでニッチな分野よりも大幅に大きいコンシューマー市場での成功を実現させました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Mytek4

Michal Jurewicz ミハル・ユーレビッチは何年も前からオーディオファンコミュニティと関わりを持って、音質とエンジニアリングの相関関係を解明しようとして来たようです。例えばオーディオファンが行う不可思議な行為である1000$のDACに1000$の電源コードを使用するような事も積極的に検証しています。

ミハル・ユーレビッチ云わく「オーディオファンの世界で最大の問題は、神話ではなく、エンドユーザーがその重要性を定量化できないことです」だそうです。……(^^;;;;
新しい製品を設計するときに、それらの神話の様な事象も検証の対象にしている様です。

DAC選びについて最終的には、自分の耳で聞いて好きな音なのかどうかを判断するわけです。
但し私的には先に記した理由で最初から中華系の製品は選択肢に入っておりません。勘違いされると困るので,念のために申し上げておきます。DAC選びにおいてProduct by china が嫌いと言っているのではありません。Designed by China に無理があると思っています。

今僕が使っている2011年に発売されたFIDELIX CAPRICE DACはES9018を搭載し当時は革命的な音質でした。今でも十分に通用する音です。そしてCAPRICEのI2S接続で色々と相談させて頂きましたが、フィデリックスの中川社長はとても信頼のおける人物です。
FIDELIX CAPRICE DACはHIFACE EVO TWO DDCの登場で念願のI2S接続(384kHzまでのPCM / DSD伝送)まで漕ぎ着け使い倒しました。

Mytek Digital Brooklyn DAC/PREAMPを使う前には少し儀式が必要です。それはMYTEKのHPからSupportにアクセスして、最新のDriverとFirmwareをダウンロードする必要があります。私のPCはMacなのでDriverは必要ありませんが、Mytek Control Panel [v1.0.6]を入手することで、Macで簡単にBrooklyn DACがコントロールできるように成ります。Firmwareが古いものだったので、v2.32にバージョンアップ致しました。Firmwareが正常にアップデートされると、Brooklynは自分で再起動します。 MQAに対応するためにもFirmware,v2.32を入れる必要があります。
ちなみにDevice Colour が7色くらい選べるように成ってます。僕はRedを選択したので、Mytek Control Panelが赤になってます。デフォルトはGreenかな? Redに変更すると上の写真を見て頂いて分かるようにMytek のロゴである 『M』が赤く光るように成ります。照度も調節可能です。
Mytek Control Panel の画像を下に貼り付けておきます。
さらっと書いていますが、50代以降のPCに不慣れなオーディオマニアのお父さんにはちょっとハードルが高いかもしれませんねぇ

Mytek_soft

Mytek Digital Brooklyn DAC/PREAMPの音質等についてのレポートは聴きこんでから、おいおいさせて頂きます。

オーディオセッテイングが変わったので、忘備録として全体構成を貼り付けておきます。

20170610_230643

2017年6月 3日 (土)

BOSE ボーズ QuietComfort35は凄く進化してます!

BOSE ボーズ QuietComfort35

2011年にBose Quiet Comfort15を購入して海外出張の際は必ず機内で使い続けてきました。僕の旅行では必須のアイテムなのですが、使い続けて既に7年目に成ると、イヤーパッドの交換は一回 飛行機の機内で使用する変換デュアルアダプターを置き忘れて追加購入等、色々ありましたが、遂にヘッドバンドが風化して、ボロボロと剥がれ落ちてきてしまいました。
これはイカン....ということで、QuietComfort35に買い替えました。

Bose

ノイズキャンセリング機能は当たり前のように定評がある訳ですが、一番の違いはBluetoothワイヤレス接続でIPhoneやiPadと繋ぐことが出来るということです。
実はBluetoothワイヤレス接続は音が余り良くないのです。(...今までは)

でも…このQuietComfort35は相当に良くなりましたね〜 驚きました。
QuietComfort35は「Bose Connect」というアプリをインストールして、接続のオン・オフやペアリングの解除や音声ガイダンスの言語の変更の設定ができるのですが、実はこのアプリを使うと、音が良くなるんです。そこら辺に音の好くなった秘密がありそうですね。

Bose2

音楽ファイルも無圧縮のAIFFよりも、iTunesのエンコーダで適度に圧縮した256kbps AAC(Advanced Audio Coding)オーディオファイルの方が、音が良いですね。Bluetoothでの伝送にはいったん音源ファイルを圧縮して伝送する必要があるわけですが、その圧縮方法にはSBC、AAC、aptx、とか色々ありますが、 iTunesの初期設定はAAC/256kbpsであり、iTunes Storeで販売されている音楽ファイルの仕様も同様なので、BoseはQuietComfort35の音調をAAC/256kbpsに合わせて居るのでしょう。

AAC(Advanced Audio Coding)オーディオファイルはゲーム機器でSONYのプレステやNINTENDO DSやインダッシュの車載オーディオシステムのメーカによってもサポートされている業界スタンダードなので、当たり前と言えば当たり前なのですが、無圧縮のAIFFより自然に聴けると言うのはちょっと驚いた。

Unknown

e-onkyo musicからハイレゾファイル FLAC 96kHz/24bit 畠山 美由紀の 「わが美しき故郷よ」をダウンロードして、XLD.appで無圧縮のAIFFにエンコード、更にiTunesのエンコーダで256kbps AACにエンコードして其々を比較してみました。
ハイレゾアルバム「わが美しき故郷よ」の10曲目「花の夜舟」は曲の出だしから胡弓の掠れた音が収録されており、重なるように重厚なピアノのユニゾンが広がってゆくのだが、其の楽章は明らかに AACオーディオファイルの方が、音楽的に聴こえます。Boseは音作りが上手だと思う。

ああぁ それと肝心のノイズキャンセリング機能ですが、進化してます。未だ機内で試しておりませんが…快適な移動が楽しめそうです。


2017年5月14日 (日)

Audirvana Plus Version2.6.8

久々にAudirvana Plusネタ

MQAに対応したAudirvana Plus3が今年の3月にリリースされておりますが、アタシはMQA対応のハードを持ち合わせておりませんので
Audirvana PlusはVersion2.6.8でございます。

20170514_104223_2

MQAと言うのは「MQA(Master Quality Authenticated)」Meridian Audioによって開発された高音質技術。
ファイルサイズをWAV に比べ数分の1程度の容量におさえながらも、スタジオマスター同等のクオリティで音を再生できるそうです。
これからストリーミング等で、高音質のハイレゾ・ファイルがやり取りされるように成ると、MQAは爆発的にヒットするのかもしれません。

但し対応するには「MQA」デコーダーを搭載したデジタルオーディオプレイヤーやUSB-DACが必要で、
今のところはMERIDIANとONKYO / Pioneer とMytek Digitalしか出ておりません。

ちょっと、なんだかな~の世界ですな
Audirvana Plus3ではMQA非対応のハードだと最大96kHz/24bitで再生されるように成っているらしい。

そういうことで、今回は
Audirvana Plus Version2.6.8のレポートですが、多分これがAudirvana Plus2では最終バージョンに成るのでしょうが、とても安定しております。
特にスキンが機能とともに充実しています。設定しておけばiTunes Playlistsをそのまま読み込んでくれるので、最近ではAudirvana Plusだけで、使っております。
Up Sampling (24bit 352.8KHz)まで可能ですが、Audirvana Plus Version2.6.8ではFIDELIX CAPRICE DACには (24bit 176KHz)をセッティングしてやるのが一番安定しているようだ。今までたまに有ったボチッ!と言うノイズも全く無い。安心して音楽に浸れる。

20170514_103316

操作するのは、もっぱらiPad ProにダウンロードしたAudirvanaのappでリスニングポイントからサクサクと選曲してます。モタツキも一切ありません。非常に使いやすい。

iPad ProでのAudirvanaのアプリ操作画面が非常に充実しているので、其の内容を幾つかご紹介します。
先ずはBrowserです。アルバムがズラッと並びます。

Img_0119


次はアルバム路選択すると,こんな感じでアルバムのトラックがフリップアップします。
選択したアルバムはブリちゃんですね…(^^;;

Img_0123

Playng画面はこんな感じです。左側にPlay Queueリストが表示される。

Img_0124

Play Queueは画面をタップすると格納される。
こちらのアルバムはHalie Loren

Img_0118

2017年5月 2日 (火)

開高健

茅ヶ崎の開高健記念館に出かけてきた。
随分と前から有ることは解っていたのだが、出かける機会がなくて伸々と成っていた場所だ。
開高健と私との出会いは大学3年生の頃に遡るから、1974年だ
かれこれ43年前になる。

Kaikou5blog

1971年に『フィッシュ・オン』朝日新聞社
1972年 『紙の中の戦争』文藝春秋
1973『サイゴンの十字架』文藝春秋を出した頃だ

麻布のロシア大使館での座談会だったと記憶している。

Kaikou9bestblog

開高健(Takeshi Kaikō)は壽屋(今のサントリー)宣伝部に採用され、PR誌『洋酒天国』の編集やウイスキーのキャッチコピー(トリスウイスキーの「人間らしくやりたいナ」が有名)を手がけて、1958年 に『裸の王様』で芥川賞を受賞している。

日経新聞の朝刊で伊集院静の小説「琥珀の夢」が連載中だが、主人公はサントリー創業者の鳥井信治郎である。開高健は1954年に24歳で壽屋に入社している。
既に壽屋の社員であった妻の牧羊子が出産育児の為に退社するのに伴い、後任者として壽屋宣伝部に採用されたらしいが、当時専務だった鳥井信治郎の次男である佐治敬三に、薄給で生活に困っていた7歳年下の夫(開高)を牧が頼み込んで入社させたと言うのが事実らしい。
実は1954年は僕の生まれた年です。

「琥珀の夢」毎日読むのを楽しみにしているが、それも今回開高健記念館を訪れてみようかと成った動機の一つかもしれない。

ロシア大使館の座談会では、福田蘭童は指先で色が分かるとか、ロシアのオオナマズの話を記憶している。
其の頃の僕は学業そっちのけで、ルアーフイッシングに没頭していたから、次元を超えた師の話はキラキラと輝いていた。

Kaikoublog

開港記念館の館内は撮影禁止なので、書斎の佇まいは記憶に焼き付けるとして、記念館の周りを取り巻く、「哲学者の小径」の草陰にポツンと置かれていた、トラバサミは多分師がアラスカ遠征で買い求めてきたものではなかろうか?
文学者の記念館にTrappingが有るなんて....如何にも開高健である。

2017年3月15日 (水)

ゴルフ道具のお話し

Ping Chipo とPingZero2 Putterと言う風変わりな道具を2本手に入れてしまいました。

なんだか両方共よく似ているのですが、
Ping Chipo(チッポ)は所謂チップ&ランアプローチ転がし専門のお助けクラブ
「チッパー」と呼ばれる類のクラブです。
PING Zero2 はパターです。

Pings

ゴルフの上手い人に言わせるとチッパーなんて使ってるから何時まで経っても、
グリーン周りが上手くならないと....(^^;;;
でもグリーン周りからの寄せが苦手な僕にとっては救世主
アイアンの延長線上でアプローチショットが出来ますから、パチンと当てれば最初にフワッと浮いてラン

Ping2s

Ping Zero2パターもアイアンやウェッジの延長線のようなデザインのL字型パターでピストルスタンダードのグリップが着いています。

Ping3s

フェースはこんな感じ
Ping Chipo(チッポ)は、かなりブレードが長くてアイアンに近い感じですね。
Ping Zero2 はパターなのにフェース5本のにスコアラインが引いてあります。其のせいなのか直進性はとても良いです。多分ボールに順回転が掛かるのだと思う。

Ping7s

上から見るとブレードの厚みとか、Ping Chipoはロフト角 28.5度なので、PingZero2 Putterとの違いがよく判りますね。
このロフト角28.5度と言うのはアイアンの5番くらいの番手で、長さ35.5インチはPWより長くて9番くらいです。
道具に頼る僕は今まで色々なチッパーを試してみました。でもね今売られているチッパーには大体35度~55度のロフトが着いていて、長さも短いんですよ。そしてソール幅の広いウェッジタイプが多いのですね。これが格好悪い!

グリーン周りでアイアンの延長線上でアプローチショットを考える僕としては7番や6番アイアンを使ってきたんですが、「アイアン型チッパー」って Chipo(チッポ)しか無いのです。

両方共1980年代から発売されたクラブで、今は製造中止に成って居るので、入手するにはオークションしかない。僕もオークションで手に入れました。PingZero2 は未使用品です。
不思議なのですが、この2本のオールドクラブには物としての魅力がありますね。
実際コレクションと成っている品物もあるかもしれませんが、ちょっと悩みましたが僕は使います。

Ping5s

«BMW F30にPrima Series AP8.9bit DSPを取付けました。

フォト
2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

他のアカウント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ウェブページ